元営業マンのハウスメーカー概論 家のお金

ハウスメーカーの価格って??

投稿日:2013/09/15 更新日:

ハウスメーカーの価格って

さて、今回は、ハウスメーカーの価格に関する記事です。

家の価格、特にハウスメーカーの家の価格って、皆様が一番気になる所ではないでしょうか。

今回の話は、先回の続きの話でもありますので、もし、まだ先回の元ハウスメーカー営業マンの家づくり概論~ハウスメーカー~を見ていない方がいれば、是非チェックしてみてくださいね。

ハウスメーカーさんの価格帯は??

先ずは、大きな項目から掴んでいければと思いますが、

そもそもハウスメーカーさんの価格帯ってどれぐらいなんでしょうか??

これは、インターネットで”ハウスメーカー 価格”と検索すると、価格帯が謡われている所が多く書いてありますので、そこら辺も参考にして頂ければと思いますが、

大手ハウスメーカーの価格帯としては、

最低55万円ぐらいから最終的には80万円ぐらいになる

と書いている事が多いように感じます。

因みに、私自身の経験や、ハウスメーカーの営業マン、設計マン、インテリアさん、施工管理者さんなどに聞いて、個人的な価格観の話をすると

最終的には、【70~90万円/坪単価】となる事が多いようです。

因みに、間取りなどに拘りを入れた場合、

  • 坪庭をつくる。
  • 平屋建てをつくる。
  • 屋上を利用する(屋上利用や太陽光発電システムの導入)

等をしようとすると、100万円/坪というの結構普通に出てくる話ではあります。

で、解り易く比較する為に、

例えば同じような価格観の話をすると、

工務店さんの価格帯は

最終的に【50~70万円/坪単価】ぐらい
*…ハウスメーカーさんの仕様や間取りと全く同じという場合はさらに【-5万円/坪単価】ぐらいで済みそうな感覚はあります。

建築家さんの価格帯は

最終的に【60~万円/坪単価】ぐらい

建築家さんの場合は上を見ればきりがないので…それぐらい拘る事が出来る!という意味でもありますが

という感覚から考えると、一般的な注文住宅業界を考えれば、ハウスメーカーさんの家づくりは高い分類とされることが多いと思います。

細かい話をするとすると、坪40万円ぐらいで出来る工務店さんもありますし、本当にローコストの会社さんであれば、坪30万円ぐらいで出来る所もありますので、あくまで一般論としてお考え頂ければ幸いです。

ハウスメーカーの家の中身は??

では、このハウスメーカーの家の中身は?

を考えてみると、

  • キッチンやお風呂、洗面、トイレは一般的には中の下グレード
  • 壁紙はビニールクロス
  • 床材は合板(貼りもの)
  • 断熱・気密性能は中グレード

が標準仕様だったりします。

ここはぶっちゃけて言えば、たいした仕様でもありません^^;

その上で、オプション費用として、

  • 制振装置70万円、免新装置300万円
  • 床材をオール無垢材に変えて60万円
  • 壁を塗り壁にすれば、100万円以上
  • 断熱材はグラスウールしか選べない

など、標準外工事という項目が多いのも注意したい所です。

ここら辺は、家の仕様の打合せがしっかりなされないまま、契約となる事も多いハウスメーカーさん独自の値引きシステムも大きく関係している話ですが、そこら辺はまた別の機会にお伝えできればと思っております。

なんでハウスメーカーさんの家は高いの??

では、何処にお金がかかっているのか??というと、

先回のウィキペディアではないですが、

  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 展示場の経費

に大きくお金がかかっている為です。

勿論、大手ハウスメーカーさんの場合、年間に施工する棟数も大きい為、1邸当たりに必要な広告宣伝費や展示場経費を計算すると100~200万円ぐらいになるかとは思いますが、色々とその他にも研究開発費や維持費、人件費なども必要になってきます。

因みに、

3000万円の家(値引き後)の粗利(上記の経費を引く前の利益)は、多くのハウスメーカーさんで1000万円ぐらいはあると言われていたりします。

と、色々と価格の話を追っていくとハウスメーカーさんで建てるメリットが全くなくなってしまうような話をしておりますが、

住宅メーカーさんの良い所もあって、

  • 営業マンさんがいて、話を受け止めてくれる事
    →これは意外と家づくりでは重要な話
  • 大手独自の安心感がある事
    →アフターの体制や保障出来る年数の話など

の二つが大きなメリットとあげられるように思います。

もしハウスメーカーで建てる価格で、そのまま他の建築会社にお願いしたら

私が、この家づくり相談をする事で、工務店さんや建築家さんと関わってきて、色々と考えさせられる話もあるので、お伝えしていきますが、

また、比較してもらう為に、解り易い話として参考にして頂ければと思いますが、

【工務店さんで坪80万円の家を造るとしたら!】

をお伝えしていければと思っております。

因みに、40坪の家で言えば、価格は、3200万円ですね。
*外構費用などは、含まずにそれぐらいと考えてもらった方が良いかもですが…

ハウスメーカー以外の会社の場合1

実際に、これぐらいの提案が出来るという一例として、実際の提案が上の絵です。

見て頂くと

  • ウッドデッキの作り方
  • LDKの内装の感じ
  • オーダーの建具
  • 階段途中のスキップフロア
  • 塗り壁や無垢フローリング

要望を多く取り入れた家ができます。

基本的な性能も、ハウスメーカーと同等。

例えば、

  • 耐震等級3(最高ランク)は普通だったり
  • 断熱材は吹付やセルロースなどの高性能のものを採用出来たり

で、出来たりします。

その他にも、

例えば、

ハウスメーカー以外の建築実例

この家

一階部分25坪で二階部分15坪の40坪の家ですが、
(バルコニーや玄関ポーチ部分まで入れた施工床面積は50坪弱)

ハウスメーカー以外の建築会社4

耐震等級2の吹き付け断熱仕様の家で、価格がなんと2000万で出来ちゃったりします。
(外構はおそらく200万円ぐらい見たとしても総額2200万円強)

当然、キッチンの造作やテレビ部分の造作なども入ってる。

家の価格としたら同じ40坪の家で、ハウスメーカーと比べて価格が1000万円も違ってくることも…

1000万円も違うと、

35年ローンを組んだとして、月々の支払いが3万円強違う。

この違いは、大きいですね。

ハウスメーカーの価格云々よりも少しその他の会社で建てるメリットを強調してしまってますが、実際の話として知っておいてもらいたい内容だったので、お話しました。

その他

上記の話はあくまで概要として捉えて頂ければと思い、ご紹介しております。

それぞれの会社さん毎に様々な違いも当然出てきますので、そこら辺の“違い”に関してはご考慮頂ければと思っております。

もっと色々と詳しくお話出来るのですが、地域による違いや各ハウスメーカーによる微妙な価格の違いなど、誤解を招く話になりかねないので、これぐらいにしておいて、

後は、

実際にハウスメーカーの家とそうでない会社がつくる家の違い!

を実際に体感して頂くのが一番かな~とも思っております。

ハウスメーカーの価格観をここでは何となくつかんで頂ければと思っています。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

次のページ:ハウスメーカーのアフターメンテナンスや保証

前のページ:ハウスメーカーとは??

参考記事1:ハウスメーカー1:工務店2:建築家1のバランスが良いと思う!

↓↓↓メルマガはこちら↓↓↓

ハウスメーカーさんのメルマガセミナーリンク

↓↓↓無料の家づくり相談はこちら↓↓↓

Rebroathome

 

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-元営業マンのハウスメーカー概論, 家のお金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家の見積内容を確認をする

ハウスメーカーの見積り内容確認方法

今回はハウスメーカーの概算見積り(資金計画書)の確認方法をお伝えしていきます。 少し家づくりの実践的な話です。 以前、ハウスメーカー高いよ!という内容でブログ書いてますが、そちらと併せてお読み頂ければ …

ハウスメーカーと工務店の違い【価格】

ハウスメーカーと工務店の違いの最後(とりあえずですが)は、やっぱり価格ですね。 価格に関する話は結構色々とこのブログでも書いてますし、これまで書いてきた内容を見比べつつ、最終的には見積り判断していって …

lifeplan

家を買う時、必ずすべきお金の相談

家づくりにおいて、 『家にかけるお金って、くらまで借りても良いの?』 というのは、皆さまが悩むポイントだと思います。 35年の住宅ローンを組む方も多いと思いますが、その間、 必要な生活費用はいくらぐら …

50坪坪庭間取りで1000万円以上

ハウスメーカーの家の価格が1000万円違う!

はい、本日は、先日の家づくり相談の話をします。 大手ハウスメーカーと、工務店が同じ間取りで見積もったら1000万円の違いが出た。 という話があり、共有しておいた方が良いかな?とも思い記事にします。 実 …

1000万円台で家を建てる

1000万円台で家を建てる

1000万円台で家をつくるという話に関して、今回から3回に別けてどーんと書いちゃいます。 最近多い、シンプルハウスや低価格住宅に関しても、1000万円台という事になると思います。 以下のタイトルで書い …