これからの家づくり 家づくりの注意点 家づくり相談実例

隣地との距離から家の日当たりを考える!

投稿日:2016/10/20 更新日:

今回は、家の日当たりに関しての話です。

  • 折角建てた新築のLDKに日が当たらない!
  • 営業マンは大丈夫って言ったのに、暗い!
    ↓↓
  • 私たちの感覚が違うのかな~?

など、実際に建ててから、上記のような事があっても後の祭りです。

先日、記事でご案内していた、無料の間取りチェック記事からご相談頂いた中でも、“日当りに関する質問”が多くありましたので、一度、隣地との距離と家の日当たりを計算してみたいと思います。

日当りが悪い!

を解消する為にも是非参考にして頂ければと思います。
*無料の間取り相談は随時受け付けていますので、下の問い合わせページからお問合わせくださいね^^

日当りを確保する

家の日当たりを確保するには??

先ずは、基本的な考え方から。

日当りを考える際の流れをお伝えしますが、

  • 隣地との距離を考える
  • 太陽の角度を計算する
  • 細かい所をフィックスさせる
  • 日当りを改善する為には?

の流れになります。

一つづつ解説していきたいと思います。

隣地との距離を考える

日当りを考える上で、最も気になる所としては、隣地(南側)との距離です。
*細かい話をすれば、東、西側の建物もポイントになりますが、今回は解り易く“南側の建物と距離”を計算してみたいと思います。

STEP1:

  • H:高さ
  • D:距離

を先ずは調べましょう。

日当りを確保するための隣地との距離と高さ

を先ずは測る必要があります。

細かい話ですが、窓の高さなども計算する必要がありますので、それらの高さ(地面からの高さ)に関しては、各建築会社さんに聞いて頂ければ良いかと思います。

因みに、今は、ホームセンターなどに行けば、レーダーポインターなどが安く売っておりますので、そういったものをつかって、隣地の高さをピンポイントで測る事も可能です。

豆知識として、かなりザックリと話をしてしまうと、

Hに関しては、二階建ての平均の軒高(庇までの高さ)は6m前後が多く、大きな窓を設ける事を前提として考えれば、H=5.5~6mぐらいで計算して頂くと良いかと思います。

太陽の角度を計算する

STEP2:

日の入り方(角度)を知る

距離の計算が出来たら、次は太陽の角度を考えてみましょう。

こちらは、知識として知っているかどうか?で、解り易く、最も高い角度(夏至)と最も低い角度(冬至)の角度をしってもらい、その上で、その距離を考えてみたいと思います。

冬至と夏至の日の角度

角度に関しての比率は(太陽光の角度)

  • 夏至(78°):1(距離):5.6(高さ)
  • 冬至(30°):1(距離):0.6(高さ)

*真上からの角度なので、それを元に、日の出から日の入りをイメージしつつと細かい検討は必要になります。

因みに、南側に二階建ての家(軒高6m)の家があった場合、

全ての日差しを入れようと考えると、Dの距離は、

  • 冬至で、
    10mの離隔が必要になってきます。
  • 夏至で、
    1m強の離隔が必要になってきます。

流石に10mは無理かと思いますが、事前に計算だけは考えておきたい所かと思います。

細かい所をフィックスさせる

日当り計算の最後は、細かい所を注意してもらえればと思います。

例えば、将来的な話として、南側の家の高さが変わる事も考えておきたい所です。

  • 2階+ロフト付きの家が建ち、Hの高さが8mぐらいになる家もあります。
  • 3階建て(Hの高さが8.7~9m)も検討しておく必要も

等も考えられます。

一般の二階建ての軒高とは違う高さも色々とあるという事ですね^^;

屋根の角度や敷地の高低差

イラストのように、

  • 屋根勾配が30°以上(冬至基準)
  • 敷地自体の高低差

を考える必要もあります。

改善する方法は??

家の提案で日当たりを改善するには??

さて、ここまで計算(考え)が出来れば、後は自分たちの家づくりに集中して、日当たりの改善を考えていく事が出来ます。

先ずは家の配置計画を考える必要があります。

  • 駐車計画
  • 建物の形

などを再度検討して、そもそも家の配置計画を見直す事が必要になります。

その上で、

“外からの日当たりがどうにも悪そうだ!…どうしよう??”

となった際の改善案としては、

  • 窓の位置を考える
  • 吹抜けを設ける
  • 2Fリビングにする

などがあげられます。
*こちらに関しては、下のリンクで詳しい記事を以前から書いてありますので、ご参考頂ければと思います。

他にも、

  • 間接採光を考える事で、家を明るくする事。
  • “窓の先に見えるもの”に注意して開放感を出す事

は出来ます。

また逆に、特に夏場などは、日当りが良すぎる事を防ぐために、庇をしっかりかけて、日射のコントロールをする事が重要になってきます。

…“兎に角、大きな窓があれば良い!”という発想はやめましょうね^^/

さらに細かい話をすれば、

  • 設置する窓の高さや位置を数センチ変える
  • 天井高を変える
  • フローリングやクロスの色目を変える
  • 細かい建具の収まりや巾木や廻縁などを変える

など、挙げ出したらキリがないぐらい、細かな所で実際の感じ方を変える事は出来ます。

こういった所は、家の性能などでは表現できない部分ですが、とても重要な所でもあります。

家づくりを業としている住宅営業マンさん、設計士さんでも、意外とその意識を持っていない担当者さんもいますので、逆にそこら辺は、私たちが意識を持って頂ければと思います。

無料の間取り相談も引き続きしておりますので、もし気になった方は無料メール相談、対面相談からご相談くださいね。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

参考記事1:2階リビングのメリット・デメリット

参考記事2:吹抜けは本当に寒い?を検証してみる

参考記事3:家の契約前後、間取りの検討は大丈夫??

↓↓↓無料の間取り相談はこちら【メール相談】↓↓↓

メール相談

↓↓↓【愛知エリア】家づくりの無料相談↓↓↓

家づくりの無料相談

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, 家づくりの注意点, 家づくり相談実例

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自己資金の使い道

お金の不安を解決しよう!家に必要な自己資金は??

今年も最後の記事となりました。 皆さまは、2016年から家づくりを開始する準備は出来ましたでしょうか。 すみません、先回の記事:お金の不安を解決しよう!みんなどれぐらのお金をかけてる? でお金の話を二 …

Rebroathome

家づくり相談実例:建築会社紹介のまとめ

先々回、先回の続きです。 Rebroathomeに家づくり相談を頂きました鈴木様ですが、2社のご紹介をさせて頂きました。 こちらは、間取り提案や価格提案をその2社の会社さんと打合せを現在しているようで …

住宅業界も大航海時代へ

家を建てる為に知る!住宅業界は大航海時代へ!!!

これからの家づくりに関するお話。 家を建てる為に知っておきたいトレンドの話を今回と次回でしてみようかと思います。 5月のブログで、ハウスメーカー・工務店・建築家というタイトルのブログで少しお話していま …

会社選びのポイント

建築会社を決める為に必要な要素

遠方の方の家づくり実例として、3回目の話です。 1回目:遠方の方の土地探し 2回目:建築会社探し をまだ見ていない方はご覧ください。 今回のご相談者様は、3月初旬に相談頂き、6月中旬で建築会社さんも決 …

建築会社の倒産

建築会社の倒産…

ご存知の方も多いかもしれませんが、つい先日、欧〇ホームさんが破産を申告したというニュースがありました。(参照:東京商工リサーチ) …実は、最近はこういった類の話題が多いです。 住宅業界にずっと携わって …