これからの家づくり 間取り

子供とのコミュニケーションを考える時の家づくり、3つのアイデア

投稿日:2016/08/31 更新日:

8月もいよいよ最終日ですが、8月は夏休み期間という事もあり、私もそうですが、子どもと過ごす日々も多くなった方も多かったのではないでしょうか。

今回は、“子供と暮らす家づくり”をテーマに書いてみたいと思います。

以前、何度かお話しをさせて頂いた事がある話になりますが、少し違った観点から子供とのコミュニケーションに関するお話しをしてみたいと思います。

子供とのコミュニケーションUPの為の工夫を3つ

今回も最後に一冊の本のご紹介をしたいと思っておりますので、お楽しみに^^

コミュニケーション

子供とのコミュニケーションを助ける3つの工夫

今回お伝えする子供のとのコミュニケーションは、家づくりの一つの考え方として考える事が出来るかと思います。

ブログを読んで、色々な可能性や暮らし方を考えて頂ければと思っております。

また、リフォームなどでも活用できる工夫でもあるかと思いますので、是非、参考にして頂ければと思います。

1.ガラス黒板

これまでのブログでも何度かお伝えしてきておりますが、“書く”事でのコミュニケーション習慣に関してです。

今は、何処でも塗るだけで黒板になるペイント材なども出てきております。

クロスの上からでも、

どんな素材の上からでも、

…ですが、チョークを使う黒板だと、粉が舞う為、意外と掃除が大変だったりします。

*Rebroathomeの相談カウンターで実際に黒板を使った上での話です^^;

なので、気軽に書く事が出来る!を優先的に考えて、今回はガラス黒板(ボード)の利用を考えて頂くと良いかと思いました。

ガラスボード 壁面 壁掛け マグネット 磁石 メモ 180x90cm 【送料無料】

勿論塗る黒板は、“壁紙のデザインも併用して!”とお考えの場合は、ペイントボード(塗る黒板)の方が良いかとも思います。

黒板塗料 水性ペンキ 【送料無料】イマジンチョークボードペイント 500ml全20色※メーカー直送商品

話を戻しますが、例えば、LDKの中心に黒板を設ける事で、色々な活用が出来たりしますね。

“書く事”でのコミュニケーション

ここでは、コミュニケーションの手法として“話す”のではなく、“書く事”や“見る事”で伝え合う方法を考え頂ければと思っております。

ついつい“話す”がメインの考え方になってしまい勝ちですが、五感を伸ばしてあげる事を考えるきっかけとなればと思います。

リフォームなどでも簡単に出来るのがこのガラス黒板の利用です。

書く、見る、のコミュニケーション

2.子供部屋はつかわない!?

次に子供部屋の利用方法を考えてみたいと思います。

  • 子供部屋はしっかり6帖欲しい!
  • 将来に備えて、良い位置に子供部屋を配置したい!

と言った要望が多い一方で

  • 部屋に籠られても嫌だし、子供部屋は4帖(もしくはベッドがおけるだけのスペース)ぐらいで良いよ!
  • 中学ぐらいまでは、二人一緒の勉強部屋と寝る部屋にしたい!

と子供部屋の広さよりも、その使い方を考える方も多いです。

色々な著書でも書いてあることですが、子供部屋としてのプライバシーを考えつつも、時に家全体を子供部屋とするような考え方が、あっても良いのかもしれません。

  • 大きなダイニングテーブルで家族が揃って勉強する
  • 畳コーナーでお母さんの存在を感じながら一人遊びをする

家全体を使って、色々な場所を用意してあげる事も重要なコミュニケーションだと思います。

  • 例えば、家族で一緒になって漫画を読む

などもコミュニケーションの一つで、その為に必要なのは、

  • 適材適所で収納棚がある事や、
  • 上手く空間毎の縁が切れる事、
  • 不快にならない空間づくり

といった、使い易い環境を作ってあげる事だったりします。

3.一緒に食事をとる時間

最後は味覚のコミュニケーションですね。

平日の夜は、お父さんは仕事で帰りが遅くなる事も考えられるので、朝はみんなで一緒に食事を取る。

という発送が良いかもしれませんし、大きなダイニングテーブルで子供たちはお絵かきをしてる所で、パパは遅い夕食を取るのも一つです。

今の時代、家づくりでは、リビングよりもキッチン周りに重点を置く方が良いと言われています。

キッチン周りの家事動線を考えて、各自が同じ所で別々の事が出来る事も一つのコミュニケーションの取り方かと思います。

最後は簡単に書きましたが、まだまだ色々な仕掛けを作る事も出来ます。

書籍の紹介

頭のよい子が育つ家:関連書籍

今回のご紹介する書籍は

頭のよい子が育つ家 [ 四十万靖 ]

です。

この本の中には、実例として、有名中学校や大学に行った家の間取りが載っていたり、どういった受験問題が出たのか?が実際に書籍の中で出ていたり、“なるほど!”と思う内容も沢山載っています。

また、かなり古い本ですので、中古本も出ていて、お値打ちに買う事も出来ます^^

色々と考える事の多い家づくりですが、“子供の事”は家づくりにおいては、一つの大きな要因の方も多いかと思いますので、是非、ご参考頂ければと思っております。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

参考記事1:子供が賢く育つ家づくり?子供を賢く育てる家づくり!5つのポイント

参考記事2:キッチン画像

参考記事3:和室画像

↓↓↓家づくりの無料メール相談↓↓↓

メール相談

↓↓↓【愛知エリア】家づくりの無料相談↓↓↓

家づくりの無料相談

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, 間取り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハウスメーカーさんで家を建てる方の為の8日間のメルマガセミナー開催!!!

『あ、○○メーカーさんの家だ!あそこは高かったね~』 『私たちは○○の○○さんで建てた。色々な家づくりがあるね~』 『なんでこんなデザインにしたんだろう?なんかもう少し拘れたんじゃないか?って少し思っ …

どっちの主寝室が良い??

間取り:主寝室のWICの位置

久しぶりに間取りに関する話を。 今回は、タイトル通りで、主寝室に関する話をしたいと思います。 LDKは、こんんな家具をおきたいし、隣に和コーナーを作りたいな~ キッチン床はタイルが良いし、家事動線が良 …

2017年は価格の2極化、性能での差別化ができない!がより進む?

2017年は年初からトランプさんの発言に右往左往な感じですね^^; 家づくりは内需産業なので、そこまで影響もないのかと思いつつ…気になる所としては、長期金利の影響ですね。 と言っても、こちらは色々な意 …

2016年あけましておめでとうございます。

2016年、皆さま、あけましておめでとうございます。 2016年がいよいよ始まりましたね。 本年もよろしくお願い致します。 この家づくり教室のブログも4年目になりますが、今年も家づくりの話、特に注文住 …

上棟打合せ

上棟打合せ

今回は、上棟打合せに関してのお話です。 上棟打合せ …って何…? と思われるかもしれませんので、簡単に説明ですが、 新築工事が実際に始まった後、 家の上棟と言って、屋根がかかるタイミングがあります。 …