土地

土地を買うなら延長敷地??

投稿日:2014/08/27 更新日:

Rebroathome03

先回、土地を買うなら北側接道の土地という記事を書きましたが、今回は延長敷地に関する話を書いてみたいと思います。

土地を買うなら北側接道??

*まだ読んでない方はぜひご参考下さい。

先回に引き続き、同じように先ずは延長敷地(旗ざお地)に関するメリットから見ていきましょう。

延長敷地の土地を買う時のメリットは1つ

延長敷地のメリットで一番は、価格のメリットだと思います。

  • 例えば、駅近で探したいけど、価格が厳しい!

といったように、『立地条件などに拘りたい、けど地価が高い地域だからどうしたらいいの?』とお考えの方にとっては、延長敷地もありだという事ですね。

それ以外のメリットも

  • 防犯対策として、実は一番良い
  • 駐車計画が限定される為、敷地の有効活用がしやすい
  • 家の外観を気にしなくて良い事

等も言われている内容です。

防犯に対しては意外な気もしますが、“周りが家に囲まれている=人の目も気になる”とも言われていたりするようです。

*外観に関しては、良いのか悪いのか?ですが、殆ど外から見えませんので、お金をかけなくて済む、という発想です。

ここら辺の話は絶対とは言えませんので、あくまで、確実性の話をすれば、価格かな?と思ったりします。

延長敷地の色々

延長敷地を買う時の注意点

価格メリットがあると言いましたが、実は、この敷地延長の土地を買う時は、注意も必要です。

価格だけで決めてしまうと、物件によっては安く買ったつもりが、意外と割高な買い物になってしまう可能性もある為、少し注意点をお伝えしていこうかと思います。

注意点:延長敷地の間口&その長さ

延長敷地といっても色々な延長敷地が考えられます。

その際、まず第一にその“間口”“長さ”に関しての話をしていきたいと思います。

(上図のイラストをご参考下さい。)

こちらも先回の北側接道の土地ど同様に、不動産の査定基準から考えると判り易いので後ほど解説していきます。

【最低限守りたい土地の条件】ーーー

因みに、法的な話をすると、家をつくる為に最低でも道路との間口は2mが必要で、延長敷地の場合、そういった土地も散見されます。

間口が2mというと、駐車場としてつかうことも難しい(車は入るけど出られない等)為、間口は2.5m以上、できれば3mぐらいあるのが望ましいように思います。

また、その延長部分の長さも、

例えば車2台を縦列で考えるのであれば、10~12mぐらいの長さが必要ですが、それ以上は無駄になるケースも多くあります。

“15mぐらいの長さぐらいまで”が望ましいのではないでしょうか。

ーーーー

不動産の売却査定でも同じ事が言えます。

通常、間口2mの場合、

  • 有効部分(家を考えられる所)も減価率として-20%~-35%ぐらい
  • 延長部分に関しては、-50%~-60%ぐらい

で計算されてしまいますが、間口が3mになってくると、その敷地価格は、

  • 有効敷地の部分は-10%~-30%ぐらいで計算でき、
  • 延長部分に関しても、-30%~-45%ぐらい

となります。

延長敷地の間口と査定

つまり、

  • 土地の価値として考えても、間口は出来れば3m必要!

という事です。

また、延長部分は、20mを超えるか、超えないかで査定が10%ほど変わってくる事が一般的ですので、こちらも

  • 延長敷地の長さは、15m前後を一つのライン

として頂きつつ考えて頂くと良いかと思います。

*間口が3mあると、駐車計画以外にも、外構としてエントランスの意匠を考える事も出来、また、敷地形状によっては、光や明るさも確保されていきますね。

Rebroathome02

注意点①:外構計画

注意点1の続きですが、延長敷地を考える時は、外構計画での費用計算が必須になってきます。

何故かというと、

延長敷地の土地は、とにかく敷地の境界線として長さが、一般的な長方形の土地と比べて、長くなる為、境界ブロックの必要面積が増えると同時にフェンスも当然考えないといけない等、外構の費用がかかる事も多くあります。

また、道路から建物まで長い為に、

  • 給排水の菅の長さ、
  • 電気を通す電線の長さ(中継の電気ポール(家庭用の電柱))

が必要だったりと、意外とお金がかかる事もあります。

こちらは、注意点1でお伝えしましたが、間口3m、長さ15mを一つの目安にして頂きつつ、上記の話を検討して頂く必要があります。

延長敷地の土地を検討される場合は、お隣のブロックがどのようになっているかなども含めて見ておきたい所です。

参考記事:土地を買うなら北側接道??

土地は決まったけど、建築会社が決まらない!

『私たちの土地なら、建築会社さんは何処にお願いするのが良いの?』

とお悩みの方は、一度Rebroathomeへお問合わせ頂ければと思います。

メルマガセミナーリンク

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-土地

執筆者:


  1. […] 次の記事:土地を買うなら延長敷地?? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本体価格60万円

小さい土地にハウスメーカー、それとも

先日、土地から探して家を建てる方の話を聞いて、思ったことがあります。 その人は、既に、あるハウスメーカーで既に家の契約をしていました。 ですが、まだ土地が見つかっていないとの事。 総予算が決っている事 …

その土地を調べる

土地を調べる3~その土地の現況を調べる~

土地を調べる時、一般的に不動産屋さんが何を調べるのか、その土地をみて『気をつけないと!』と思うポイントはなんでしょうか。 先々回、先回に引き続き、土地の調べ方をお伝えしていきます。先回同様に今回も短い …

土地購入の流れ4step

土地購入の流れと注意点

土地購入までの流れと注意点をご紹介致します。 まずは、簡単な土地購入の流れを図を見てみましょう! と細かく書けば上図の通りです。 少し細かく話をしていければと思います。 また、数ある不動産仲介業者さん …

建築条件付きの土地

建築条件付の土地を買う前に確認すべき3つの内容

建築条件付の土地ってどうなの? に関して 以前の記事(:知っておきたい土地の探し方10)では、お伝えしなかった話をしていきたいと思います。 『土地の条件は良いけど…、建築会社が選べないのは考えちゃうな …

不動産トラブル

不動産取引に関するトラブル

不動産取引のトラブルに関しては、以前、土地購入の流れで、少しお話しました。 不動産取引は、一般のお客様が、裁判にまでなりやすい取引の代表です。 不動産取引は、高額な取引になる事 不動産取引は、決められ …