これからの家づくり オーディオ 対談企画

【無料オーディオセミナー】建築家X

投稿日:2019/03/03 更新日:

―――建築家Xとの対談の注意事項―――

今回の建築家Xとの対談は、特に装飾することなく、ありのままに話をして頂いております。

建築家Xは、元々大手ハウスメーカー(超有名な会社)のトップ設計士だった経緯があり、まだ40歳前後ながら、これまで設計した数は500を超えています。

その当時の仕事や家づくりの仕方など、色々な話をしてもらっており、家づくりをお考えの方が聞けば、目から鱗がおちる話の内容にもなっているように思います。

ただ、建築家Xの経緯からハウスメーカーの内情にもかなり触れた対談内容となっている為、

  • ハウスメーカーで契約している方
  • ハウスメーカーで家をここ2~3年建てられている方

は、この対談セミナーをお聞きにならないで下さい。

――――――

建築家X

建築家Xとの対談

今回の対談セミナーは建築家Xさんとの家づくり講座です。

今回から3回に別けて、ご紹介していきたいと思いますが、家づくりをする上で一つの側面として、捉えて頂ければとも思います。

建築家X.001:10件に1件だけ、提案できる!?

対談001の音声はこちらから

(9:43)

  • 物価は上がってる、年収は下がってる、、、どうするの?
  • 契約時の価格の出し方の違い
  • ハウスメーカーの設計時の苦悩
  • 10件に1件だけ、しっかり提案できる!!

Rebroathome02

建築家X.002:日本の家のデザインレベルは落ちている!?

対談002の音声はこちらから

(15:37)

  • お客様の目が肥えてるからこそ、難しい!
  • 土地にお金をかける?家にお金をかける?
  • 日本の家のデザインレベルは落ちてる!?
  • お客様が色々と考えないといけない時代に!

YUIちゃん001

建築家X.おまけ001:もうすぐ設備が5%あがる、、、

対談おまけ01の音声はこちらから

(1:39)

  • もうすぐ設備が5%あがる、、、消費税どころじゃない!

まとめ

建築家Xとの出会いは、7年ぐらい前になりますが、今回、初めてこういった話を聞くことができて、私自身も勉強になりました。

大手ハウスメーカー出身者という同じ境遇でも私は元々営業、建築家Xは設計という立場からも観点が違うのは、これをお聞きになった方も面白く聞いていただけるのではないでしょうか。

対談のボリュームが多いので次回、次々回の3回に渡ってお送り致しますので、次回も楽しみにしていてください。

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, オーディオ, 対談企画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

空き家の活用

空き家の活用法を探る【インタビュー】

私の仕事は基本的に「家を建てたい!」という方、つまり新築で家を建てたいと考えていらっしゃる方のご相談に乗ることなのですが、 家づくりの専門家として見逃せないのは「空き家」問題です。 いま、空き家は年々 …

建売住宅

今こそ!読んでもらいたい記事006:建売住宅

今こそ読んでもらいたいシリーズの第五弾は “建売住宅” です。 建売住宅の最大のメリットは、希望する立地条件に対して、比較的安く一戸建てが買える! ですよね。 建売住宅は、間取りや家のデザインなどは予 …

コーポラティブハウス

コーポラティブハウス

1日休憩を頂いて5日目は、コーポラティブハウスに関してご紹介致します。 コーポラティブハウスってなに?と思われるかもしれないですね。 以前のブログでミライニホンプロジェクトにかんする内容を少しをお伝え …

パッシブハウス

パッシブハウス+風通しの家づくり

パッシブハウスとは: ドイツパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅である。建物の性能を上げる事により、高性能の熱交換器による空調設備だけで、アクティブな冷暖房器具が不要。| …

契約後

契約後の打合せ時間、みんな意識してる??

7月ですね…本格的に暑い季節になってきました。 今回の記事は、契約後の打合せに関する話をしてみたいと思います。 因みに、 契約後のイメージを契約前からしてもらう事は、 家づくりにおいて、かなり重要な要 …