これからの家づくり

【2019年度版】これからの家づくり

投稿日:

今日は、“これからの家づくり-2019年版”というテーマで大胆に!!笑

お伝えしていきたいと思います。

あくまで家づくり相談をしてきて、、、また色々な方と話をしていて(住宅関係以外の方とも)思う事を書いてみたいと思います。

KAI君

2019年は、“個性”が際立つ注文住宅が増えていく!?

家づくり、特に“注文住宅の今”は、気密・断熱性能といった家の性能だけで売れる時代でもなくなってきている気がします。

という話は、3年ぐらい前から少しづつ、このブログでもお伝えしてきていましたが、

2019年以降は、新元号に変わることもあって、“新しい時代へ向けた意識”というのがより顕著に出てくるようにも感じます^^

家づくりでも、そういった意識は出てくるでしょうし、戦後から続いてきた

  • 総二階の真四角な家づくり
  • 標準仕様の家づくり

というものに、飽きがきているタイミングなようにも思います。

*もちろん、総二階の真四角な家でも、考え抜かれたシンプルさ、綺麗さ、というのもあるので、それがダメという話でもありません。

ですが、

今の注文住宅を考えると、

  • 断熱性能のベースは、ZEH(ZEH+)の基準
  • 気密性能は明確な基準値が設けられていませんが、C値=1.0前後

は比較的、容易にクリアできる会社さんが多く出てきていることから、これだけでは家が売れない時代になっているようにも思います。

もちろん、気密・断熱性能などの家の性能は、目に見えない所ですが大切な要素ですので、しっかりと考えないといけません。

ですが、

例えば、

気密性能を

  • C値2.0→1.0にするのに+100万円
  • C値1.0→0.5にするのに+200万円
    *金額は個人的な感覚です。

であれば、C値を1.0→0.5にする200万円が本当に必要なのか?を考える必要があるようにも感じます。

断熱性能を

  • Q値2.0→1.0にするのに+100万円
  • Q値1.0→0.5にするのに+200万円
    *金額は個人的な感覚です。

であれば、気密性能と同様に、Q値を1.0→0.5にする200万円が“本当に必要か?”を考えるべきだと思います。

*C値1.0、Q値1.0の家であれば、かなりの高気密・高断熱住宅になります。

*耐震性能に関しては、耐震等級3はなるべく取るようにして下さいね。

400万円をつかって

シンプルに、例えば、気密・断熱性能の上記の400万円をつかって、【家の坪数を5坪増やす】だけで、例えば、収納量が一気に増えますし、広げたい部屋を広げることも出来ます。

400万円という金額であれば、恐らくですが、30坪→35坪へと増やせるかと思います。

なので、そこまで増やさなくても33坪ぐらいにして、残りのお金で内装、外装に拘るなどしても良いかもです。

はい、これからの家づくりは、“何をどこまでこだわるのか?”を考えられるタイミングで、家づくりを考える方は、是非考えて欲しい所だと思います。

結ちゃん

デザインに特化すれば良い!!!という話ではないけど、、、デザインが大切に!?

色々な職業が、新しいジャンルで、分野で、出てきていますし、副業をされる方も増えてきています。

そういった背景を考えれば、“みんなと同じ”という意識は特に“注文住宅を建てるなら”を考えると、面白くないな~と考える方も増えているように思います。

…はい、私はそう思います^^;

その時に、性能だけで満足するのではなくて、

  • 外観
  • 内装のインテリア

等にも力を入れたい!と思われる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、この時に、

  • 真四角の総二階にならないように、家をボコボコさせれば!
  • 今流行っているから“ブルックリンに!”

と簡単に流行で決めるのではなく、どんな生活、ライフスタイルを送りたいのか?送ってきたのか?を考えて、デザインも決めていきたい所ですよね。

個人的にはデザインといっても、“家の持つ機能美”はとっても大切だと思います^^

建築写真

“デザイナーを探す”所から家づくりは始まるかも!?

という事で、これまでの家づくりは、家をつくってくれる所を探す時代だったように思います。

『家が欲しいな~』と思ったら、

  • 『じゃあ家を建ててくれる会社さんを探そう!!』という今までの発想。を、これからは、
    ↓↓↓
  • 『自分たちの好きな家づくりをしてくれそうな、、、このデザインをしてくれそうな、、、提案してくれそうな、、、○○さんを探そう!』という発想。

の方が良いのかもしれません。

その上で、

  • 気密・断熱性能を満たしてくれる
    (耐震性能も当然に)
  • デザインを表現できる
  • 価格をお値打ちに

つくってくれる施工会社さんを探す!

のがしっくりくるのかな~とも思ったりします。

あくまで、家づくり相談をしてきた中での感覚の『これからの家づくり、2019年』でした。

と言っても、2019年以降、という表現が正しいかもですが…^^;

【↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓】

1.消費税増税前の駆け込み需要は施工があれる??

2.ハウスメーカー1、工務店2、建築家1が理想のバランス??

3.そろそろデザインが最初で家づくりをしても良いかも??

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震に強い家

今こそ読んでもらいたい記事007:地震に強い家を建てる

平成28年熊本地震により被災された皆様に対しまして、心からお見舞い申し上げます。 熊本地震から2週間強、まだまだ予断を許さない状況の中、少しづつ、今回の地震の概要が明らかになってきており、今回の記事は …

上棟打合せ

上棟打合せ

今回は、上棟打合せに関してのお話です。 上棟打合せ …って何…? と思われるかもしれませんので、簡単に説明ですが、 新築工事が実際に始まった後、 家の上棟と言って、屋根がかかるタイミングがあります。 …

消費税増税の前と後、、、

家づくり、消費税増税前・後、、、どっちがお得!??

さて、いよいよ2018年も終わりに近づいてきましたね。 今年一年を振り返ってみて、出来たこと、出来なかったことあるかと思いますし、私も第三段目の電子書籍の作成は進まずにいてます^^; ただ、新しい取り …

間取りと外観2

間取りと外観ってどんな関係?part2

先回の続きの記事を書いていきます。 先回は、ハウスメーカー時代の私の経験の話や、実際の外観例をだして、外観は後からどうにかなる。 という話をしました。 先回の話をした上での話ですが、間取りを先に考えて …

パッシブハウス

パッシブハウス+風通しの家づくり

パッシブハウスとは: ドイツパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅である。建物の性能を上げる事により、高性能の熱交換器による空調設備だけで、アクティブな冷暖房器具が不要。| …