住宅ローン 家のお金

住宅ローンのちょっとした話

投稿日:2015/05/23 更新日:

今回は、住宅ローンっていくら借りても良いの?

に関しての話。

最近、FPの資格を持っている保険屋さんの話しを聞いた際に、“ふむふむ、なるほどな~”と思った話がありましたので、共有したいと思います。

住宅ローンをいくらで組む??

先ずは、住宅ローンを組む際の前提の話をしますね。

皆様は、住宅ローンの金額はどれぐらいをお考えでしょうか。

この質問、実は明確に応えられる方も以外と少なかったりします。

  • 今の家賃と同じ金額に抑えたい
  • そもそも、どれぐらいローンを組んで良いか解らない

という2つの意見が多いのではないでしょうか。

Rebroathomeの家づくり相談や、昔の住宅メーカー時代、その周辺の情報から、

実際に、この2つの意見というのが圧倒的に多いように思います。

なんといっても

  • 35年(最長で)の長期間でお金を借りる事
  • そんな経験が今までない

という事で、そもそも勇気がいりますよね。

因みに、住宅ローンをいくらぐらい組めばいい?の目安は、

ご主人様、奥様のご年収から返済比率といって、住宅ローンに充てられる金額を数値的に割り出す事が出来ます。

返済比率は25%を上限に!

目安となる返済比率は

多くの専門家の意見をまとめると、25%(少し高い気もしますが…)までに抑えたほうが良いかと思っております。

25%というのは、例えば、

600万円のご年収で言うと、年間150万円の返済額までは大丈夫。

となりますから、月々125000円(ボーナス返済は無し)以下に抑えるといった計算方法ですね。

勿論、この返済比率は、ご年収に応じて色々と上限は変わるかと思いますので、詳しくは、調べてもらう必要があるかと思います。

で、数値的な目安というのは、非常に解りやすいのですが、

今回の話は少しざっくりと、住宅ローンに関する考え方の話をしていきたいと思います。

住宅ローンっていくら借りてもいいの?

FPの先生だから言える住宅ローンのちょっと良い話

FP(ファイナンシャルプランナー)の先生とは、

FPの資格を持っている方の事で、いわばお金の専門家になります。

今では、家づくりの際に

『いくら借りても良いの?』

に対して、将来の生活費などを仮定で計算しつつ、ある程度、明確な回答を第三者評価をしてくれる為、利用される方も増えてきました。

リンク:家を買う時、必ずすべきお金の相談

で、今回の方も、

FPの先生と、色々と返済比率や家計の話、総返済額の話をした後に、

ふと

『今働いていなくても、奥様はパートに将来出る予定はありますか?』

という話を聞かれました。

『もし、奥様が将来的にパートなどで、月々多少でも稼がれるつもりがあるか?が一番重要です。』

といった話をしておりました。

『例えば、当初考えていた予算が3000万円だったとして、それが、500万円予算が上がってしまった。

この500万円という予算組みで考えると、月々の金額で言うと、15000円前後ぐらいの返済金額になります。…簡単にざっくりと、35年ローンでの計算ですが…

こういった事を考える時、

奥様、ご家族様のお考えとして、当然、色々な話はあるかと思いますが、先ずは、奥様の今後の話として、働くかどうか?

で、問題なく、今の生活レベルのまま、その予算組みでも大丈夫。と言う方も事も多いです。』

との話でした。

確かに…

難しい話(返済比率がどうこう)ではなくて、家づくりの目的を考えた時、今後のご家族様の家に対する思い

  • どのような生活をしていくのか?

はとっても重要な気がします。

この話を聞いて、お客様はかなり納得して、それなら、大丈夫かな!!?

という感じになりました。

お金の話のちょっとした注意点

水を差す訳でもありませんが、この話は、勿論注意したい話もあると思います。

  • 建築会社さんとFPの先生との癒着
  • FPの後の保険商品の売り込み
    *こちらは、今は言っている保険内容によっては、検討していただくと良いと思います

などは、多少あります。

例えば、

住宅会社さんの営業マンさんから、

『FPの先生の方から、なんとかあと○○万円の予算UPが出来るように話を持って行って下さい!』

という依頼は、実際の所あります。

客観的に見れば、多少きびし目の返済計画となる場合でも、上手く隠しつつ、結論として“大丈夫”という話をする方もいます。
*本来あってはならない話ですが

ここら辺は、FPの資格があるから絶対に信用出来るという話でもないのですね。

話を戻しますが、

住宅ローンをいくら借りる?で困った時に返済比率の話と同時に

  • どんな生活をしていきたいのか?

って、凄く大切な事だな~と思いましたので、ご紹介させていただきました。

ではでは

参考記事1:家を買う時、必ずすべきお金の相談

参考記事2:予算内で理想の家を建てる為に絶対に意識しておきたい3つのポイント

メルマガセミナーリンク

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-住宅ローン, 家のお金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家の見積の罠

『家の費用は細かく出してもらった方が良い』の罠

先回、家を建てる費用の話で、積算の話をしました。 その続きになりますが、今回は、意外と思われる話をします。 家のお金を計算する際、積算というのが一般的な家のお金の計算方法なのは先回お伝えしました。 そ …

住宅ローン、いくらまで大丈夫??

住宅ローンはいくらまで??相談する専門家も選ぶべき!?

今回は、“住宅ローン、自分たちはいくらまでなら大丈夫?”の話です。 これまで、ブログの中でも何度か話をしているのですが、 今回は特に、そのお金の相談をするとしても、相談する人もしっかりと選びましょう! …

ライフサイクルコスト

ライフサイクルコストって??

家のライフサイクルコスト(LCC) ライフサイクルコストとは、生涯に必要な費用の事で、家の場合、メンテナンス費用、光熱費、固定資産税、リフォーム費用、解体費用など、その家でトータルに必要な費用の事を言 …

家づくりで費用削減!5つの方法

家づくりの最初に知っておきたい!注文住宅の費用を減らす5つの方法

家づくりをする方にとって最初の疑問は、 『家づくり、注文住宅って…いくら費用があれば良いの???』 という事ではないでしょうか。 この疑問に対しては、家づくりの相場観の把握: 『みんな、どれぐらいの費 …

だめなら他見れば良くない?

価格交渉がダメなら他の会社を見ればいいと思う

先回、家の値引きに関してお話しましたが、今回はその続きです。 値引きの交渉をする際に、 “もし値引き交渉して、断られたら…どうしたら良い??” という不安が少なからず出てくるのが心理ですね。 そこで、 …