家づくり相談実例

お客様が最強の営業マン

投稿日:2015/02/05 更新日:

最近思う事を先回の記事に併せて話をしてみたいと思います。

それがこのタイトル。

実は、Rebroathomeで家づくりの無料相談をやっていると、たまに遭遇する事がある事があります。

例えば、

  • 土地を購入するタイミング
  • 建物の契約をするタイミングで

お客様の希望を聞くと、さすがにその価格交渉は無理じゃないか?と思う事があります。

ハウスメーカーさんと話をしており、値引き条件の提示があって、それよりもさらに100万円の値引き交渉をする場合、

私達は、今までの経験の話や、建築業界にいた経験値から、これぐらいなら大丈夫なのではないか?

といったアドバイスをします。

勿論、

  • そこまでの値引きが出来ない事もありますし、
  • ドンピシャで値引きが出来る事もあります。

個人的に、値引きの交渉をした際は、

『この会社さんならここぐらいがギリギリよりちょっと厳しい?』

といった感覚の交渉アドバイスをしたりします。

しかし、

ごく稀に、

私たちの想像を超える条件をハウスメーカーさんや建築会社さん、また不動産屋さんから出させるような交渉に成功される方がいます。

こういった事例を見ると、今回のようなタイトルが頭に浮かびます。

  • 『お客様が最強の営業マンだな~』

僕らのように建築業界に長くいる者からすると、凄い!の一言。

営業マン、会社さんの立場もわかっているからこそ、そこまで突っ込んで冒険出来ないのが、建築業界、不動産業界での価格交渉です。

例えば、もし、住宅を知っている立場の私たちが建築会社さんと交渉すると、その建築会社さんからは『住宅をなんだと思ってんだ!』と怒られそうなところを、

お客様が、何も知らないまま、さらっと交渉すると、その建築会社さんからは、『…どうする?、まあしょうがないか!!』となると言う事もあるという事ですね。

因みに条件交渉は、契約直前になればなるほど融通が利く話だったりしますので、そういったご状況の方は、相手の様子を伺いつつ、思い切った条件交渉をしてもらうのも一つかもしれませんね。

  • 結論を引っ張って引っ張って、交渉して交渉する
  • 出来るだけぎりぎりで契約をする

感覚です。

注意点として、全てがそういった事が出来る訳でもなく、あくまでレアケースではあるという事。あくまで交渉に臨む心持として、参考にして頂ければと思います。

また、価格交渉を強きで行うなら、ダメならまた他を探すぐらいの気持ちが良いかもしれませんね。
参考記事:ダメなら他を探せば良い!?

最強の営業マン

Rebroathomeのような家づくり相談は必要ない??

こういった経験があると、私たちがおこなっている家づくり相談、交渉アドバイスは必要ないかも?という考えを持つ事があります。

*別に悲観的な話ではなく、個人的にも最終的な目標としては、この相談業務がなくなれば良いと逆説的な思いを持っていたりします。

で、そういった葛藤をしつつも、上記のような私たちの想像を超える条件提示を建築会社さんから引き出してくる方に対しては、アドバイスした事が、申し訳ない気持ちになります。

と言いつつも、

おそるおそる『Rebroathomeを利用してみてどうでしたか?』と聞くと、

ほぼ100%

『とても参考になって、相談して良かったです!』

と恐れ多いご回答を頂きます。

…何故?

理由を聞いてみると、

  • 『建築業界、その会社さんの平均が解るから!』
  • 『みんながどれぐらいで家を建てているのか?解って納得できた!』

といった回答が殆どです。

…その値引きが本当にお値打ちなのかの判断が出来ないからと言う事ですね。

確かに、値引き交渉をするにしても、平均が解らなければ交渉は出来ませんし、どういった交渉材料があるのかを知らなければ、営業マンさんが会社に対しての社内交渉をする事も出来ません。

また、個別で交渉できそうな条件などを提示できるかどうかは、アドバイスが必要なんだと改めて思ったりします。

会社さんの価格観や前例などもなるべくリアルタイムで調べていますので、そういった情報を聞きたいという方にも、相談にお越しいただくメリットになるかもしれませんね。

1日一通で一週間のメルマガセミナーの4日目:【家づくりの価格交渉は、悲しい事にごねたもの勝ち!!?】でも価格交渉の話をお伝えしておりますので、ご参考頂ければと思います。

参考記事:ダメなら他を探せば良い!?

価格交渉記事がのっている家づくりメルマガセミナーはこちらから↓↓↓

メルマガセミナーリンク

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-家づくり相談実例

執筆者:


  1. […] 何かというと、先回の記事で、お客様が最強の営業マンという話をしました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

間取り提案は2つに別ける

間取り提案の0→1と1→2の違いを把握する!!

今回もデザインの話を少ししていきたいと思います。 と言っても、今回の話は、私たちの家づくり相談に来られた方に対して、 “私どもがする間取り改善のアドバイス” “建築会社さんの間取り提案に対する違い” …

防火地域に家を建てるなら鉄骨??RC??…いや木造でしょ!!?

はい、今回は、防火地域でも木造という選択肢だってある! という記事です。 因みに、防火地域のエリアになるのは、住宅地というよりも、商業施設などが多いエリアなので、そういった所に一般住宅という状況は、も …

本当にそこで決めても良いの??

新築をこの会社で契約しよう!と思える条件って何??

新築、注文住宅業界において、3月は、契約を迫られるタイミングの方も多いと思います。 その際、 “新築をこの会社さんで契約しても良いのか??” の判断に迷われる方も多いと思います。 そこで今回の記事は、 …

家づくりの会社検討時期に!

今日は、Rebroathomeの家づくり無料相談のご案内です。 『…なんだ~、宣伝かよ~』と思っている方、すみません。 家づくりの無料相談自体が、まだまだ馴染みのないものかとも思いますが、その中で、ご …

子供部屋のレイアウト

子供部屋のレイアウトを考えてみる!!

【家づくり教室からお知らせ】―――――― ママの楽家事術!第二回「お悩み別!子どもが伸びる部屋づくり」 子どもの未来を耕し、育て、伸ばす SHINGA FARMさんに記事の掲載を致して頂きました。 「 …