*

注文住宅、会社による価格の違いを理解する!

今回の記事は、

注文住宅、会社による価格の違いを理解する!

という話で、先回の記事の続きでもあります。

*もし、お時間ある方で、まだ、読んでいらっしゃらない方は目を通して頂けると、より理解が深まるかと思います。(先回の記事:基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する

はい、話を進めていきますね。

先ずは下のイラストの違いを見て頂ければと思います。

窓一つで見え方違う

イラストを比較してみると

  • 左:一般的に多いリビング
  • 右:南側、全て窓にした場合

の違いです。

…解り難いですかね?^^;

注文住宅、会社による価格UPの違い

を細かく解説していく際、一番解り易いかと思い、“窓”のイラストで、解説をしていきたいと思います。

過去に、少し同じような内容の記事も書いておりますので、こちらもご参考ください。
(参考リンク:ハウスメーカーさんと工務店さんの違い【窓】

例えば、家づくりの要望で、

“リビングは開放感にしたい!”

を考えた時、

上図のイラストの左と右の違いを感じて頂ければと思います。

これからお話する、[家づくり、価格構成の考え方]を、知識として持っておくと、会社さん選びの際に役立つかと思います。

注文住宅の価格、会社による違いは何故おこる??

先ずは、

イラストをつかって、

一般的な“標準仕様”の解説からしていきたいと思います。

全て標準仕様の空間

上のイラストは、全て標準仕様のイラストになっています。

  • 表面的なクロスやフローリング
  • 建具や窓は勿論、
  • その裏(見えない部分)にある構造関係

も全て“標準で大丈夫”な家づくりとなっています。

ですが、

例えば、

窓を全開にして、開放感を演出する場合、

下イラスト(窓を全開にした家づくり)を考えると

価格UPの可能性01

表面的には、

“窓の仕様UP”

だけで済んでいますが、

実は、

  • その裏にある構造関係の価格UPまた、窓が広くなる為に、
  • 視界が広がる事で出てくる対策(外構も含め)
  • 窓に合わせて建具(ドア)の価格UP

を考えないといけません。

関連した対策が必要になるという事で、

つまり、単純に“窓の仕様UP”だけにはならない事が多いのが何となくご理解頂けるかと思います。

この部分を掘り下げて、

注文住宅で、価格UPがどのように起こっていくか?

の解説をしていきますね。

窓の仕様UPによる価格UP

解り易く、一番最初のイラストを使って説明していきます。

窓のサイズの違い

先ずは、

“窓自体の仕様変更によるお金のUP”

ですね。

例えば、

  • 右:窓の幅1800㎜.高さ2200㎜
  • 左:窓の幅3600㎜.高さ2400㎜

とすると、

右はよくある窓ですが、左はもしかすると特注になる事も出てきます。

単純な部材での価格UPは、恐らく10~20万円UPぐらい

の違いになります。

*会社さんによる違いや、建築時期による仕入れ単価の違いもある為、正確にはその都度、確認が必要です。

会社さんの中には、“10万円の価格UPだけ”で済む会社があり、

『10万円UPで済むなら!』

と窓を広げる要望を出す事ができます。

ですが、

問題は、50万円、もしくは100万円近く上がる会社さんもあるという事。

価格UPの可能性01

構造の仕様UPによる価格UP

上のイラストでも解るように、窓をいっぱいまで広げるとなると、

“見えない部分、構造部分”も考える必要が出てきます。

単純に窓だけを変えれば良い訳ではなく!

  • 窓下の受けの木材の変更
  • 周辺木材の変更
  • その木材にどのような強度が必要か?

を考える必要が出てきます。

そうなってくると、必要な項目として

“構造計算”

が出てきます。

少し難しく感じるかもしれませんが、こういった“全て窓”とする場合、本来の木造で窓側にあった補強壁が設けられない為、それでも大丈夫なように、細かい部材の計算と指定(強い部材)を行う必要が出てくるという事です。

結論を言えば、

木造2階建ての家でも、構造計算をする必要が出てくるのです。

従来の木造2階建てまでは、必要のなかった“構造計算”をする必要が出てくるという事ですが、正確な表現としては、あくまで私としては、構造計算を推奨しているだけで、絶対しなければいけない訳ではありません^^;

構造計算費用としては、20~30万円予算UPが必要だったりもしますが、会社さんの中には、そもそも全ての家で構造計算をかけている会社さんもあり、その費用UPの有無が出てくるという事。

*家全体で、簡単な構造であれば10万円程度で済む場合もあります。

普段、構造計算に慣れていない会社さんの場合、

“構造計算”をかける手間賃を取る会社さんもあり、

中には、

50万円以上の価格UPがかかる会社さんも出てきます。

構造計算後、それに対応できる施工会社さんかどうか?のチェックも!

構造計算は、上記のように、

窓サッシの枠の細かい部材指定

が出てきます。

つまり、

施工会社さん(大工さん)がそれをしっかりと施工しているか?

も実は考えないといけません。

  • 構造計算
  • 忠実に施工

が出来ているか?を出来るか?

の判断が必要になってくるという事で、施工品質、施工対応力が求められるようになってきます。

“施工品質、対応力”は、以前のブログで書いてますが、“欠陥住宅”の注意点の一つとして考えて頂ければと思います。

参考記事2:欠陥住宅に当たるかは…最終的に、運!?回避するための2つの方法と、会社さんごとの対策方法

視界を考えた時の仕様UP

また、

窓を大きくする事の関連した価格UP

イラストのように、広い開口を考えれば、当然にその分視界が開ける事になりますので、

  • “目隠し”
  • “有効に使う為の工夫”

も考える必要が出てきます。

そういった外構費用のUP

も考える必要が出てきます。

*細かい事を言えば、そういった目隠しが出来れば、逆に『カーテンを閉めない生活』が出来るようになる事から、カーテン費用は掛からないという発想も出来るとは思いますが…。

その際、

会社さん毎の

  • “提案力”
  • “対応力”

は勿論、

  • 会社ごとの外構費用の違い

などでも価格の違いが出てきてしまう事も考慮しておく必要があります。

実際の窓の写真

注文住宅は、対応できる会社かどうか?も大切!!!

はい、少しまとめます。

上記のように、

“窓を大きく!!”

を一つ考えるだけでも、

“選ぶ会社さんによっては、もしかすると、100万円近く価格UPが変わってしまう可能性がある”

という事のご理解を頂ければと思います。

  • 価格UPの会社ごとでの違い
  • 対応できる会社さんかどうかの違い

契約前に検討が必要です。

構造計算などの費用は必要経費です!

また、上記でお伝えしましたが、建築会社さんの中には、窓を広げたとしても

  • 構造計算
  • 構造補強

をしないで、

『えいや~!』

でやってしまう会社さんも…少なくなりましたが、あるように思います。

注文住宅の怖い所でもありますが、

建築のプロ(その会社の方)から:

『これぐらいなら、経験でこうしておけば大丈夫だよ~』

と言われ、

“その良し悪しの判断がこちらとして出来ない”

が為に、押し切られてしまう事も出てくるという事です。

個人的には、構造計算費用は、今後何十年と生活の基盤となる家を考えれば、必要経費かとも思います。

だから価格UPが違ってくる!

はい、

そういった要素から、注文住宅において、会社さんによる価格UPの違いが変わってくるんです。

勿論、

標準仕様の家でも見せる工夫

イラストのように、

“自分たちで出来る内装の工夫”

で、家の雰囲気は変わりますので、この話は、“窓を広げれば良い”という話をお伝えしている訳でもありません。

注文住宅を考える際、

  • “窓一つ”の違いで、色々な違いが出てきてしまう事
  • “価格も含めた提案力”の違い

の理解をして頂ければと思っております。

注文住宅、特に契約後の価格UPを考えると、事前理解が必要な要素かと思いますので、今回お伝えしてみました。

はい、記事を書いていながら、もう少しこの話は深堀できそうなので、次回のブログで、さらに細かい話を書いてみたいと思います^^

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

先回の記事:基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する

参考記事1:ハウスメーカーさんと工務店さんの違い【窓】

参考記事2:欠陥住宅に当たるかは…最終的に、運!?回避するための2つの方法と、会社さんごとの対策方法

家づくりのメルマガはこちら

メルマガ登録

↓↓↓良い家づくりの為に、無料相談を活用しよう!!↓↓↓

Rebroathome

関連記事

家の買い時?統計データ

家は買い時??住宅の統計データを見てみよう!

久しぶりに住宅に関連する統計データを見てみようと思います^^; ...

記事を読む

家の外観

家の外観を考える、契約前…それとも後??

先日、家づくり相談者さんの契約後の打合せに参加させて頂きました。 ...

記事を読む

同じ間取りだけど、耐震等級、A社は2だけどB社は3

今回は耐震等級の話をしてみたいと思います。 先回の“トキメク間取...

記事を読む

トキメク間取り?

その間取り、トキメク間取りになってます?

先回の概要を受けての間取りの話です。 *先回の間取りの概要のリン...

記事を読む

注文住宅は本当に自由?

注文住宅の間取りって本当に自由??

今回は、次回のブログ記事と併せて間取りの話をしていきたいと思います。 ...

記事を読む

新着記事

家の買い時?統計データ

家は買い時??住宅の統計データを見てみよう!

久しぶりに住宅に関連する統計データを見てみようと思います^^; ...

記事を読む

家の外観

家の外観を考える、契約前…それとも後??

先日、家づくり相談者さんの契約後の打合せに参加させて頂きました。 ...

記事を読む

同じ間取りだけど、耐震等級、A社は2だけどB社は3

今回は耐震等級の話をしてみたいと思います。 先回の“トキメク間取...

記事を読む

トキメク間取り?

その間取り、トキメク間取りになってます?

先回の概要を受けての間取りの話です。 *先回の間取りの概要のリン...

記事を読む

注文住宅は本当に自由?

注文住宅の間取りって本当に自由??

今回は、次回のブログ記事と併せて間取りの話をしていきたいと思います。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

家の買い時?統計データ
家は買い時??住宅の統計データを見てみよう!

久しぶりに住宅に関連する統計データを見てみようと思います^^; ...

家の外観
家の外観を考える、契約前…それとも後??

先日、家づくり相談者さんの契約後の打合せに参加させて頂きました。 ...

同じ間取りだけど、耐震等級、A社は2だけどB社は3

今回は耐震等級の話をしてみたいと思います。 先回の“トキメク間取...

トキメク間取り?
その間取り、トキメク間取りになってます?

先回の概要を受けての間取りの話です。 *先回の間取りの概要のリン...

注文住宅は本当に自由?
注文住宅の間取りって本当に自由??

今回は、次回のブログ記事と併せて間取りの話をしていきたいと思います。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑