Rebroathome これからの家づくり 家づくりの注意点

欠陥住宅は何故おきる??

投稿日:2018/10/30 更新日:

欠陥住宅

今回は、“欠陥住宅は何故おきる??”をテーマに話をしてみたいと思います。

【目次:欠陥住宅は何故おきる??】—

  • 欠陥住宅を未然に防ぐ為に必要な3つのこと
  • ①.欠陥住宅を未然に防ぐ:お施主様の知識
  • ②.欠陥住宅を未然に防ぐ:会社の選び方
  • ②-2.標準工事で家づくりをお願いする!!
  • ③.欠陥が見つかった時の対応力

先回の記事(潰れる会社、残る会社)の続きの話で、また最近、『欠陥住宅』なる書籍を読むきっかけがあり、記事としてまとめてみたいと思いました。

私が読んだ書籍には、数々の欠陥住宅の実例が書かれていて、本当に『自分(家づくり相談者さん)の家だったら!』と身の毛がよだつ思いでした、、、

そして、この本を読んだ後に、『お施主様として考えた時、欠陥住宅にさせない為には、もっと前段階も大切だよな。』とも思いました。

前段階と言うと、

  • そういった欠陥住宅をおこさせない会社選び!
  • もし欠陥住宅だった場合の建築会社の対応力!

です。

上記の2つの手順を踏んだ上で、書籍に書いてあるような

  • 1.欠陥住宅が起こってしまったら
  • 2.現場のチェック方法は?
  • 3.ここは気を付けたい!!

という意識をして頂きたいとも思います。

欠陥住宅を未然に防ぐ為に必要な3つのこと

はい、欠陥住宅を未然に防ぐために必要な事として、私がお伝えできることは3つです。

  • お施主様が現場の知識を学ぶこと
  • 建築会社選びである程度見極めること
  • 欠陥が見つかった時の対応力

です。

①.欠陥住宅を未然に防ぐ:お施主様の知識

ちなみに、一つ目のお施主様としての【現場の知識】というのも当然に必要です。

―――――

  • 適正な知識をもって
  • お施主様が現場に足しげく通う
  • お施主様が『ん?これっておかしいのでは??』と気が付く
  • そこから、“施工不良”が見付かる。

―――――

この一連の流れで施工不良が発見されることは、とても多いです。

ですので、お施主様の知識もとっても大切で、ある程度は勉強して頂きたい所でもあります。

【知識:欠陥住宅をチェックする】―――

現場のチェックに関しては、こういったブログやインターネットで下調べするのも良いのですが、現場に気軽に持ち運べるような本などを購入して頂いた方が良いかとも思います。

“欠陥住宅”というキーワードで調べてもらうと色々と出てきますが、私が最近読んだ本をご紹介すると【ホントは防げる欠陥住宅】です。

冒頭でお伝えしておりますが、プロ向けに書いている本のようですし、これが他の本の比べて良いか?は、関連本と比べれられていませんので解りませんが、、、実際の不具合写真なども沢山載っているので、現場チェックの参考にして頂けるのかと思います。

―――――

【知識:ホームインスペクション】―――

また、最近では、“現場チェック=ホームインスペクション”と関連キーワードが出てくる事も多いかと思います。

ですが、ホームインスペクション自体は、お医者さんで言う所の“健康診断”ぐらいの役割です。(“表面的な悪い所を見る”ぐらいのチェック方法になります)

その為、現場が始まってから、本当に、しっかりと住宅の瑕疵を調べようと思うと、ホームインスペクションでは扱わない、専門医の検査が必要になってきます。

参考までに、

ホームインスペクション(住宅診断)とは

参照:NPO法人日本ホームインスペクターズ協会

―――――

注意したい所としては、

『現場の不備を見つけよう!』と、お施主様があまりに目くじらを立ててしまうのも、かえって、施工会社さんとの関係が悪くなってしまうことも出てきます。

その為にも、基本的には『この会社さんなら家づくりを安心してお願い出来る!』となれば良いのではないかと思っております。

会社の選び方

②.欠陥住宅を未然に防ぐ:会社の選び方

はい、という事で、欠陥住宅を防ぐための2つ目。

会社の選び方に関してポイントを2つお伝えしていきます。

結論としては、

  • ②—1.適正価格で家づくりをしている会社
  • ②-2.標準工事で家づくりをすること

です。

1つ目(②-1)の適正価格に関しては、先回の記事(潰れる会社、残る会社)をお読みいただければと思います。

【知識:口コミでも良い事が書かれなくなる】―――

先回の記事(潰れる会社、残る会社)で書かせて頂きました“まさに、ヤバイ、潰れそうな会社さん”に関しての口コミサイトを見てみると、良い事が殆ど書かれていません。

  • アフターメンテナンスの対応が全然ダメ(全く担当者が来ない)
  • 完成したばかりで不具合が起きまくっている

という口コミがかなり多く書いてありました。

そういった会社さんで、いくらお施主様が知識を付けて現場に出ても、何と言うか、防ぎようが無かったりしてしまいます。

“適正価格での家づくり”はしっかりと見極める必要があるかと思います。

――――――

標準工事でお願いする!

②-2.標準工事で家づくりをお願いする!!

はい、建築会社選びにおいて、まず守って頂きたいのが、

  • 標準工事で家づくりをお願いすること!!

です。

例えば、大手ハウスメーカーさんに

  • 塗り壁が良い
  • 無垢のフローリングをつかいたい
  • 建築家が建てるような窓がバーンとあるような家づくりが良い

といった家づくりは避けたい所なんです。

理由は、

大手ハウスメーカーさんの標準的な家づくりが、ビニールクロス、合板フローリング、壁量計算での家づくり(壁がある家)、をしているからです。

これが悪いという話ではなくて^^、、、

それ以外の工事をしようと思えば、割高な追加費用が出てきたり、現場での施工不良が起こり易くなってしまうからです。

*解り易いのでハウスメーカーさんの例を出していますが、それ以外でも同じように標準外工事は避けて下さいね。

もう少し具体的に言うと、

例えば、フローリングでムク材をつかう場合

普段からムク材を施工していない会社の場合、フローリングの反りなどが起こった時に

  • そもそもの対応が遅い
  • 対応方法が微妙

だったりもします。

【知識:打合せで見抜く】―――

家づくり相談をやっていても、不具合の相談の殆どは、“標準外工事が多かった方”だったりもします><

ここら辺は、お客様が色々とインターネットや雑誌で探してきた“やりたい家づくり”に対して、営業さんが『出来ますよ~』と簡単に言っているのではないか??と思えるような内容だったりもします。

何度もお伝えしておりますが^^;

【標準工事の中で、家づくりは考える】

を意識して頂ければと思います。

―――――

【知識:ハウスメーカーの住宅展示場は標準工事外だらけ??】―――

また、多くの方は住宅ハウジングセンターの中にあるそれぞれのメーカーさんの展示場(モデルハウス)を見て、『わ~、素敵だね~^^こんな家が建ったら良いね^^』となるかと思います。

ですが、こういった住宅展示場の中にある、モデルハウスに関しては、ハウスメーカーさんが、

  • お金に糸目を付けず^^;
  • 5年~8年ぐらいで建て替える前提で^^;

家を建てています。

その為、不具合とか欠陥とかは気にせずに建てられていることも多いですので、(、、、この話は、もうご理解頂ける方も多いかと思いますが^^;)今一度、ご認識を頂ければとも思います。

―――――

会社の対応をみる!

③.欠陥が見つかった時の対応力

3番目は、欠陥が見つかった時の会社としての対応力です。

先回も書きましたが、家は建ててから2~3年間は動きますので、不具合も多く出てきます。

例えば、クロスの切れや剥がれ、フローリングの浮き、建具(ドアや引き戸)の不具合などは、どんな家でも多く起こります。

こういった不具合であれば、すぐに直すことも出来ますし、適正な不具合だったりもしますが、直しても直しても同じように不具合が出てくる場合は、原因として施工ミス(壁の中の問題)で起こってしまっている場合も多いです。

そんな時は、先ずは原因の追究をしなければいけなかったりしますが、そういった場合の問題は、大概が壁の中で起こっていることも多く、先ず原因の追究が意外と大変だっするのです。

  • どうやって調べる?
  • 誰が調べる?
  • 調べる為の費用はどっちがもつ??

ですね^^

そんな時に、

【その会社は、しっかりと対応してくれるのか??】

は考えておくべき内容でもあります。

会社の対応を判断する為には3つ、

  • 1.出来るだけ社長さんと話をする。

→どんな会社であろうが、不具合を修正するには、最終的には会社としての決裁が必要になります。

その為、その建築会社の社長さんと話が出来るような場合は、話をさせてもらい、どんな方か?こちら側に立って判断してくれるか?の判断をして頂くと良いかと思います。

  • 2.会社の雰囲気は和気あいあいとしているかどうか??

→こちらも、上記の話でもありますが、殺伐としている会社さんは、そういった不具合の時も、そんな感じだったりします^^

  • 3.細かい事に対しても誠意をもって対応してくれるか??

→打合せの時などの対応も大切で、細かい所まで気を配れない会社さんは、不具合も多かったりします。

をいくつかの会社さんと比べて見て頂ければと思います。

*併せてネットの口こみなどもチェックしてみたりして下さいね(ネットの口コミなので、信憑性の問題もありますが^^;)

【知識:こんな神対応の会社も】―――

私がお付合いしてる中でとても素敵な建築会社さんもいます。

不具合が起こった時に、

  • 現場に直に社長自らが現場に駆けつけ、チェックする!
  • その場で、業者さんとやり取りをしてやり直させる!

は勿論ですが、時には、

  • “社長さんが自らの費用で、お施主様に言われる前に、第三者の検査機関”を入れ

原因を追究して対応してくれる会社さんもありました。

多くの場合は、こういった問題がおこると、第三者の検査機関を入れることはしません。(厳密に言えば、かなり時間がたってからそういったダンドリになることが多いです。:理由としては、会社の決裁(会社が非を認めるまでに時間がかかり)がおりないから)

そういったやり取りを普段から見れていれば、『それは、この会社さんなら、お施主様からの紹介も沢山出るよね』と思ったりする会社さんもあります。

―――――

是非、3つのことを意識して会社さん選定をして行って頂ければと思っております^^

Rebroathome

↓↓↓家づくり、注文住宅の参考記事はこちら↓↓↓

先回の記事:潰れる会社、残る会社

参考記事01:工務店で建てるなら、建設業許可の閲覧

参考記事02:こんな会社は危ないかも?倒産しそうな工務店を見抜くコツ

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-Rebroathome, これからの家づくり, 家づくりの注意点

執筆者:


  1. […] 先回の記事:欠陥住宅は何故おこる?? […]

  2. […] 先回の記事:欠陥住宅は何故おこる?? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家のデザイン、コーナー開口

家のデザインを考える:価格UPの応用編

先回の記事:注文住宅、会社による価格の違いを理解する! 先々回の記事:基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する 今回は、それらの流れを受けて家のデザインに関しての話をしてみたいと思います …

今こそ!読んでもらいたい記事012~失敗しない家づくり~

先回の家のデザインの話に引き続き、もう少し家づくりのベーシックな話をして行きたいと思います。 一生に一度の家づくり、建ててから“しまった!” は絶対に避けたい所です。 もう一度ここで、失敗しない為の家 …

モデルハウス見学:3つの注意点

モデルハウスを見学する際の3つの注意点

3月に入り、ハウスメーカーさん、工務店さん、建築家さんに取材してると、どうやら昨年(2014年)の方がモデルハウスへの来客が多かったという話をよく聞きます。 消費税UPのゴタゴタも落ち着き、家づくりを …

Livingの窓

リビングの窓を考える【イラスト付き】

今回は間取りのデザインの話で、リビングの窓をイラストをつかって、解り易く考えてみたいと思います。 また、最後に少しだけですが、 ハウスメーカー 工務店 建築家 の違いも合わせてしてみたいと思いますので …

建築家さん3つの注意点

建築家さんとの家づくり!の3つの注意点

先回の建築家さんとの家づくりの記事の続きです。 今回は、 建築家さんに、家づくりを依頼する時の注意点 をまとめてみたいと思います。 先回の記事で、 建築家さんと家づくりの打合せをして頂くだけでも、 提 …