これからの家づくり ハウスデザイン

天井が高い家をつくって明るくしたい!は、吹き抜けが正解??

投稿日:2017/08/21 更新日:

施工事例写真

今回は家の天井の高さに関しての話です。

『天井が高いって良いわね~』と思わずCMを思い出してしまいますが、家の天井を高くして、明るく、開放感を出したい時に、吹き抜けが正解なのか?の話をしていきます。

天井を高くする=

  • 吹き抜けを設ける
  • 標準仕様の天井高2400㎜から、仕様UPして1階の天井高を2600や2700㎜にする

の2つが一般的な話ですので、そこら辺を中心に話をして、最後に別の方法の話もしていきます。

ドット01

天井を高くする??

さて、先ずは、天井を高くする理由ですが、単純に家の天井を高くしたい方もいるとは思いますが、そうではなく、天井を高くしないといけない場合を考えると、

  • 日当りが悪いため、それを解消したい!
  • 標準の2400㎜の天井だと狭さを感じる。
  • 付けたい照明があり、その為に天井を高くしたい。

などの理由がありますが、多くの場合、【日当り】を改善する為の措置だったりします。

標準仕様の天井の高さ:一般的に注文住宅、建売住宅、アパートなどの天井の高さの標準は2400㎜(240㎝)となっていることが殆どです。この2400㎜の天井の高さをもとに、家の部材メーカーさんも色々と仕様を決めている所もあり、一番お値打ちに施工できるのが2400㎜の天井の高さとなります。

Rebroathome02

“明るさの確保”をするための立地

はい、次に、日当りを考えなければいけない土地の前提条件を話していきます。

イラストは土地のイラストになりますが、こちらを見て頂くと、

西側接道と北側接道の土地

イラストの赤部分の土地に家を建てる場合、周辺に家が建っており、また南側のスペースを広く確保できない為、明るさの確保の為に対策が必要になってきます。

土地を買うなら第一種低層住居専用地域?:以前のブログでお伝えしましたが、第一種低層住居専用地域というエリアなどであれば、イラストのような計画でも、そもそも周辺環境が密集しない、建てられる家の高さが決まっているなどの制約が土地にあって、上図のような土地でも今回の話は必要が無いかもしれません。

はい、そこで、

  • 日当りを確保するために一番考えられる方法として【吹抜け】

が出てきます。

ドット01

吹抜けにする事の3つのデメリット

はい、明るさを取り込むために一般的に多くの場合で採用されるのが“吹抜け”です。

例えば、

吹抜けをとって、日当たりを確保する!

このイラストのように吹き抜けを取れば、密集した家でも、上からの光を取り込む事が出来ます。

、、、ここまでは一般的なお話しですね。

ドット01

では逆に、吹抜けを付ける事でデメリットはないか?ですが、実は、気にしないといけない事が3つあり、それを検討していただければ、吹抜けの採用を積極的に考えて頂いても良いかな?とも思います。

順番に説明をしていきたいと思います。

吹抜けのデメリット01:日が入りすぎる。

一般的に言われる吹抜けのデメリットは、

  • 日が入りすぎる事
  • 日差しを簡単にコントロールできない事

が、一番最初に挙げられます。どういうことかと言うと、『なんか眩しいな~、カーテン閉めようか。』が、簡単に出来ない場合があるという事です。

吹抜けにカーテンを採用するとなると、

  • 電動で動かせるもの
  • 1.2階一緒のカーテン

などになってきますが、、、、あまり一般的ではありません。

このことを気にされている方も多く、家づくりの間取り相談で提案を見ていると、【せっかくの吹抜けなのに、『日が入りすぎる』が気になって、吹き抜けに小さい窓が2つぐらいしかついてない】という間取りもお見受けする事があります。

この“日が入りすぎる”問題をどう解決すれば良いのか?

は考えないといけない所です。

ドット01

吹抜けのデメリット02:空調の効きが下がる

次に、吹き抜けを取る事で、気にしたい所としては、空調の効き!ですね。

  • 夏は暑い空気が上に行き、上部に熱が溜まる。
  • 冬は暖かい空気が上に行き、下が寒くなりやすい。

ことから、空気の循環(熱が溜まる場所を無くす)を別途で考える必要がありますし、LDKの空間として、吹抜け分の体積が増えるため、エアコンの容量が増えていきます。*電気代も気になる。

ここを気にされている方も多いです。

結果、吹抜けを小さく考える方もいますが、、、

ドット01

吹抜けのデメリット03:家が大きくなってしまう。

また、吹抜けを設ける事で、家の坪数が大きくなってしまうことも考えておきたい所です。

  • 家が大きくなる=建築予算が上がる

になります。

  • 主寝室や子供部屋、納戸などの各部屋を少しづつ小さくする
  • 部屋を一つ1階に持っていく事

で吹抜けを作りつつも家を大きくしない考えもありますが、基本的には大きくなると思っておいて頂いた方が良いかと思います。

上記3つのデメリットは予め考えておきたい項目ですね。

吹抜けの施工事例写真

吹き抜けを考える時はバランスが大切

はい、吹き抜けを設ける時に必要なのは“バランス”です。

吹抜けを大きくとると、

  • 光が入りすぎる
  • 暑い(寒い)の調整が必要になる。
  • 家が大きくなって、予算が上がる。

逆に吹抜けが小さいと、

  • 煙突みたいな吹抜けに??
  • もっと大きくとれば良かったとなる
  • 明るさなどが改善されない。

という事でも出てきます。

もったいない天井の高さの提案

エアコンなどの効きを考えつつ、最適な大きさを考える。

で、これらは、

  • 周辺環境の日当たりの条件
  • 土地の高低差
  • 家の仕様
  • 屋根の出幅
  • 間取りや窓配置

など、様々な要素があるなかで考える必要がある為、正解が難しいのですが、

例えば、

  • 日射シミュレーションが出来る所であればしてもらったり、
  • 内観パースや模型をつかってイメージできるようにしたり、

する必要があります。

当然ですが、最も重要なのは、提案をしてくれる担当者さん(設計士さんや営業マン)の提案力だったりもします。

Rebroathome

必要な所まで天井を高くする!を考える。

では、ここで、注文住宅ならでは、こういった考えも出来るのでは?という話をしてみたいと思います。

先ずはイラストを見て頂ければと思います。

↓↓↓

天井の高さを調節してみる

イラストのように考える事も出来るのが、注文住宅の面白さですね。

日射を考えて、

  • STEP①.必要な所まで一階の天井高を一部上げる

上手く当てめる事が出来れば、上からの光を取り入れ、吹抜けの体積を減らす事が出来ますね。

天井の高さを考える写真02

また、提案次第ではありますが、

  • STEP②.天井を高くしたその上をスキップフロアにする。

も考えられます。

それが出来ると、家を大きくする事もなく、良い所どりが出来たりします。

勿論、スキップフロアは、2階から2.5階への動線となる事から、階段が増えたりしますので、

  • 家の中の動線の動き
  • 家の内装の価格UP

はより慎重に考える必要もありますし、そもそも対応出来ない会社さんもありますので、注意は必要です。

こういった“必要な高さまで天井を上げる”そして、“その上をスキップフロアとして使う”は、意外と面白い間取りの選択肢になるかと思います。

  • STEP③.窓は横に広く取る

また、必要な窓の形も、上の写真のように、横に広く取る事が出来ると、カーテンで調整が出来、目線が横に広がり、より開放感が出せるようになります。

折角の注文住宅なので、このようなやり方を検討して頂くのも面白いかと思います。

ご参考下さい^^

↓↓↓今回の天井の高さに関する関連記事はこちら↓↓↓

参考記事:基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する!!

関連記事01:吹抜けは本当に寒い?を少し検証してみる!

関連記事02:隣地との距離から家の日当たりを考える!

関連記事03:家のデザインを考える!価格UPの応用編

関連記事04:二階の天井高を高くする??

↓↓家づくり無料相談、詳しくはこちら↓↓

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, ハウスデザイン

執筆者: