*

雨の日に上棟ってあり??

お盆休みですね。私はこの休みをつかって、書籍の出版やら、最近ブログ更新が滞っていたので、そこら辺をグッと取り組んでいます^^書籍のご案内を今回も最後にさせて頂ければと思いますorz

さてさて、本題です。

台風の季節がもう少ししたらやってくると思いますが、家づくりで、これから現場が始まるよ~という方にしてみたら、とっても気になるのが、建築現場の状況と天候の話

ですよね。

  • 基礎は雨に濡れても良いの??
  • 部材が雨で濡れたら…どうするの??
  • そもそも、上棟のタイミングで雨だったら、上棟を延期してもらう??
  • 断熱材が濡れたけど…良いの??

などですね。

実は、先日、雨の中の上棟現場を見る事があり、今回の話をしようかと思いました。

普通は避けるのですが、建築会社としての都合で行われる事もありますし、お施主様の引渡し時期の都合上(引越し予定とか、アパートの立ち退きとか)の話もありますので、まとめて話をしていきたいと思います。

上棟の写真

雨と建築現場

因みに、現場が雨に濡れないという事は殆どありえないのですが、その中で、雨に濡れたまま、なにも対策をしないと、家の完成後に

  • ゆくゆくのフローリングの歪み
  • クロスの浮きやひび割れ
  • 断熱材の腐敗

などが出てくる事もあります。

…対策と言っても、“しっかりと乾かす事”が重要な要素になってきますが、意外と、いざ始まりだすと、『現場が乾くのを待つ!』が出来ない状況が出てきちゃいます。

  • 建築会社さん側としては、

引渡し時期が延びてしまう事は、資金繰りや入金予定がそのまま延びてしまう事になりますし、何とか工期を間に合わせようとしてしまう事は往々にしてあります。

  • お施主さんと側として、

引越しの準備やタイミング、アパートなどの退去時期、お子様の進学に合わせた引越しなどの状況から、『兎に角間に合わせて!』となる事もでてきます。

ここら辺を無くす為には、

会社側には、工事請負契約のタイミングで、それらの注意の話もしてもらい、工期にゆとりをもって契約書を交わしてもらう。しかありません。

『雨に濡れても、乾かさずに蓋をするような事はしないでね。』と、こちら側の主張はお伝えしておきたい所ですし、そもそもゆとりを見た引越し計画などを考える必要があります。

雨の日に上棟…これってどうなの??

雨の日に上棟…、根本的な話をすれば、出来れば避けたい所です^^;

特に、2×4工法で家をつくられる方や、ユニット工法を採用している一部のハウスメーカーさんで家をつくられる方は、特に避けたい所。

2×4工法に関しては、壁のパネルがその日の内についてしまう為、上棟の状態で、結構密閉された空間になったしまい、雨の日に施工をしてしまうと、その後の“乾燥”が上手くできない事が考えられます。

…2×4工法の上棟ですが、一般的な雨仕舞は1日でやってしまう事が多いですが、会社によっては2日ぐらいかかる所もありますので、そちらは事前確認をして下さいね。

逆に在来工法の場合は、通常、骨組みだけで、屋根をかけてしまうので、ある程度“乾燥”に適した状態になっていますので、そこら辺はまだ安心だったりします。

ユニット工法の場合、断熱材は勿論、雨(水)に弱い石膏ボード(クロスを貼る前の下地材)が貼られて出荷される事もありますので、その日の天気は非常に重要になってきます。

また、

もっともっと根本的な話をすると、

雨の日の上棟現場は、大工さんが非常にやりずらそう!!

という話。

現場は雨で滑らないように注意する必要もありますし、大工さんも早く終わりたい気持ちがありますし、施主さんもなかなかずっと見ていられない状況ですし…。

上棟は家の骨組みをつくる大切なタイミングです。

それによって、現場品質も大きくかかわってくるので、上棟時は、構法の違いを除いたとしても、出来れば避けたいのが本音の所。

完成後の不具合に繋がる

重要なのは乾燥

何度もお伝えしますが、“建築途中に雨がふる”は多くの場合で起こります。

その際、下地の部材が濡れたり、断熱材が濡れたりする事も当然ある話です。

で、これをそもそも何とかしろ!!というのは、意外と難しい話だったりしますが、濡れた部材の事後対策は出来る話です。

ポイントとしては、

  • ギリギリの最短工期になっていない事。
  • 現場が始まる前に、事前にそういった話をこちら側としてしておく事。
  • 雨の次の日は必ず現場を見に行く事。

の3つが挙げられます。

チェック方法としては、

特に、雨の日の午後や、次の日の朝に現場を見に行き、その後の対策を施工主任さんに電話でも良いのでやり取りを聞いて頂く行為は重要な要素になるかと思います。

【ご報告】『絶対、素敵な“家”にする!!』の電子書籍を執筆中!!

先回のブログでもお伝えしましたが、今現在、電子書籍の出版に向けて少しづつ、執筆しております。

因みに、…タイトルは、色々な方のご意見をもとに変えました。^^;

多分、あと一回ぐらい変えるかと…。。

また、発売できる日にちが決まりましたら、事前にお知らせをさせて頂ければと思っておりますが、電子書籍の価格は300~500円程度を考えておりますが、出版した日から3日間ぐらいは、キャンペーンとして99円程度でダウンロードできるようにしたいと思います^^

因みに、

電子書籍ですが、アマゾンのキンドルアプリをダウンロードして頂く必要がありますので、もしまだ、そういった事をされたことが無い方は、是非、この機会にダウンロードして頂くと良いかと思います。

因みに、キンドルですが、

私も一年ぐらい前からつかっていますが、非常に便利です^^

そもそも通常の書籍よりも安く買う事ができますし、何と言ってもかさばらない 笑

フッと思った際に読めて、良いですよ^^是非、皆さまもキンドルつかってみて下さいね。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

参考記事1:小さな家を建てるなら、2階リビングも考えてみよう

参考記事2:基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する!

参考記事3:家のデザインを考える:価格UPの応用編

家づくりのメルマガはこちら

メルマガ登録

↓↓↓家づくり無料相談をしてみよう!^^↓↓↓

Rebroathome

関連記事

建築会社の倒産

建築会社の倒産…

ご存知の方も多いかもしれませんが、つい先日、欧〇ホームさんが破産を申告...

記事を読む

間取りワンポイントアドバイス

消費税10%に向けた準備と、ワンポイント間取りアドバイス

お正月も終わりですね^^ 私もお正月の3日間はしっかりお休みを頂...

記事を読む

土地購入の流れ

土地購入の為の諸費用っていつ払う?いくら必要??

『土地を購入する時ってどんな流れになるの??』 『お金の...

記事を読む

間取り相談はお早めに

間取相談はお早めに^^

気が付けば3月、本日(3月20日)は春分ですね。 今回は、 ...

記事を読む

新着記事

e戸建4回目+電子書籍半額

e戸建4回目コラムを掲載+電子書籍半額サービス!【1ヶ月間限定】

皆さま、家づくり楽しんで取り組んでいらっしゃいますでしょうか? ...

記事を読む

間取り相談開始

Rebroathomeの有料の間取り相談ページを開設いたしました。

ようやく … ようやく … 間取りサイトが完成...

記事を読む

空き家の活用

空き家の活用法を探る【インタビュー】

私の仕事は基本的に「家を建てたい!」という方、つまり新築で家を建てたい...

記事を読む

K様インタビュー

【二世帯住宅、ハウスメーカー、建築家】お客様インタビュー

【家づくりの入口】はどこに行く?? に対して【インターネット!】...

記事を読む

e戸建3回目:値引き

e戸建3回目のコラム【ズバリ値引き】を掲載^^

e戸建さんの3回目のコラムを掲載いたしました。 https://...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

e戸建4回目+電子書籍半額
e戸建4回目コラムを掲載+電子書籍半額サービス!【1ヶ月間限定】

皆さま、家づくり楽しんで取り組んでいらっしゃいますでしょうか? ...

間取り相談開始
Rebroathomeの有料の間取り相談ページを開設いたしました。

ようやく … ようやく … 間取りサイトが完成...

空き家の活用
空き家の活用法を探る【インタビュー】

私の仕事は基本的に「家を建てたい!」という方、つまり新築で家を建てたい...

K様インタビュー
【二世帯住宅、ハウスメーカー、建築家】お客様インタビュー

【家づくりの入口】はどこに行く?? に対して【インターネット!】...

e戸建3回目:値引き
e戸建3回目のコラム【ズバリ値引き】を掲載^^

e戸建さんの3回目のコラムを掲載いたしました。 https://...

→もっと見る

PAGE TOP ↑