これからの家づくり 構造・性能

気密・断熱性能で“先ず!”知っておくべき3つの事

投稿日:2017/01/24 更新日:

早く、暖かい家が欲しい!

先回の2017年の家づくりから、今回の記事まで、愛知県では珍しく、全地域が大雪になりましたね。

…私も体調を崩してしまったりと、大変でした^^;

“新しい家は、暖かい家が良いな~”

と本気で思われる方も増える時期ですね^^

気密・断熱性能、最初に知っておくべき3つの事

この記事は、家の気密性能・断熱性能の基本的な話と、家づくりの最初のタイミングで覚えておきたい知識をまとめています。

気密性能:気密性能とは、家の隙間がどれだけあるか?を示していて、数値が低いほど家の隙間が少なく、それだけ、家の中の熱が逃げにくい、また外からの熱が入りにくいということになります。

断熱性能:断熱性能とは、家の断熱性能(保温能力)を示していて、数値が低いほど、断熱性能が高い家となります。家の中の熱を外に出さない、外から熱を入れないという話になります。

さて、話を初めて行きます。

先回の記事でもお伝えしましたが、これからの家づくりは、

  • “どこまで性能を求めるか?”を私たちが考える!

が重要になってきます。

その為、家づくりを考えた時に、最初のタイミングで、会社選びの前に、ある程度の知識をつけておく必要が出てきます。

そこで今回の話ですが、先ずは、3つの基本的な話からしていきたいと思います。

3つとは、

  • 01.断熱数値の表現が、Q値からUA値へ変わった。
  • 02.気密性能に関する基礎知識
  • 03.その会社の気密・断熱性をどう判断すれば良いか??

の3つです。

Rebroathome02

01.家の断熱性能は、Q値からUA値へ

先ずは基本的な知識です。

実は、家の断熱性能を表す表記が平成25年度から変わっています。

【断熱基準の変化】

  • Q値
    *熱損失係数=単位温度差当たりの総熱損失量÷床面積
  • UA値
    *外皮平均熱貫流率=単位温度差当たりの熱損失量÷外皮表面積

とこれまで、日本の家づくりで基準となっていた数値が変わる事になりました。

Q値からUA値へ

*詳しくは、こちら:国土交通省の省エネ基準のカタログ

違いは何か?

ですが、単純に言えば、家の断熱性能をより細かく求めるようになった、という話です。

ただし、

断熱性能の定義:建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値。

と、定義(難しいのでサラッと流して頂き)自体は、以前と変わらず、単純に計算方法がより正確になったという所を覚えておきましょう。

例えば、

今までの計算方法であったQ値計算だと、同じ床面積が40坪の家だった場合、

  • 吹抜けがあったり
  • 2階建てと3階建ての違い

といった間取りの違いを上手く計算できなかったのですが、今回のUA値は、そういった違いに対応する為に、より正確な計算方法になった!と言う話です。

解り易いイラストが、スウェーデンハウスさんから出ていましたので、そちらもご参考ください。

Q値からUA値への比較!(国が定める基準値)

また、ベースの知識としては、断熱の話は、国の基準値を知っておいて頂くと良いと思います。

*ZEH基準も含めて比較表を書いています。

Q値→UA値のグラフ

例えば、

今までⅣ地域(愛知県)を見てみると、

  • Q値の基準は2.7
  • UA値の基準は0.87(ZEHの基準は0.60)

と置き換わっています。

北海道などの寒冷地(Ⅰ地域)では

  • Q値の基準が1.6
  • UA値の基準は0.46(ZEHの基準は0.40)

となっています。

ドット

という事で、こういった変化があったことを先ずは知って頂き、その上で、建築会社さんには、

  • 『おたくの会社の断熱性能はいくつですか?』

と聞いていただき、それぞれの会社の比較検討していってもらうと良いかと思います。

気密性能は現場が大切

気密性能は施工品質で上げられる?!!

次に気密性能の基本的な知識をご紹介していきますが、気密性能は、

  • 現場の品質で決まる!

という事を先ずは覚えておきましょう。

また、

  • 実際の測定は、現場で機械をつかって測定をする!

という事も覚えておきましょう。

*因みに、ZEH基準には、気密性能の基準は設けられていませんので、こちらも認識をしておいて頂ければと思います。

  • 断熱性能は、計算上、設計上の話です。

つまり、

  • 断熱性能(設計)×気密性能(現場:施工品質)

と言え、いくら断熱性能を設計上で高めたとしても、気密性能がよくなければ意味がない!ということになりますし、その逆もしかりです。

*上記の表現だと、かなり短絡的な表現になりますが、大雑把に把握して頂く為には十分かと思います。

ドット

気密性能を高める為には、どうすれば良い?

断熱性能は建築会社さんに『標準的な断熱性能はいくつ?』と聞いていただければ、大体の会社さんから『これぐらい!』という応えが返ってくる事に対して、

気密性能は一つ一つが現場での測定なので、『過去にやった時は○○でした』という応えになってきます。

また、断熱性能を上げようと思ったら、設計上の話なので、

  • 窓の仕様を上げたり
  • 壁の中の断熱材の仕様を変えたり

する事で、あげる事が可能です。

これはつまり、殆どの会社さんで断熱性能を上げる対応が可能という話にもなります。*その為の費用UPは必要になります。

ですが、

気密性能に関しては、現場測定、現場品質と言う話で、単純にそうはいきません。

では、

  • 気密性能を高める為には、どうすれば良いか?

ですが、

すみません、こちらも実は、

  • 壁の中の断熱材を何にするか?

を考えて頂くことで、大きく改善が出来たりします。

はい、気密性能は、実は採用する断熱材を変えるだけでかなり高められることがわかっています。

例えば、家づくりで一番つかわれるグラスウールという断熱材があるのですが、それを採用せずに、吹付の断熱材にするだけで、気密がグンと上がります。

  • 気密を高めるなら、吹付系の断熱を採用する

という事を先ずは知っておきましょう。

、、、こちらも厳密な話をすれば、そこまで簡単でも無いのですが、家づくりの最初のタイミングでは、ここを覚えておいて頂くと良いかと思います。

吹付断熱というと、ウレタン吹付、アイシネン、アクアフォームなどが代表的な断熱材の名前になってきます。

ドット

因みに、もう少し細かい話をすると、気密測定は、家の現場で実際に隙間を測っていくことになりますので、気密測定中に『あ、ここで風が洩れてる!!』というのも解ります。

ですので、その場で、穴をふさぎ、C値(気密性能)を上げる事も出来たりします。

ここら辺は、

  • 01.気密測定をしてくれる会社かどうか?
  • 02.現場での立会をしてくれるか?

の順番に確認して頂くと良いかと思います。

また、

  • 気密測定をする
  • 現場修復(一次修正)
  • 再度気密測定をする(二次修正:より完成に近いタイミング)

といった工程を考えると、施工期間にゆとりがある方が良い事もご理解頂けるかと思います。

*一回の気密測定は数時間あれば終わりますが、準備やその為の打合せなども測定業者さんと組む必要がある為、そもそも引渡し期日がぎりぎりの場合などは、そういった対応をしてもらえない事もありますので、検討する建築会社さんには、事前に確認をしておいて頂くと良いかとも思います。

KAI君

気密性能・断熱性能をどのように判断していく??

という事で、もう少しリアルな話をしていければと思いますが、

今は、木造住宅であれば、

  • Q値=1.5前後(UA値で言えば0.46前後)
  • C値=1.5前後

は当たり前(…少し言い過ぎな感がありますが^^;)の時代にもなりつつありますし、それ以上の性能を出せる(謳っている)会社さんも多くあります。

ここまでの性能となると、『自分たちはどこまで気密・断熱性能が必要なのか?』を考えて、それを逆に依頼する感覚が必要になってきます。

こうしないといけないのは、

例えば、気密・断熱性能に拘りすぎて、窓が少なかったり、家が小さくなったりして、『住みづらい間取』『デザインがカッコ悪く』なりすぎるのも考え物だからです。

ここのバランスをお施主様が考えていかなければいけなくなってきたのです。

性能が高まっているからこそですが、実はこういった相談実例は沢山いただきます。

、、、

ここで皆さまに質問ですが、

  • 断熱性能:Q値が1
  • 気密性能:C値が1

  • 断熱性能:Q値が1.5
  • 気密性能:C値が1.5

の家の違いがどれだけあるか?

、、、これ解りますでしょうか??、、、正直な話をすれば、この回答、家が実際に建った後でも『、、、??』となる話です。

それぐらい1.5という数値でも十分に暖かい!という判断ができる話で、

【知識:Q値1.5でも十分暖かい!】ーーー

これは、私が以前勤めていたハウスメーカー時代の経験(7年前ぐらいの話です)ですが、私が勤めていた会社の木質系住宅は、当時で1.6(Q値、C値共に)ぐらいのレベルの家づくりをしていました。

当時の家づくりで言うと、そのレベルの気密・断熱性能は他で殆ど出来ていない状態だったこともあり、ご入居者様からは、“かなり暖かい!!!”、“冬場でもTシャツで過ごすことが出来る”と評価を頂いておりました。

こういった事を考えれば、Q値が1.5ぐらいあれば、十分に暖かいのでは??とも考えられる話ですし、私も同時、めちゃくちゃ暖かいなと感じていました。

ーーーーー

なのです。

因みに、気密・断熱を上げる為にはお金もかかる話ですので、そういった所でも、どこまで求めるの?は考えておきたい所。

ドット

また、別の観点から、“体感温度としての暖かさ”を考える場合、

  • 合板のフローリング
    or
  • 無垢のフローリング

でも、体感の違いがあります。

*無垢フローリングように足元の熱を奪っていかない素材を採用するだけでも、家の快適さはガラッと変わります。

また、換気システムなど機械を考えていく、別の方法で気密・断熱性能を高める方法もあったりします。

はい、色々と書いてきて、解り難くなってきてしまうので、まとめますが、気密・断熱の体感としての最終的な判断方法としては、

  • 入居者見学に行く

という話が言えるかと思います。

実際に建てた方の家に行って、その方から、家の暖かさの話を聞いていただくことで、“安心”を得ることも出来てきます。

結論は、家づくりの最初のタイミングでは、知識は持って頂きつつ、あまり数値にこだわらず、進めて頂ければと思います。

家の暖かさを決める要素は色々ある

まとめ

今回は、気密性能・断熱性能の基本的な話をまとめてみました。

また、高気密・高断熱住宅にする事で、気になる価格的な影響は、会社によっても違ってきます。

頑張っている会社さんもお見受けします。

ということで、最終的には会社ごとの判断をしていただければと思います^^;

次回、“パッシブハウス”に関してお話しをしていきたいと思います。

ではでは。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

先回の記事:2017年は価格の2極化、性能での差別化ができない!がより進む?

参考記事1:やっぱり木造が良いと思う!

参考記事2:そろそろデザインが最初の家づくり

↓↓↓家づくり無料相談、詳しくはこちら↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, 構造・性能

執筆者:


  1. […] 【参考リンク03】:気密・断熱性能で“先ず!”知っておくべき3つの事 […]

  2. […] *断熱性能、基準に関する表は先回のブログでお伝えしておりますので、そちらもご参考頂ければと思います。|2017年の家づくり!気密・断熱性能 […]

パッシブハウス+風通しの家づくり | 家づくり教室 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事