間取り

【間取り16】:ランドリールームのある30坪、3LDK

投稿日:2022/08/03 更新日:

【間取りの概要】

  • 延床面積:110.14㎡(33.32坪)
  • 3LDK
  • 南玄関
  • 土地面積:138.75㎡(41.97坪)
  • 収納量:15.74㎡(面積に対して14.3%)
  • カテゴリ:30坪|3LDK|2階建て|おしゃれ|南玄関|アイランドキッチン|ランドリールーム|広いバルコニー|DEN|

***

ランドリールームのある30坪、3LDKの間取り

ランドリールームのある30坪、3LDKの間取り

ランドリールームのある30坪3LDKの間取り

この間取りのポイントを解説していきます。

先ずは、駐車計画ですが、9m弱の間口という事もあり3台の並列が可能なスペースですが、2台としています。残った空間は砂利を敷き、将来、バイクガレージスペースとしています。

この間取りのポイントは

  • ランドリールーム
  • 外観のメリハリ
  • 収納の使い方

の3つで、こちらは個別で解説をしていきますが、その他はシンプルな3LDKの間取りになっています。(アイランドキッチンのL型のLDKがメインの間取りです。)

***

ポイント1:ランドリールーム

では、ポイントの一つ目のランドリールームから解説をしていきます。

最近のご要望として、一番増えた場所の一つがこのランドリールームだと思います。

ちなみに、

【ランドリールームとは、洗濯→干す→取り込む→たたむ→しまうを一つの部屋でできる部屋】

をさします。

昔(20年前)は脱衣洗面所として一つにしていた空間を、少し前(10年ぐらい前)から脱衣所と洗面室を別けるようになり、さらに最近では室内干しを基本とする家庭が増えてきたことで、ランドリールームのような空間の要望も増えてきました。

ただ、

  • 脱衣所
  • 洗面室
  • ランドリールーム

と3つの部屋をキチンと取るとなると家が大きくなってしまう為、今の家づくりの“なるべくコンパクトにまとめる”考えとは少し逆行してしまいます。

(もちろん、メリハリを考えて、水回り動線を最優先してつくることも可能ではあります)

そこで、

この間取りはランドリールームを脱衣・洗面を合わせて使うという方法をとっています。

ランドリールーム

ここのドアを開けて、大きく使うようにしています。

また、図面では分かりませんが、お風呂の換気扇と室内換気扇を連動した2室換気システム(三乾王などの商品)も一緒に提案をしています。

*二室換気システム自体はお風呂の単独の浴室乾燥と比べて、3~5万円程度のUPになりますが、浴室乾燥機自体が10万円前後することも多く、意外とコスパの良い仕様UPとも取れたりします。

ちなみに、ランドリースペースで大切なのは収納計画ですが、湿気などの対策は必須で、上記で述べた二室換気システムや窓換気はもちろんのこと、収納ボックス、ボックス内なども湿気対策は必要です。

*もちろん、換気は窓ですることも大切なので、風の抜けなども計算は必要ですし、乾きやすい位置を考えるのであれば、明るい場所の方が乾きやすいです。

日当りも考慮した理想的なランドリースペースの間取りを言えば、

ランドリールーム2

このような南側に伸びるランドリールームだとより良いかもしれません。

(これはこれで、色々と検討は必要です。)

また、ランドリールームだけ二階にもっていくような発想も一つかと思います。

(二階に洗濯物を持っていく手間は増えますが、ランドリールーム自体は洗濯機があって、干せる空間があればいいので、比較的自由に場所の設定ができる部屋でもあります。)

ランドリールームは家事をする方のあこがれ的な空間になるので、色々と配置を検討してみても良いかと思います

***

ポイント2:外観のメリハリ

はい、2つ目のポイントはまたまた外観です(笑)

(外観に対しての基本的なスタンスの話はこちらで書いていますので、ご参考ください)

この間取りのポイントは、壁を手前に設けていることです。

一番最初に目線が行くところをすべて壁にして、その奥に窓が来るような設計で、あえて、ここに壁を設けています。

外観の作り方

こうすることで、外から見た時に家がシンプルに、綺麗に見え、また、家の奥行感を出すことができます。

なのですが、、、、この壁は、意味がないといえば意味のない壁とも取れます^^;

少しデザインで遊んでいる外観になりますが、家の設計の自由さを知ってもらえればと思い、ポイントの2つ目でご紹介してみました。

因みに外壁材ですが、すべてサイディングでも良いですし、サイディングで絵のような張り別けをしてもらっても良いのですが、一番手前の大きな壁の部分と、バルコニー横の壁をタイルなどにしていただくと、重厚感と家の一体感が出てより素敵になっていきます。

(予算UPとしては80~100万円前後のUPになってしまうかも。)

外観の作り方2

ここですね。

***

ポイント3:収納の使い方

ポイントの3つ目は収納です。実は、この間取りは収納量としては、15%を切る間取りになっています。

収納は、

  • パントリーがなかったり
  • シューズクロークの奥行が少なかったり
  • ファミリークローゼットが少なかったり

しますが、

例えば、

収納の可変性

このように

  • アイランドキッチンを対面にしてパントリーを設ける
  • 主寝室のウォークインクローゼットを半分にしてファミリークロークを設ける
  • もしくは二階のホールを収納空間にしても良いかと思います。

ことも可能ではありますので、それとして参考にしてみてください。

ここでの収納の話は、もう少し別の観点から話をしていきます。

この間取りの収納ですが、奥行が比較的すくない収納を小分けで設置しています。

収納の配置

ここら辺の収納の話ですが、こうすることで、必要なものが必要な場所の近くでしまえ、また意外とすべて収まったりもします。

季節ものは、二階のホール収納、主寝室のWIC、階段下収納にしまったりすることで大丈夫だったりします。(また、将来的にバイクガレージを設置することで、外の収納を確保することもできる。)

収納は収納量も大切、ですし、適材適所の収納が大切です。

適材適所の細かい収納をうまくとっていただければと思い、話をしてみました。

***

ランドリールームのある30坪、3LDKの間取り

ランドリールームのある30坪3LDKの間取り

はい、上記のようなポイントを参考にしていただき、ランドリールームのある30坪、3LKの間取りの解説でした。

また、最後に、ここまでの間取りの解説でしていなかった階段下の使い方についての話をしておきたいと思います。

階段下の空間は

  • 収納空間として
  • トイレ空間として
  • キッズルームやママルームとして(リビングに隣接した階段の場合)

も意外と使えるスペースだったりします。

また、この階段下の有効活用を考えることで、間取りの坪数を小さくできることも多いので、階段下を活かす設計もぜひ意識して、建築会社さんにも要望として伝えていただければと思います。

ではでは。

間取りページに戻る

***

↓↓Rebroathomeの間取り診断サービス、詳しくはこちら↓↓

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-間取り

執筆者: