間取り

キッチンのレイアウトで自慢できる家に!!

投稿日:2013/09/04 更新日:

kitchinlayout2

家づくりに欠かせない間取りづくり!に関する話、特に今回はキッチンレイアウトの話をしてみたいと思います。

家づくり相談や仕事で、色々な間取りを見ます。

また、実際にその間取りが完成した家にも伺います。

そういった事を繰り返しているせいか、間取りを見て、その家の完成後のイメージをするのは結構得意です^^。

で、ここら辺の経験が家づくり相談でも当然に役に立っていて、色々とアドバイスやお客様に確認してもらう為の質問というものを色々させて頂けるのですが、…間取りを書いていない私が、何を偉そうな!という話に聞こえるかもしれませんが、色々な現場を見ているからこそ言える話もあるかと思っているので…

例えば、今回のキッチンレイアウトの話をすると、

  • そもそもこのレイアウトは、動線がわるそう…!?
  • 良いキッチンだけど、この配置は無理があるのでは??
  • キッチンを活かす為の配置ではない!

などのアドバイスをさせて頂きます。

キッチンは奥様のお城!

インターネットで、Yahoo!知恵袋などを見ていると、一日にキッチンに立つ時間は、短い方で2~3時間、長い方で5~6時間ぐらいというのが解ります。

一日の生活時間の中でも、家事の中でも、キッチンにいる時間が最も長い!

という方も多いと思いますが、このキッチン環境を整える事は、家づくりを円満に進める秘訣ともいわれている話です。

家での生活を考える上で、キッチンは、

料理や洗い物をするだけじゃなく、家族とのコミュニケーションをはかる場だったり、もしくは自分の一番落ち着く場所にしたい場所だったりと

そこに居る時間が長いからこそ、その時間を

  • 楽しく
  • 有効利用

できる空間を考えていきたい所です。

kitchinlayout3

家づくりで、とっても重要なキッチンだけど…!

先ずは、簡単な注意点からですが、

キッチンを考える際に、仕様から考えるのはやめましょう!

例えば、

営業マン:『キッチンの要望はありますか??』

お客様:『I型の対面式のキッチンが良いです。』

営業マン:『弊社の標準仕様のキッチンだと、このような感じになります。』

お客様:(…なになに、食洗器がついて、浄水もついてる…天板は大理石で…でも最初にイメージしていた感じと少し違うんだけど…

お客様:『(理想のキッチン写真を見せて)私たちはキッチンをこういったものにしたいんですけど…』

と要望を言うと

営業マン:『このキッチンにすると、弊社の標準仕様から+100万円ぐらいかかります!』

営業マン:『このキッチンに近い感じでこういったものであれば、(メーカーさんのカタログにあるもの)+30万円ぐらいで済みますよ。』

といったやり取り。

特に、標準仕様がある建築会社さんとやり取りをすると、簡単なレイアウトを聞かれた後は、殆どをキッチン本体の仕様に関する話になってしまう事も多いです。

例えば

  • 対面式かそうじゃないか?
  • キッチンに欲しいものは何??
  • どのメーカーのキッチンが良い??

等の質問で終わり、後は、そのメーカーさんでのキッチンの仕様と価格にフォーカスしてまう事も結構多いという話ですね。

で、上記のような打合せをやめてもらいんです!笑

キッチンで先ず話すべきはレイアウト!

そうなんです。

仕様の話を詰める前に、実はしてもらいたい話があり、それがレイアウトに関する話なんです。

因みに、比較的デザイン性のある工務店さん、建築家さんなどは、キッチンの種類やランクよりも、このレイアウトを重要にしています。

理由は、

  • キッチンからのLDKの見え方、LDKからのキッチンの見え方
  • 背面収納の取り方や窓の取り方
  • 家事動線を考える上で、キッチンの位置関係

などを検討しないままで、その仕様を考え始めても良い事が無い!と考えているからです。

例えば、

kitchinlayout2

上の図のキッチンのレイアウトだと、

  • お庭を眺めながら料理が出来る。
  • お子様の勉強も見られる。
  • 背面収納をダイニング部分にも連続して設けられる。
  • 玄関、お風呂と洗面、キッチン、階段の動線が近い

等が考えられますよね。

特に、収納に関しては、上図のようなアイランド型にする事で、ダイニング側まで連続して設ける事が出来るので、キッチン収納やLDK収納が欲しい方にとってみると、こういった配置にする事で、様々な家づくりの要望に対しての多目的最適化となるポイントだったりします。

キッチンレイアウトで大切な生活動線

上の図で感じられたかもしれませんが、間取りで一番悩むのは、生活動線ですよね。

特にキッチンで考えるのであれば、

  • キッチンで料理をする時の作業動線
  • キッチンから他の場所へ移る時の動線

この二つは基本の動線です。

この二つは、実際に間取り提案を貰った際にも、必ず少し落ち着いて、何日かかけて、じっくりと検討して頂きたい話で、ずっと生活する事を考えるなら家の中の動線は、なるべくスムーズに動きたいですよね。

作業動線を考えるなら収納術!

キッチンレイアウトを考える上で作業動線が大切という話をしましたが、建築会社さんの中には、たまにキッチンの収納の提案が全くない会社さんもあります。

…間取りにキッチン収納の絵がない提案(書いてあったとしても、収納価格を予算に計上していない提案)ですが、思わず、『その会社さんはやめた方が良いですよ!』と言いたくなります 笑

特に、LDKは家族が集う場所でもありますので、

収納量と、収納棚の多さ

によって、その家の今後がきまる。…綺麗なまま生活できるかどうか?の大きなポイントにもなったりします。

生活動線を考えるなら一筆書き!

お客様の生活パターンがあるので、他の場所へ移る動線に関しては、具体的には言えませんが、

生活導線を考える時によく大切だと言わているのが、

一筆書きの動線になっているかどうかという事。(もしくは回廊型)

生活する上で出来るだけ動線の行き止まりをなくすという事ですが、間取り提案を貰った際には、是非意識して間取りをつくっていただければと思います。

キッチンは上手く隠してかっこよく!お値打ちだけど素敵に見せる!

img1

よく見かけるオープンなキッチンレイアウトは、生活する上で汚い部分も見せてしまいます。

その為、常に綺麗にしておく自信がないから!といった理由から、本当は憧れのキッチンがあったとしても、諦める方も多いのではないでしょうか。

勿論、キッチンを綺麗な状態に維持する工夫や、上手く隠す工夫が必要な話なので、これをすれば大丈夫!という話ではありませんが、

例えば、

キッチン収納(カップボード)やダイニングテーブルの造り方、キッチンの手元を隠す方法を上手に採用出来れば、

キッチン本体価格にお金を必要以上にかけなくても、

お値打ちにだけどカッコよく!見せることが出来たりします。

具体例を出すと、上の建築写真のようなやり方をして頂くと、

キッチンの仕様は普通の物だけど!壁や収納、テーブルを上手く使って!!

カッコよく、しかもお値打ちに出来るやり方というのがあるという話ですね。

まとめ

色々な話をしましたが、基本的な知識をこのページで持って頂きつつ

  • 一筆書きの動線
  • 収納術
  • 作り方があるという事

などを知ってもらいつつ。

後は如何に色々なキッチンがあるのか?

を色々と調べて検索して頂くと良いかと思っております。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

キッチンの画像を集めたページ:●実例! 見せるキッチン画像PICKUP10

間取りを考えるなら:子供が賢く育つ家づくり??子供を賢く育てる家づくり!5つのポイント

間取りを考えるなら:二世帯住宅の間取りポイント5つ

↓↓↓7日間の無料メルマガはこちら↓↓↓

メルマガセミナーリンク

↓↓↓間取りをプロに見てもらいたい方はこちら↓↓↓

家づくり相談

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-間取り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

同じ間取りだけど、耐震等級、A社は2だけどB社は3

今回は耐震等級の話をしてみたいと思います。 先回の“トキメク間取り”でも簡単にお伝えしておりますが、これから家づくりをお考えの方には、是非、今回の記事と含めて、読んで頂きたい記事です^^ 参考リンク: …

ベストセラー

【電子書籍vol.2】アマゾンのカテゴリーランキング1位を獲得しました^^♪

少しご報告が遅くなってしまいましたが、先日出版した電子書籍第二弾、アマゾンのカテゴリー(建築)ランキングで一位を獲得致しました^^/ また、ベストセラーにもなりました^^/ またまた、とっても嬉しい事 …

間取りと外観2

間取りと外観ってどんな関係?part2

先回の続きの記事を書いていきます。 先回は、ハウスメーカー時代の私の経験の話や、実際の外観例をだして、外観は後からどうにかなる。 という話をしました。 先回の話をした上での話ですが、間取りを先に考えて …

狭小住宅3つのポイント

狭小住宅の3つのポイント

今回は、狭小住宅のポイントを話をしていきます。 狭小住宅:“狭くて小さい土地に対して、出来る限り有効的に注文住宅を建てる事” が定義のように思います。 “土地の間口が狭い+土地がそもそも小さい”に関し …

動物占い×間取り①

動物占いをつかって、最適な間取りをつくろう!~①基礎~

*個性心理學研究所認定講師・認定カウンセラー:安藤智子さん監修 「愚者は占いに振り回され、賢者は占いを活用する」 … 『…ん??…牧原、何をいきなり言い出すんだ?』 と思われる方も多いかと思いますが^ …