工務店

建設業許可の閲覧方法

投稿日:2013/12/10 更新日:

先回のブログ記事で、

建設業許可の閲覧で色々と出来る

と書きました。

今回は、その建設業許可の閲覧をする為の具体的な手順をお伝えしていきます。

まだ先回のブログ記事を見ていない方は是非ご覧下さい。

建設業許可の閲覧

工務店を調べる為の建設業許可書閲覧手順

【ステップ1】気になる工務店のHPの企業情報より、建設業許可番号を見る

建設業許可:○○県知事(般(特)-24(数値は色々))第○○○○○○○○号

という所です。

  • ()内の般や特も記載する必要があるので、全て書いておきましょう。(般)や(特)の違いは、出来る工事内容が異なってきますが、一般住宅として考えると、どちらでも問題ありません。
  • ()内の数値は更新した時の年です。
  • また大きな建築会社さんの場合(2つ以上の県を跨いで営業所がある時)は、○○県知事許可ではなく国土交通大臣許可となり調べる部署が違います。

【ステップ2】:ついでに調べたい会社を2~3社ピックアップしておこう!

こちらは比較も兼ねて、またせっかく調べに建設事務所に行きますので、同時に何社か調べておけるように、他に気になる工務店の許可番号も調べておきましょう。

【ステップ3】その会社の本社の住所をチェック

本社の住所によってそれぞれの管轄エリアが異なってきますので、チェックしておきましょう。

【ステップ4】それぞれの管轄、閲覧できる場所をチェック

住所に基づいて閲覧できる所を知りましょう。

『○○市 建設業許可 閲覧』などのキーワードでインターネットで調べてみましょう。

○○建設事務所、建設業不動産課などの名所が出てくると思います。*一つの県で5~箇所程度あると思います。

注意する事として、閲覧時間などが意外と限られていたり、昼休み休憩があったりしますので、時間帯などは確認しておきましょう。

【ステップ5】実際に閲覧申請をする

実際にその場所へいって、用意されている申請資料に名前、住所、電話番号を書いて申請する。

【ステップ6】気になる数値をチェックして転記する。

こちらは、もちかえる事が出来ない為、ノート等に移していく事になります。

*基本的には書類のページの中に印鑑などがないページは、1枚10円でコピーも可能です。

これだけです。

凄く簡単です。

私自身、色々な建築会社さんの調査でよく閲覧に行きますが、一般の方らしき人はなかなかお見受けしません。

とても簡単に出来るし、調べられる事が多いんですが、なかなかこの許可閲覧が出来るという事が知れていないんだろうという事だと思います。

決算報告書

閲覧の際のポイント

【ポイント1】最低過去三年の数値を見ていこう!!

通常閲覧できるのは過去3~5年分の資料があります。その間の下の項目で、気になる項目を年を追ってチェックしていく。

  • 毎年の年間施工棟数
  • 受注金額
  • 会社の貸借対照表
  • 損益計算書
  • (決算報告書)
  • 会社の謄本関係

これらの情報を見る事が出来ます。

最新の一年だけでは流れがわからない事も多いですが、過去から順に見ていく事で色々とつかめる事になります。

【ポイント2】事前に転記できるようにかける項目用紙を持っていく!

1社だけでもかなりの数値や項目があります。事前に自分達が気になっている項目をピックアップし、用紙を作っておくと転記がしやすく時間短縮になります。

下のリンクから空白の申請書をプリントアウトして持っていってもらっても良いと思います。

転記用ノート

【ポイント3】平均受注金額は予測になる。

最後に平均受注金額に関しての記載は特にありません。

建設業許可書の最初のページ、工事履歴書に受注金額と工事内容が10邸ぐらい書いてある為、それを基になんとなくの平均を、こちらで予測する必要があります。

工事価格

どのような記載内容が見られるかは、実際に申請書式を見ていただければと思います。

『これらの項目をすべて見る事が出来るんだ!』という感覚を持ってもらえればと思います。

愛知県の建設業許可申請書

【ポイント4】工務店の財務状況を考える

特に数名で運営している工務店さんの場合、経常利益や役員報酬などはあまり当てにならない場合もありますので、そこら辺は税金対策などももしかすると考えられたりしますので、ある程度判断が難しい所でもあります。

そういった事もあり、過去の流れも見ておくと良いと思います。

もし工務店を選ぶ際、このような内容で気になる事があれば、下記お問合わせボタンよりご連絡ください。

お問合わせボタン

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-工務店

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

工務店判断の為の3つのポイント

工務店をHPだけで見極める4STEP-後半3つのポイント-

工務店のHPを見るだけで、ある程度見極めちゃおう! という内容の続きです。 後半は具体的な話をしていきたいと思います。 で、タイトルですが、 工務店さんのHPを見る3つのポイントとしてお伝えしてみたい …

これならハウスメーカーと一緒じゃん!!

なんだ!工務店さんでもハウスメーカーさんと同じ価格が必要じゃん!

まず、最初に断っておきます。 このタイトルはお客様から言われた言葉ではありません!!笑 個人的に、“稀に”工務店さんの提案を見て感じる事がある、 私の心の声だったりします^^; 少し誤解があってはいけ …

注文住宅なら

工務店で建てるなら細かな所も指示しよう

今回は、先回の間取りの話の続きとも取れる話で、 せっかく、工務店さんで建てるなら!! という記事を書いてみたいと思っております。 せっかくの家づくり せっかくの注文住宅 さらに、その上で、ハウスメーカ …

HPから工務店を判断

会社規模とHPで工務店を判断する為の4STEP-前半-

いろいろな工務店さんのHPを見ながら、 その工務店の家づくり、施工事例をチェック 会社規模をチェック。 その上で、 建設業許可の閲覧 を繰り返し行っていると、 何となくですが、建築会社さん、工務店さん …

工務店の選び方

工務店の選び方で重要なのは2つ!!

皆様は、工務店を選ぶ時、何が気になりますか? 価格や間取り 外観や内観のデザイン 高気密・高断熱 各種の保証 年間の施工棟数 等々、まだまだありそうですが、如何でしょうか。 情報が少ない 多くの数があ …