Rebroathome これからの家づくり 構造・性能

今の家づくり、耐震性能、構造の考え方はこう変わった!

投稿日:2018/02/26 更新日:

耐震性能、等級の考え方はこう変わった!

とあるお客様の相談:

『牧原さん、構造って、、、』

鉄骨が良いの?木造が良いの??

『…あと、この立地状況だと、外からの振動や騒音(線路が近くて)がとっても気になってて…鉄骨メーカーさんは、耐震性能は鉄骨が良いと言うし、木造メーカーさんは、等級は変わらないと言われて…』

という相談がありました。

この話はとっても大切なように感じたので、少し皆さまと共有していきたいと思います。

先ずは耐震性能の基本的な考え方

そもそもの話をしますが、今の時代、“2階建て”において、基本的な耐震性能を考えた際、木造が劣る、鉄骨が勝るという事は言えないように感じます。

理由としては、

  • 木造の進化

が大くあります。

また、そもそもの話をすれば、家の耐震性能を測る明確な判断基準は、木造でも鉄骨でも、

になるかと思います。

それしか、公平に測るものはありません。

そして、耐震等級ですが、今は、最高ランクの等級3を取るのは、鉄骨、木造、両方ともに当たり前のように取れる時代です。

つまり、木造でも十分に耐震性能の高い家づくりが可能!という話でもあります。

因みに、これ以外で、よくよく耳にするのが、

営業マン:

『弊社は、この構造を採用していて、耐震等級は3以上あります!』

という話も出てきますが、【それ以上!】というのは、“言ったもの勝ち”の世界になってしまいます^^;

あくまで、公平に判断する事を考えると、耐震等級3が耐震性能の最高ランクになりますし、それ以上という話をし始めると逆に判断基準が逆にブレてしまいます^^;

*例えば、そういった話があっても、実際の家で、最終的には耐震等級2になったりする事もありますので、ここら辺の話は、あまり信憑性もありません^^;

では、これ以外にないのか?

を考えると、

という話は、もう一つの判断基準になりえる!と思います。

耐震等級の詳しい話は、上記リンクを読んで頂ければと思いますが、構造計算をした方が、正確な家の強さを求める事が出来、部材指定なども出来るので、より耐震性能で安心を得ることが出来る。

と思って頂ければです。

つまり、

  • 構造計算をした上で、耐震等級3を取る

が最高等級の耐震性になる、とも言えます。

『普通は構造計算しないの??』と思われる方も多いと思いますが、木造(ハウスメーカーさんの軽量鉄骨も含む)の二階建てまでは、通常は構造計算までせずに申請をだすことができるのです。

構造計算の簡易版である、壁量計算というもので、耐震等級は割り出せるのが今の家づくりの仕組みですが、

  • 単純に壁量計算などから耐震等級3を取る

とでは、同じ耐震等級でも安心感は違いますので、この構造計算は、少し意識してもらうと良いかと思います。

Rebroathome02

木造か?鉄骨か?で家づくりを考え始めるのはダメ!

という事で、話を戻します。

上記の話からも何となく感じるかもしれませんが、

そもそもの話として、

  • 木造か?鉄骨か?で家づくりをしてはダメ!!

です。

公平な立場から言うと、木造二階建てまでであれば、正直どっちも変わりないです。

  • 1.耐震性能は高いレベルに全体が来ている
  • 2.木造でも耐震等級3は取れて当たり前
  • 3.構造計算をすれば、より正確な強度計算が出来る為、より安心

という理由からです。

そして、【構造計算+耐震等級3を取る】は、どの会社さんでも対応はできる状況だからです。

あなたの家の構造の決め方

では、どのようにして、自分たちの家づくりの構造、耐震性能を考えていけば良いのでしょうか?

はい、今の家づくりであれば、

耐震性能が気になる方であれば、

  • ①.自分たちの納得する間取りを決めた上で
    →②.耐震性能をどうするか?

を考えて頂ければ大丈夫です。…この順番を間違えないで下さいね^^

その上で、予算の事、気密断熱の事、など色々な要素を含めて、

『こんな提案の家に住みたい!!!』

『でも、耐震は気になる!この間取りだったらどんな構造を採用すれば良いんだろう?』

と決めて行っていきましょう。

先ずは、自分たちの納得できる間取りをつくる!

はい、ということで、例えば、以前のブログでお伝えした図面で、

家のデザイン、窓を変える

こういったコーナーに開口を設けた家づくりの提案が出てきたとします。

提案者:

『このようにすれば、外からの目線を遮りつつ、プライベートな中庭を作れます。』

『これだけ大きくコーナーに窓があれば、家の中もかなり開放感が出てきますよ^^』

というような提案を聞いた時に

お客様:

『これは素敵!!!!』

『こういった間取りがしたいな~』

と感じれば、

この間取りで耐震等級3を取る為に、必要な工法は??

を考えれば良いんです。

それによって、

  • 予算的に鉄骨はダメ!
  • 木造でも壁が必要な2×4工法はダメ!
  • 木造在来工法でも、金物ピン工法にしないとダメだ!

という選択肢になる、という話ですね。

*耐震等級を考えなければ、どの構法でも大丈夫かもしれませんが…^^;

はい、先ずは自分たちがトキメク間取りづくりから考えれば良いんです。

これまでは、構造から入った家づくりが多かったのですが、今は違いますので、是非、順番の違い、意識してみて下さいね^^♪

上記のお客様の質問に答える

話を一番最初に頂いた質問に戻します。

頂いたご質問のように、

  • 『騒音や振動などが気になる』
    →であれば、音の侵入を防ぐ為に、気密・断熱性能にはこだわる必要があります。

気密・断熱性能には音の問題の解消という話も出来るためで、

という事であれば、

  • 断熱材はグラスウールをつかうよりも、
    発砲系の断熱材をつかった方が良いかもしれません。
  • 窓も、
    部分的にはトリプルガラスなどを採用する必要性も出てくるかもしれません。
  • 換気は、
    第一種換気システムを採用して頂くと良いかもしれません。
    *第一種換気システムは、家にあく、穴の数(換気口)を大きく減らす事が出来る為、より音の侵入が防げるようになったりします。
  • そもそも気密・断熱性を考えるなら、
    鉄骨は外した方が良いかも…

と言った色々な対策を考える事が出来ます^^

これらの対策は、どの会社でも、そこまで費用が変わらずに、採用する事が出来ます。

予算とのバランスを考えて、これだけは採用しようかな!を考えて頂く事も出来る時代になってきている状況です。

*ローコスト住宅やハウスメーカーさんだと、逆にこういったフレキシブルな対応は出来ないのも現状ですが、先ずは、こういった考えをもって、家づくりに取り組んで頂く事が良いのではないか?と思っております。

Rebro at homeからのお知らせ

突然ですが^^;

「Rebroathome」家づくり相談のキャラクターを作りましたので、お披露目です^^笑

キャラクターを作る!は、今年の目標の一つであったのですが(…何を考えてるんだ!と言われそうですが💦)

ようやく出来たので、少しだけご紹介させて下さい^^

KAI君とYUIちゃんです。

KAI君とYUIちゃん

…すみません、まだ実は試作段階ですが💦

また、ご紹介をしていければと思います^^

KAI君とYUIちゃん、よろしくお願い致しますorz

↓↓↓参考記事はこちらから↓↓↓

参考記事1:同じ間取りだけど、耐震等級、A社は2だけど、B社は3

参考記事2:木造二階建てに構造計算は必要??

参考記事3:絶対素敵な家にするvol.1~工務店ファーストであなただけの会社を見つける3つの条件~

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-Rebroathome, これからの家づくり, 構造・性能

執筆者:


  1. […] *先回の記事:今の家づくり、耐震性能、等級の考え方はこう変わった! […]

  2. […] 先回の記事:今の家づくり、耐震性能、等級の考え方はこう変わった! […]

  3. […] 過去の記事:今の家づくり、耐震性能、等級の考え方はこう変わった! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

早く暖かい家が欲しい!

気密・断熱性能で“先ず!”知っておくべき3つの事

先回の2017年の家づくりから、今回の記事まで、愛知県では珍しく、全地域が大雪になりましたね。 …私も体調を崩してしまったりと、大変でした^^; “新しい家は、暖かい家が良いな~” と本気で思われる方 …

年末年始の過ごし方

【2015-2016年版】家づくりで年末年始の過ごし方

2015年も残り2週間と少しとなりましたね。 少しご案内が遅くなってしまいましたが、昨年、このブログでお伝えした話を今年もさせて頂ければと思っております。 年末年始の過ごし方に関して、 …意外と重要な …

家の外壁、デザイン

家の外壁、外観の出来れば避けたい3つのデザイン

今回は、家の外壁、デザインの話です。 …家づくりを検討している方としては、“どんな家の外観にしようかな~??”は気になる所だと思います。 飽きの来ない外観 目立ちたい 周りと強調制を出したい など、色 …

ハウスメーカーの値引きの今

最近のハウスメーカー、3つの流れ

今回は、久しぶりに??ハウスメーカーさんの話。 最近、家づくり相談を通じて、ハウスメーカーさんの流れの変化を感じつつありましたので、少しまとめてみたいと思います。 少し中心的な3つの流れをつらつらと書 …

建築家X現場見学会

【現場見学会】建築家Xと家づくりを学ぼう!

建築家Xとの現場見学会のご案内です^^ *建築会社さんへのコンサル事業としてのお試し企画でもあり、Rebroathomeとして企画&主催です。 ーーー はい、先回の無料対談セミナーから登場して …