*

家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

  • Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^
  • Bの家:『え、まだ出来て5年しか経ってないの??…もっと経ってるかと思った><;

中古戸建を見ていると、例えば同じ築年数の家でも、感想がAとBで上記二つに別れます。

皆さまなら、どちらが良いと思われますか?

当然ですが、家をつくるなら、周りからBのような評価を受けたくはないですよね。

もちろん、『周りの評価は気にしない!私たちは私たち!』と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そういったお考えを否定したい訳でもなく、むしろ個人的には肯定派です^^

この記事としては、あくまで基本的な知識、

同じ予算でも、外観でBの家のような評価を受けにくくなる

をまとめてみようかと思っています。

あくまで“見た目(外観)を考えた時に、とっても基本的なポイント”として、3つをまとめてみました^^

と、、、前置きをもう少しだけ💦

実は、今、電子書籍第三弾として、間取りの本を書きはじめています。(出版は恐らく年末ぐらいになるかと思うのですが^^;)

書籍では、“家を彩る為の工夫”を色々と細かく書いていこうと思っていて、電子書籍Vol2の間取りのビフォーアフターをベースとすると、その応用編で、

  • スキップフロア―、吹抜け、窓配置、パティオ、などの内装の工夫や壁の厚み、陰影の出し方、外壁の貼り分け方などの外観について、実際の間取りやパースなどを踏まえて書いていこうかと思っております。

その時に、もっともっと根本的な所をブログでお伝えしておこう!と思い書くことにしました。

外観で守りたい3つのポイント

家を古く見せない!最低限守りたい3つのこと

さてさて、家を古く見せない外観ですが、『お金をかけずに、ちょっとした工夫で』のポイントを3つ。

こちらを参考にしていただき、

  • お友達などに持たれる印象
  • 将来的に売却を考えた時に売り易い、高値がつきやすい
  • 自分たちも古さを感じないからハッピー

に少しでも役立てて頂ければ幸いです。

*絶対でもありませんし、あくまでベースの知識です^^;

玄関ドア

外観ポイント1.玄関ドアは見せない

  • 皆さまの家は玄関ドア、道路から見えてますか??

実は、建築家の先生の提案を見ていると、既製品の玄関ドアでデザインしようとしている方は、殆どいない事に気がつきます。

むしろ玄関ドアを外から隠す傾向にあります。

完全に隠さないにしても、“玄関ド~ン”と、ならないように、少し奥まった場所に配置したりしている設計が殆どです。

何故でしょうか?

理由としては、

  • 玄関ドアのデザインで築年数が解ってしまう場合がある。
  • 外壁と玄関ドアで傷み方が違う。
  • そもそも玄関ドアと外観が合ってない。

という3つがあるためで、それなら

『下手に玄関ドアのデザインで悩むよりも、見せない工夫をしてしまった方がいい。』

のかもしれません^^

…“玄関ド~ン”、とあると開けた時に外から中がまる見えになてしまいますしね^^;

方法としては、

  • 道路から正面に玄関を向けない
  • 玄関の前に外構計画を考え、外からの目線を手前で止める
  • もし玄関ドアが見えるなら、なるべくシンプルなものを選ぶ

を考えて設計してみて下さいね。

例外:カワイイ家の場合

玄関ドアを見せないようにと言ってますが、洋風な外観やかわいい外観の場合は少し例外です。

これは、ドアがワンポイントになる家というのも出てくるからです。

…そもそも、輸入住宅は良いも悪いも昔から変わらないデザインというのがポイントで、新しい、古いというのがあまりありませんし、玄関ドアの供給メーカーさんも、デザインを崩さない商品を出しているからです。

サイディング外壁が一番難しい

外観ポイント2.サイディング外壁で奇をてらわない

次はサイディング外壁に関してです。

サイディングは、殆どの家の外壁がつかうもので家づくりにおいて、一番使われている部材です。

こちらも玄関ドアのポイントと似ています。

  • サイディングも時代の流れがある
  • サイディング外壁はあくまでサイディング

の二つです。

一つ目は、時代の流行り廃りがあることで、逆に10年後に古臭いデザインになってしまう事が考えられます。

外壁メーカーさんも、毎年【新しいデザイン】を出してきますので、“新しいもの好きな方”は要注意かも^^;

家は、そこに何十年と建っているものになりますし、その時の感覚で選ぶというよりも、飽きの来ないデザインを選んで頂いた方が無難です。

『なんか時代を感じる外壁だよね~』

とならないように。

あくまで『古く見せない為には?』ですので、『そのデザインはダメ!』と言いたい訳ではありませんので^^;

サイディングはあくまでサイディング

そして、二つ目のサイディングはあくまでサイディングという話ですが、

サイディング自体は、工期の短縮、価格が安い、加工がしやすい、などのメリットがあります。

そして、そのメリットがあるために、例えば、サイディングの中には、レンガ調、木目調、○○調、といった色々なデザイン、しかも中には本物と見分けがつかないようなものも今は選べるようになっています。

その時に、『何となく』でレンガ調、○○調のサイディングを選んだりする事は、少し注意して頂きたくて、

理由は、

  • サイディングのつなぎ部分(目地)を見れば、サイディングと結局わかる
  • 経年変化を考えると、時間が経てば経つほどサイディング感がでてくる

ためです。

上記二つの理由から、○○調は、必要以上に古さと摸擬感が出てきてしまう場合も多かったりします。

*と言いつつもウッド調のサイディング、ラップサイディングなどの木目でデザインするものは、そこまで繋ぎ目(目地)が解り難いです。

ということで、こちらもシンプルなものを選ぶ方が無難かもしれません^^

サイディング同士の貼り分けが一番難しい!

また、こちらも注意して欲しい所で、

例えば、上下階でサイディングを貼り分けたり、上下の窓に合わせてサイディングで家にラインを入れたりしている家もお見受けします。

ですが、建築側(プロ)から言うと、『サイディング同士の貼り分けが一番難しい!』です。

それぐらい、センスが問われるのがサイディング同士の貼り分けということを覚えておいて頂ければとも思います。

もし張り分けを考えるのであれば、

  • 素材をかえる。
  • 段をかえる(凹凸で別けていく)

は必ず守って頂ければと思います。

素材を変えるのはご理解頂けるかと思います。

段をかえるというのは、張り分け部分の継ぎ目が解らない工夫です。

サイディングの貼り分け

画像のように、張り分けが自然にできる感じであれば、違和感も少なく済むかと思います。

外観ポイント3.外壁の汚れ対策を考える

最後は汚れ対策です。

汚れが一番古さを感じる所ですので、この対策はしっかりと考えておきたい所ですね。

外壁の素材自体は、耐久年数もあがってきているのですが、

そこよりも気にしたいのは

  • “雨だれなど”で、劣化というよりも“汚れ”です。
  • …特に窓周りの汚れ^^;

最近では、窓周りにつく雨だれ防止として、窓の下に、ウケを設けたりしている工夫も見られますので、そういったものを採用する事も考えられますが、少し窓が強調しすぎる感があるので、こちらは賛否両論です。

一番良い方法は、“しっかりと庇をかけてあげる事”かとも思います。

庇をかけてあげることで、外壁の劣化スピードも多少は緩和されますしね。

 

雨だれ対策

簡単ですが、上記3つのポイントは意識をし直して頂ければとも感じます。

外観ポイント、その他

家を古く見せないための究極の外観は、

  • 家を外から見せない!

という話にもなるかもしれません。

外から見えなければ古いと言われることもないので^^;

  • 外構で家の外観をなるべく隠す
  • 平屋建ての家や、手前側に一階部分のみを配置し、奥(道路から離れた所)に二階部分をつくり見せにくくする事も一つの工夫だったりします。
  • 延長敷地などの土地であれば、そもそも外から見えにくい。
    *延長敷地は、外構もお金をかけるべき所が限られますし、意外とありなのかもしれません^^

ということも考えられますね^^

外構で隠す

建売住宅から学ぶ

もう少しだけ。

現実的な話をするのであれば、俗にいうローコスト系の住宅は、上記であげた3つのポイントが守られていない家もたまにあります^^;

全てではなく、一部です。

新築で買った建売の一年後、かなり中古な感じに

となる建売住宅もあるように感じます。

こういった外観を反面教師として、『あ、こういう感じは古く見えやすいかも!』と建売住宅をつかって家の外観に対しては勉強して頂くのも一つの手かとも思います。

タイル外壁だから安心??

また、最後に、予算UPが伴いますが、タイル外壁に関しての話をしてみたいと思います。

タイル外壁にした場合、上記ポイントの3つ目の汚れに対しては、ある程度安心する事ができるかもしれません(劣化もありませんので^^;)

また2つ目の貼り分けも、タイル同士で色を貼り分けると考える方も少ないかと思うので、そちらも気にする必要はないかもしれません。

さらにさらに、

タイルを貼ることで、家の壁に厚みが出てきますので、家の重厚感は出てきて、良いことづくめな感覚もあります。

ですが、中には、

『はい、タイル貼りました!』という感じの家もあったりしちゃいます^^;

せっかく重厚感のでる外壁材だけど、何となく薄い感じになってしまうデザインとならないように、より家を素敵に見せる工夫なども考えて頂ければと思います。

…あくまで外観として捉えた場合です^^;

  • 玄関を見せない
  • 窓配置を考える
  • 家としての凹凸感を考える
  • 外構を考える

など、バランスを考えて頂ければと思ってたりします。

ではでは。

↓↓↓参考記事はこちらから↓↓↓

先回の記事:浸水被害をどうカバーする?(対談企画)

先々回の記事:e戸建5回目のコラム掲載~会社を決める前にしておきたい2つのこと~

過去の記事:間取り相談【お客様の声】

【絶対!素敵な家にする!vol.2】

本当に、その間取りで契約しても良いの??
~トキメク!うっとり!ビフォーアフター!10個の間取り実践講座~

 

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

電子書籍、好評発売中!

 

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

*気軽にお問合わせくださいね♪

Rebroathome

関連記事

リショップナビ②

【リショップナビ対談企画②】カスタマーサポートってどんな人??

リショップナビさんとの対談企画②:カスタマーサポートってどんな人? ...

記事を読む

リフォーム業者比較

【リショップナビ対談企画】インターネットでリフォーム業者を探す!?

今回から、3回に渡って、リフォームの話をさせて頂ければと思っております...

記事を読む

注文住宅を建てるなら!?

注文住宅を建てるなら!

はい、今回は2つの話題から『注文住宅を建てるなら!』という話を...

記事を読む

e戸建06

e戸建6回目のコラム掲載しました!

ようやく少しすごし易い気温になってきましたね^^ さてさて、毎月...

記事を読む

新着記事

e戸建7回目&9月は決算月

e戸建7回目のコラム掲載!、、と9月は会社の決算月!!

*e戸建コラム7回目:家の施工品質と瑕疵担保のお話し e...

記事を読む

リショップナビ②

【リショップナビ対談企画②】カスタマーサポートってどんな人??

リショップナビさんとの対談企画②:カスタマーサポートってどんな人? ...

記事を読む

リフォーム業者比較

【リショップナビ対談企画】インターネットでリフォーム業者を探す!?

今回から、3回に渡って、リフォームの話をさせて頂ければと思っております...

記事を読む

注文住宅を建てるなら!?

注文住宅を建てるなら!

はい、今回は2つの話題から『注文住宅を建てるなら!』という話を...

記事を読む

北側道路の土地での間取りの取り方【実践】

ブログ(過去の記事):土地を買うなら、北側接道...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

e戸建7回目&9月は決算月
e戸建7回目のコラム掲載!、、と9月は会社の決算月!!

*e戸建コラム7回目:家の施工品質と瑕疵担保のお話し e...

リショップナビ②
【リショップナビ対談企画②】カスタマーサポートってどんな人??

リショップナビさんとの対談企画②:カスタマーサポートってどんな人? ...

リフォーム業者比較
【リショップナビ対談企画】インターネットでリフォーム業者を探す!?

今回から、3回に渡って、リフォームの話をさせて頂ければと思っております...

注文住宅を建てるなら!?
注文住宅を建てるなら!

はい、今回は2つの話題から『注文住宅を建てるなら!』という話を...

北側道路の土地での間取りの取り方【実践】

ブログ(過去の記事):土地を買うなら、北側接道...

→もっと見る

PAGE TOP ↑