これからの家づくり ハウスデザイン

家の外観デザインを決める上で、意外と重要な軒裏の表現方法!!

投稿日:2016/02/20 更新日:

Rebroathome

先回、先々回の建築家さんとの家づくりの記事に引き続き、少し家づくりにおけるデザインの話をさせて頂ければと思っております。

因みに

公平中立な立場での家づくり相談として、私がデザインの話をしても良いのか??

また、デザインに関しては、その人の好き嫌いが出る話だから、しない方が良いのでは!!?

という葛藤??は、ずっと前からすごくあります^^;

なので、

あくまで、色々な家づくりを見てきて、色々な会社さんの提案を聞いてきて、大手ハウスメーカーさんの取り組みを見てきて、

あくまで、最近のトレンドとして、

気にしておきたい家づくりの内容として、

皆さまと情報共有をさせて頂ければと思い、記事として書いて行きたいと思います。

家の外観デザイン

…この話は、

最近の大手ハウスメーカーさんでもようやく(??)、注目されてきている話でもありますので、

もし大手ハウスメーカーさんで家づくりをしよう!!

と考えている方にとってみても、デザインの参考にして頂ける話になるように思います。

工務店さんで建てられるかたも、建築家さんで建てられる方も、

意識して質問などをして頂くと良いのではないかと思っております。

はい、本題に入りますね。

家の外観デザインで何故軒裏が重要なの??

先ずは、

何故、

家の外観づくりにおいて、

軒裏が重要なのか??

に関しての話をさせて頂きます。

これは、言葉で説明するよりも、イラストをつかった方が解り易いと思いますので、そちらを先ずはご紹介致します。

軒裏の見せ方のイラスト

はい、人の目線で考えた時にどのように家がみえるのか?

なのですが、

通常は家を見上げる事になる為、

意外と…といいますか、軒裏がどのように見えるか??

というのは、家の外観をつくる上で重要な要素!

という話ですね。

少し画像を何個か出していきますね。

家の外観デザインと軒裏の見え方01

家の外観デザインと軒裏01

家の外観デザインと軒裏の見え方02

家の外観デザインと軒裏の見え方02

家の外観デザインと軒裏の見え方03

家の外観デザインと軒裏の見え方03

といった感じで、軒裏をどう表現するか??

でも、雰囲気が変わってくるのを感じて頂ければと思います。

因みに、ここら辺の話は、建築家さんは非情に洗練(考えられて)されている事が多く、

こういった家の外観の意識の違いを意識してもらう為にも、

先回、先々回の話の建築家さんとの家づくりは経験して頂くと良いのではないかと思っております。

大手ハウスメーカーさんでもそういった仕様が出てきた。

で、こういった軒裏の見せ方というのは、

デザイン性の高い工務店さんや建築家さんであれば、結構前から当然のようにやっていますし、

純粋に軒裏を綺麗に見せる以外にも、窓を利用して、

軒裏→1階、2階の天井

をつなげて見せる工夫というのも考えられる話だったりします。*上の画像02を参照

で、少しここ最近の流れを考えると、ハウスメーカーさんも、この軒裏の仕様が色々と出てきた印象がです。

ここ1年前後の流れで感じている内容で

ハウスメーカーさんの場合、

  • 天井の高さ
  • 窓の取り付け位置

などの制限はまだまだあるかもしれません(恐らく今後の課題というか)が、そういったデザイン性のUPを測るような動きというのが多く感じています。

少し気になる家づくり、特にハウスメーカーさんの家づくりの流れでもありますので、チェックして頂くと良いのかな??と思っている話です。

今回ご紹介している建築写真に関しては、ハウスメーカーさんのものではありませんが^^;

家の外観、軒裏の見え方(内側から)

工務店さんや建築家さんであれば、家の写真を持って軒裏の表現をお願いするだけ

因みに、工務店さんでも、建築家さんでも、…ハウスメーカーさんでも、

殆どの場合、

お客様が軒裏の指定までするような人はいません。

ですが、上の写真などを参考にして頂くと、

それは、あくまで、今までの話ではないかと思います。

今までは、こういった軒裏の見せ方に関しては、

建築会社さんの

  • センス
  • 施工のし易さ
  • 施工に対する慣れ

などが要因として、決まっていた話だったという事ですね。

ですが、せっかくの家づくりですので、

そういった軒裏のデザインに対しても、気後れする事なく、自分たちのつくりたい家づくりとして検討して頂くと良いのではないでしょうか。

家の軒裏の表現方法

因みに、この軒裏の表現方法に関しては、様々な見せ方が出てきます。

例えば、

  • 本物の木を貼る
  • プリントで対応する
  • 軒の出る寸法の違い
  • 色の違い

等など

デザインセンスも当然ですが、要求される内容になります。

ここら辺の違いも建築会社さん選び、その会社さんとの打合せの際に、意識して頂くと良いのではないでしょうか。

軒がそもそもない家は??

最後に、少し余談ですが、最近の家づくりの傾向で多い、四角い家(キュービックな家)づくりをされる場合、そもそも軒が無い家づくりというのもよく見かけます。

また、

軒があっても、30㎝とか45㎝とかと短い場合は、下手に指定すると、返って見た目としての逆効果となる事も出てくるかとも思います。

これまた、見せ方の話かと思いますが、

色々な要望を伝えて頂くなかで、全体としてのバランスを考えて行って頂くと良いのではないでしょうか。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

参考記事1:欠陥住宅を無くすための3つの注意点

参考記事2:そろそろデザインが最初で家づくりをしても良いかも!?

参考記事3:ハウスメーカー1、工務店2、建築家1が良いバランス??

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, ハウスデザイン

執筆者:


  1. […] 家の外観デザインを決める上で、意外と重要な軒裏の表現方法! […]

  2. […] 参考記事2:家の外観デザインを決める上で、意外と重要な軒裏の表現方法!! […]

  3. […] 参考記事2:家の外観デザインを決める上で、意外と重要な軒裏の表現方法!! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

データで家を見る1

住宅の統計データをまとめてトレンドをチェック!

今回は、家づくりの統計データのご紹介です。 今何故?と思われるかもしれませんが、少し前、7月29日に総務省から統計データが出ており、住宅・土地統計調査が5年に1度の統計データとなる為、ニュースなどでも …

この人じゃなきゃ!!

とある営業マンさんとの出会い

このブログ、始まり方を迷った記事なのですが、 私たちは、家づくりの取材活動を毎月行っております。 数としては、昔と比べてかなり減ったのですが^^; それでも、 家づくりに関係する新しい会社さんとの出会 …

2017年あけましておめでとうございます。

少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 2017年が始まりましたね。 “今年は、家づくりをするぞ!!” と、新しい年の目標として掲げている方もいらっしゃるかと思いますが、そういった …

子供部屋のレイアウト

子供部屋のレイアウトを考えてみる!!

【家づくり教室からお知らせ】―――――― ママの楽家事術!第二回「お悩み別!子どもが伸びる部屋づくり」 子どもの未来を耕し、育て、伸ばす SHINGA FARMさんに記事の掲載を致して頂きました。 「 …

天井が高い家をつくって明るくしたい!は、吹き抜けが正解??

今回は家の天井の高さに関しての話。 『天井が高いって良いわね~』と思わずCMを思い出してしまいますが、今回の話は、もう少し実用的な家の天井高の話をしていきたいと思います。 家の天井を高くして、明るく、 …