構造・性能

地震に強い家を建てる【1回目】~色々な工法~

投稿日:2013/09/22 更新日:

地震に強い家づくりが良いな…

日本の家づくりを考えた時、

最もベースの考えとして、『地震に強い家』

という考えがあるかと思います。

そこで、この記事では、改めて地震に強い家とは??というテーマでお話できればと思います。

基本的には、一般住宅の8割弱が木造建築という事もあり、地震に強い(木造の)家というテーマでお話いたしますが、鉄骨やコンクリート造の話も比較できた方が解り易いので全体を俯瞰する意味でも、併せて話をさせて頂きます。

木造軸組工法ツーバイフォー工法に関しては、前の記事で、言い方の問題はありますが、お伝えしてきましたので、そちらの記事も前提としてお話させて頂きます。

さてさて、話を戻しますが、皆さまは、“地震に強い家”と言われてどのような事をイメージされますでしょうか。

  • 『やっぱり鉄骨の家がよさそう!』
  • 『○○工法は、地震に強そうだ!』
  • 『ハウスメーカーさんが良いんだろうな!』

など、様々なイメージが出てくるかと思います。

ですが、ここら辺は、意外と勘違いされているように感じる話も多く…

例えば、

“○○工法”

という話をすると、

営業マンさん:『弊社は○○工法という独自の工法を採用していて、普通の家づくりよりも、すごく強いんです!』

お客様:『○○工法は強そうだな!』

となり易いのですが、

実は、

ユニバーサルフレームシステム、シーカス、シャーウッド、マルチバランス、ビッグフレーム、テクノスター、アエラストロング、メタルウッド、J-wood、SE、Hs金物、テクノストラクチャー、グランウッドボイス、MJ-wood、ハイブリッド、ガイアス、ハイビーム、トヨタSW、EST、ハイパーフレーム、ロッキング、ツインモノコック、スーパーウォール、KES、WPC、スーパーストロング構造体

*各住宅メーカーさんが出している家の工法名(構法)

といった感じで、

各住宅メーカーさんは、それぞれに自社の工法が如何に強いか??という説明があります。

一方で、工務店さんや建築家さんからは、

うちは、

  • 在来工法です。
  • 金物工法です。

ぐらいの説明で、さらっと話を聞いたりする。

この説明を比較してしまうと、

『…やっぱりハウスメーカーさんの方が構造は強そうだ!!』

という話になったりもします。

家づくりをハウスメーカーさん、工務店さん、建築家さんで同時期に話を進めている方であれば、このように思われる方も多いのではないでしょうか?

また、会社によっては、

  • 耐震等級3以上!
  • 壁倍率が11倍相当のものをつかっている!
  • ここまでやっても倒れない実験をしています!

とか、表現方法もそれぞれです。

実は、

この状態ですと、正しい比較が出来ません。

地震に強い家をどうやって比較する?

では、実際にどうやってこの地震に強い家を考えればいいのでしょうか。

この“地震に強い家”を考える時に、

各社の独自の工法を比較する前に!抑えて基本知識というのがあります!!

それが、下の図面です。

家の構造、工法

上記で上げた各社の○○工法に関しては、一旦考えずに、

先ずは、単純に分類していく事が重要です。

分類1:木造?鉄骨?RC??

先ずは、大きく分類して頂き、それぞれの違いを理解する必要がありますね。

それぞれのメリットデメリットは何??を考えると…*ここではかなりざっくり話ますが、

  • 木造のメリット:価格が3つの中で一番安い、表現力は一番自由度が高い!
  • 木造のデメリット:鉄骨やRCと比べると材質としてみると、一番度が弱い
  • 鉄骨のメリット:木造よりも強い
  • 鉄骨のデメリット:木造よりも価格が高い、木造住宅よりも家が揺れる、断熱性能と気密性能が木造よりも落ちる
  • RCのメリット:3つの中で一番強い
  • RCのデメリット:一番価格が高い!施工が難しい!

という話で別けられます。…まだまだありますが…^^;

はい、先ずは、こういった根本の話を理解する必要が出てきます。

上記であげたメリットデメリットは、かなりざっくりな話ですが、それぞれの特徴の理解というのが必要という話です。

分類2:木造での分類を考える

次に、木造での分類ですが、

大きく“在来工法”と、“2×4工法”に分類が出来ます。

  • 在来工法のメリット:2×4工法と比べて、様々な工法が選べる。建築の自由度が高い!
  • 在来工法のデメリット:工法によっては、構造として弱い所もある
  • 2×4工法のメリット:基本スペックとして、地震に強い!
  • 2×4工法のデメリット:工法として間取りやプランの制約が多くある!

というメリット・デメリットを理解する。

分類3:在来工法をさらに細かく分類する!

その上で、

木造軸組工法での分類別け

が出来れば、

どういった工法が一番良いのだろうか??

に関しての悩みも殆どのが解決出来てしまいます。

例えば、木造軸組工法と一言に言っても、

木造軸組工法

金物工法

木造ラーメン工法

という3つの分野に別ける事が出来るんです。

この3つに関しては、次のページで詳しくご紹介しておりますので、ご参考ください。

先ずは大きく分類していこう!

地震に強い家を建てる為に

はい、話を戻しますが、

地震に強い家を建てる為に、

基本となる工法(構法)選びですが、まずは上記の絵のような分類が出来る!

と思って頂くのが、良いように思います。

これが出来ると

『あの会社は、“○○工法”と言っていたけど、木造軸組工法のこの分野でしょ!』

と理解する事が出来ていきます。

そして、

それを踏まえて

地震に強い家の2回目~工法の見分け方~

を話していきたいと思います。

色々な工法の簡単な見分け方と、注意しておきたいポイントに関してお伝えしようと思います。

意外と知らない事も多いかもしれませんので、お楽しみに

↓↓↓関連記事↓↓↓

地震に強い家を建てる(2回目):工法の見分け方

地震に強い家を建てる(3回目):耐震、制震、免震に関する事

関連記事:徹底比較!木造ラーメン構法

↓↓↓家づくりのメルマガはこちらから↓↓↓

メルマガセミナーリンク

↓↓↓家づくり、構造構法に対して質問があれば↓↓↓

rebrobana11

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-構造・性能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

e戸建06

e戸建6回目のコラム掲載しました!

ようやく少しすごし易い気温になってきましたね^^ さてさて、毎月恒例になってきましたが、e戸建さんの6回目のコラムを掲載いたしましたので、お知らせです。 e戸建コラム(6回目):気密・断熱性能を高める …

早く暖かい家が欲しい!

気密・断熱性能で“先ず!”知っておくべき3つの事

先回の2017年の家づくりから、今回の記事まで、愛知県では珍しく、全地域が大雪になりましたね。 …私も体調を崩してしまったりと、大変でした^^; “新しい家は、暖かい家が良いな~” と本気で思われる方 …

耐震補強

耐震補強

12月20に今後30年間での地震予測が発表されました。(参考HP) 今まで来る来るとされてきた東海地震の発生確率は下がり、逆に関東や九州圏での発生率が上がったとの事。 東日本の震災の影響も考慮してか、 …

家の構造thum

家の構造!大きな勘違い10

家の性能と構造に対する認識は、勘違ばかり!!? 私の経験、大手ハウスメーカーでの営業時代、現在までのお客様相談をしている中で、よく思ったことですが、 家づくりに対する認識は殆どの場合は、勘違い! とい …

これからの断熱性能

これからの家の断熱性を考える

3回に別けて、少し断熱という事に関する知識を入れていただきました。 で、やっぱり、どうすれば良いの? となる事も多いかと思います。 そこで、今回の記事では、『結局どうすれば良いの?』に対する回答を見つ …