構造・性能

地盤調査ってどんなものがある?

投稿日:2014/10/16 更新日:

皆様は、地盤調査って聞いたことがありますでしょうか。

地盤調査とは、家を建てる場所の土地に対して、地盤の軟弱性や地質などを調査して、家を建てる為に補強が必要かどうかを適切に判断していく事です。

つまり、家を建てる際は、必ず行うものになります。

今回は、次回の話で、少し地盤補強に関する話をしようかと思っており、その為の基礎知識の話をしていきたいと思って書いています。

Rebroathome03

地盤調査は大きく3つの調査方法がある

先ずは、

  • 今現在の地盤調査の方法って何があるの?

から。

因みに、

地盤調査の結果次第では、地盤の補強費用が100万円前後かかる事もあり、結論から言うと、調査の方法によって、地盤の判断が変わる⇒費用が変わる。

という話が出てきます。

スウェーデン式サウンディング調査

現在、一般住宅において、最も一般的な地盤調査は、スウェーデン式サウンディング調査と呼ばれるものです。

正確な統計データなどは判りませんが、ハウスメーカーさん、工務店さんが行う地質調査は殆どの場合、この調査方法ではないでしょうか。
*恐らく8割~9割ぐらいはスウェーデン式を採用している会社さんだと思います。

詳しい調査の仕方はこちら

このような調査を家を建てる場所の4角と中心に一、二か所行う、ポイントの調査する方法です。

この調査方法を採用している会社さんが殆どなのですが、

なぜ殆どの会社さんでこの調査が行われているのかは、色々な理由があるように思いますが、主に調査費用が安い事と、今までのデータの蓄積がある為の安心感が言えるように思います。
*あくまで簡単な説明ですが、調査費用としては、一般的には4~10万円程度かと思います。

ボーリング調査

次にボーリング調査です。

ボーリング調査は映像などを見て頂くとわかりますが、スウェーデン式サウンディング調査と比べて機械も大きく、時間もかかるものになります。

↓↓

http://www.s-thing.co.jp/jiban_chosa/borling.html

ボーリング調査はスウェーデン式と同様に、上から地盤に対して圧力をかけて地盤の強度を測っていく方法ですが、

その貫入試験と同時並行して、地質調査として、実際に土のサンプルを取っていくのが一般的なボーリング調査と呼ばれているものになってきます。

こちらは、使用する機械や時間などから考えてもわかりますが、スウェーデン式サウンディング調査よりも調査コストがかかります

*業者さんによって費用もばらつきがあると言われています。

表面波深査法

この表面波深査法は、レイリー波という振動を地面に伝えて、その反響を測定する調査方法です。

詳しい説明はこちら

http://www.jiban-dr.com/hyoumen.html

こちらに関しては、まだまだ普及自体があまり進んでいないような状況ですが、比較的容易に調査出来ると言う事もあり、採用している工務店さんも増えてきているようです。

詳しくは私も書けないのですが、専門の方の話を聞くと、スウェーデン式などのポイント調査ではなく、全体の土地の地質などがわかる為、より的確な地盤調査ができるという事でした。

上記3つの知られざる話

先ずは、上記のような調査方法が一般住宅を建てる為にできる地盤調査内容だという事を覚えておきましょう。

その上で、知っておくべき話として、例えば、表面波深査法を希望したとしても、対応できない会社さんも多くあるという事があげられます。

何故でしょうか。

少しご説明させて頂くと、地盤調査は、専門の地盤調査会社さんに依頼するのが一般的です。
*一部のハウスメーカーさんでは自社で地盤調査をする会社さんもありますが、殆どの会社さんが専門会社さんに依頼しています。

しかし、この地盤調査の会社といっても、それぞれの測定を採用できるわけでもないのです。

理由は、調査する機械が無い。

ノウハウが無い会社さんも多いと言う事です。

例えば、スウェーデン式しかやっていない会社さんも多くあったりすると言う事ですね。

だから何???

と言われそうなので、少し次回の話を前倒してお伝えすると、事例として、スウェーデン式では地盤補強が必要だという判断が出ても、表面波で測定すると地盤補強はいらない。

といった事が多くあったりするという事です。

ここら辺の話を次回していきたいと思います。

家づくりがギュ~と詰まった7日間限定の家づくりメルマガも併せてご参考下さいね。

メルマガセミナーリンク

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-構造・性能

執筆者:


  1. […] リンク:地盤調査ってどんなものがある? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高気密の家、3つの条件

家づくりの比較、気密性能を上げるには?~3回目の対談後~

先回の対談を終えて、少し補足説明や、追加での説明をした方がいいかとも思いましたので、今回は、そんな話をしてみたいと思います。*:家づくりの比較検討~対談企画~ 補足説明は 各会社さんの断熱性能に関して …

2017年は価格の2極化、性能での差別化ができない!がより進む?

2017年は年初からトランプさんの発言に右往左往な感じですね^^; 家づくりは内需産業なので、そこまで影響もないのかと思いつつ…気になる所としては、長期金利の影響ですね。 と言っても、こちらは色々な意 …

断熱施工

断熱性能は施工が大切

暑いですね~、最近流行りに乗って??ww ユニクロのエアリズムを買って、着ています。 車移動でかなりの時間を費やしている私にとっては、最適な一枚だな~と思いつつ、ハマってる今日この頃。 ちょっと意味不 …

今の家をチェック

今住んでる家の耐久年数を自分で調べる方法

今の家をちょっと補強すれば、後々50年もつかどうか? 『まだまだもつ!』と言う事が判れば、このまま住みたい! 新築を建てるより、固定資産税や建築にかかるコストなどトータルでみても費用が抑えられるし…。 …

工法??

地震に強い家【2回目】~工法の見分け方~

地震に強い家の2回目です。 2回目は、1回目でお伝えした大きな項目別けをした上で、各工法毎にさらに細かく分類していく。 その簡単な見分け方のご紹介をしていきます。 1回目をまだ見ていらっしゃらない方が …