これからの家づくり 工務店

地域型住宅ブランド化事業!?

投稿日:2014/09/28 更新日:

Rebroathome02

今回の話の地域型住宅ブランド化事業は、家づくり、特に工務店さんで家づくりを考える、もしくは、工務店さんも視野に入れて考えてみたいな~と思っている方にとっては、知っておきたい制度です。

地域型住宅ブランド化事業って何?と思われる方も多いと思います。

恐らくですが、殆どの方は知らないようにも思います。

とりあえずどんなものか?はHPを見ていただければと思いまが、
地域型ブランド化事業のHP

結論から言えば、新築を建てる際に一定の条件を満たせば、100万円の補助金が出るかも知れませんよ。

といった話です。

家の補助金としては、かなり大きな額になりますよね。

地域住宅ブランド化事業

あまり知られていない補助金事業

実は、この地域型住宅ブランド化事業は、2~3年ぐらい前から出ている補助金制度です。

が、実は一般の方は、殆どの方が知らない制度だったりします。

でも、知っていれば、それだけでもしかすると100万円もらえるかもしれない話ですので、ここで覚えていきましょう。

ちなみに、これだけの補助金が出るのに話題に上がらないのは何故でしょうか?

少しこの地域住宅ブランド化事業を解説していきつつ、そこらへんの、何故あまり知られていないかの話もポイントとなるように思いましたので、解説してみたいと思います。

中小の工務店さんで建てる方にしか出ない補助金

実はこの補助金制度、年間50戸以下の中小工務店さんにのみ出る補助金なんです。

その為、大手の住宅会社さんで建てる場合は、出ません。

地域経済に貢献するという考えのもとで出ている制度の為、地元で頑張っている工務店さんを後押しするような制度となっています。

だれも宣伝しない

そういった制度の為、これまでも、これからも、おそらくですが、大手建築会社さんによる大きな宣伝はありません、当然ですが…。

また、建材メーカーさんなどが主となってこの取り組みを推進しているのですが、こちらも建材メーカーさんとしては、建築会社さんに取引をしてもらう事がメインとなってくる為、一般の方に向けた広告宣伝というのもあまりなかったりします。

大手さんとの取引関係などもあると思いますので、しがらみなんかもあるかもしれませんね。

この仕組みが一般の方にまで知られていない理由の大きな構造となっているように感じます。

工務店さんも知らない

次に、この地域住宅ブランド化事業の制度は、意外とこの制度を利用できる事を知らない工務店さんもあります。

地域型ブランド化事業の方針としては、昨年までとは少し方針が変わっていて、今年は、まだ利用していない工務店さんを優先的に採用するといった方針を出しているようです。*とある工務店さんに聞いた話ですが…

それぐらい、工務店としても浸透してないという事が見て取れます。

簡単に補助金が受けられる?

HPで要綱を見て頂ければわかりますが、難しい話は殆どない為、一定の条件さえ満たせば、工務店さんならどこでも採用できるような制度だったりします。

ですが、少し注意したい項目もあります。

全ての家で補助が受けられるという訳でもないのです。

工務店さんとして単体で受けられる棟数が年間数件だったりする為、全邸利用できる!という訳でもないのです。

例えば、A工務店さんは、地域型住宅ブランド化事業の補助金枠を全て使ってしまっていたらそこで建てる方はつかえないと言う事もあるようです。

つまり、タイミング次第の所もある為、工務店さんも不確定要素も大きく本格的に動かない要因だったりします。

長期優良住宅は必須

地域型ブランド化事業を受けるためには、長期優良住宅を採用するといった前提条件があります。

長期優良住宅に関しては、少し別機会でお伝えするべき内容ですので、ここでは、簡単にお話します。

意外とこの長期優良住宅がネックになっている事も多かったりします。

例えば40坪、1500万円の家づくりを行っている会社さんの場合、長期優良住宅が標準でついていない事もあったりします。

そういった会社さんが、今回の話のように、長期優良住宅を採用しようと思うと、今まで使っていた部材を認定のある建築部材を使ったりする必要が出てきて、意外と100万円単位で費用がかかる事もあったりする為です。

意外とこの補助金を採用しても!というお考えを持っている工務店さんもあると言う事です。

また、慣れていない会社さんの場合、長期優良住宅自体の申請業務が難しいから嫌だ!

となってくる事もあり、意外とこの長期優良住宅と言うのがネックになっている会社さんもあるという事を覚えておきましょう。

*長期優良住宅ぐらいは対応できる工務店さんでなければダメでしょ!と言う意見は重々理解していますので、そこら辺は突っ込まないで下さい。あくまで、何故普及しないのか?という話をしているだけなので…

まとめ

そんなこんなで、実は、工務店さんで家づくりを考えようと思っている方、また選択肢として考えても良いかな?と思っている方にとってみれば、この地域型ブランド化事業は是非知っておいてもらいたい内容です。

また、意外と対応は出来るけどタイミングでは受けられない。という事も出てきますし、そういった話をしてくれる会社さんも少ないという事を覚えておいて頂きつつ、チャンスがあるのであれば、トライして貰いたい補助金になっています。

特に中小規模の工務店さんでの家づくりにおいて、100万円の補助がでれば、出来る事も多くなるように思いますので、もし、工務店さんから話題として出なくてもこちらから話を振ってみるのも一つかとも思います。

*補助金の額に関して厳密に言えば、建設工事費の1割以内の額でかつ100万円を上限とするという表現方法になります。

利用できるタイミングがあれば、是非利用してもらえればと思っております。

メルマガセミナーリンク

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, 工務店

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

こんな会社は気を付ける

こんな会社は危ないかも??倒産しそうな工務店を見抜くコツ

皆さまはご存知ないかもしれませんが、最近、中堅どころの工務店さんがちらほらと倒産しています… え、あそこが!? と業界関係者さんが思うような会社さんも意外と潰れていたりします。 長年家づくり相談をやっ …

相続税を考えるなら2世帯住宅を建てる!?

今年は、バタバタとしており、例年恒例の住宅ハウジングセンターでのハウスメーカー周りが1社しか出来ませんでした。 最近のハウジングセンターは、大きめの工務店さんも出店してきている流れですね。 …今回は二 …

建築家X

【無料オーディオセミナー】建築家X:2回目

―――建築家Xとの対談の注意事項――― 今回の建築家Xとの対談は、特に装飾することなく、ありのままに話をして頂いております。 建築家Xは、元々大手ハウスメーカー(超有名な会社)のトップ設計士だった経緯 …

様々な耐震補強

先回の記事の続きです。 色々な耐震補強がある事をここで先ずは知ってもらうという事をメインにしようかと思います。 まずは耐震補強を大きく別けます。 家の軽量化 家自体の補強 の2つです。 目次1 家の軽 …

年末年始の過ごし方

木造での家づくり(木造軸組工法)を100倍楽しむ方法【参考書の紹介】

12月も中旬になり、本格的に年末な感じですね。 年末のこのタイミングは、毎年、”家づくりのまとめ”を書いておりますが、今年も書いていきたいと思います^^ … と言いつつも、毎年同じ内容はつまらないので …