Rebroathome これからの家づくり ハウスデザイン

家の外観を考える、契約前…それとも後??

投稿日:2017/11/11 更新日:

家の外観を考える

先日、家づくり相談者さんの契約後の打合せに参加させて頂きました。

その方は

契約前から間取りのアドバイスからかなりガッツリ^^していた事もあり、契約後の打ち合わせにも呼んで頂きました。(契約後は初めてですが…)

打合せに行った時は、ちょうどお施主様の家の外観(ファサード)を考える日でした。

私は、思わず、

『よし、今回は家の外観の打合せなんだな!契約前に気になっていた事を今日、建築会社に聞いてみよう!』

と、特に“家の外観”の打合せのタイミングを意図していなかったのですが、丁度そのタイミングだった事もあり、思わずガッツポーズ。

…何を言っているのか?

をこれから話していきますね^^;

契約前に気になっていた家の外観

今回のお施主様(相談者さん)には、実は契約前から、間取りアドバイスは色々とさせて頂いておりました。

むしろ、半分ぐらいは、お客様と私で考えちゃっていた状況だったりしていて…^^;

普通の建築会社さん、担当者さんであれば、私のような第三者が横から『あ~でもない、こ~でもない』と介入する事は、“面白くない”とも関じると思いますが、その会社さんは、快く承諾して頂いていた事もあって。

先ずはこの場を借りて御礼を^^;

契約前の提案では、外観は後回しに

家づくりの間取りアドバイスを行う際、

  • 既にある程度間取りが出来上がってる事も多いです。
  • また、アドバイスする際は、色々と建築会社さんにも気を使います。

もしかすると、アドバイスした事に対して、

  • これは弊社では出来ない!
  • お金がこれだけあればやれるよ!

と言われる可能性があるためで、特に、家の提案の中で、

  • 外観
  • 窓配置

に関しては、とっても気を遣います。

その為、通常の間取りアドバイスは、

建築会社さんの名前を聞き事前にその会社さんの施工事例などを見てから

(*教えてもらえない場合は、最低でも、ハウスメーカーさんか?工務店さんか?建築家さんか?ぐらいは聞き)

どれぐらいのアドバイスが出来る会社さんかな?

を見極めながらしています。

その為、外観に関しては、【あくまで、その間取りに合わせて、整える】程度でこれまでアドバイスしてきたのですが、今回はがっつり中に入れて、私としても楽しくアドバイスが出来ました。

こんな家の外観になりました(Before:After)

因みに、今回の契約後の打合せが終わった時に感じた話ですが、

  • 『あ、お相談者さんも契約前の外観は、何となく納得していなかったんだな~』

と思いました。

長々と言っていますが、実際に見て頂いた方が早いですね^^;

↓↓↓Before↓↓↓

家の外観(Before)

契約前の間取りの一部と、道路側から見た家の外観(写真右)です。

(*もとの間取りと外観とは、少し変えて、私の手書きとさせて頂いております。)

という契約前の間取り提案でした。

何となく、玄関ポーチとバルコニーなどのツギハギ観が気になりつつ

そして、

今回の打合せで、

  • お施主様
  • 建築会社さん

の3者が納得した家の外観が、

↓↓↓After↓↓↓

家の外観(After)

となりました。

  • バルコニーをぐるっと回す事で家の外観に一体感を出した事。
  • 凹凸をシンプルにして、家の奥行感を出す事。
  • また、バルコニーの意外な使い方を話あった事。

です。

…良し悪しの感じ方はそれぞれかとも思いますが…その場にいた3者はとっても納得。

『やっぱり、直接お話しした方が、良いアドバイスは出来るかもな~』と、とても有意義な打ち合わせになりました。

家の外観を契約後に考えるのは有り??

少しその時のやり取りをご紹介しますね。

【その場での3者のやり取り】

私:『この家の外観を考えると…、玄関ポーチ部分を本当はバルコニーにした方が絶対良いですよ…』(ここでお客様の反応を少し見ながら^^;)

私:『○○さん(その会社の担当者さん)今、ちょっとPC上で変更してもらえます?』

私:『…因みにこのバルコニー変更って、どれぐらいの費用UPになるんですか?

↓↓

担当者さん:『はいはい、解りました^^』

担当者さん:『う~ん、費用UPか~、、5~6万円ぐらいじゃないですか?』

(変更した外観を見て、予算UPの話を聞いて)

お客様:『え、費用UPがそれぐらいで済むなら、この外観が良いじゃん!』

という感じで、打合せが進みました^^

先ほども言いましたが、契約前の間取りアドバイスの際は、

家の外観に関しては、

  • 先ずは、予算を考えて
    *予算はいくらでも、というお客様も少ないので^^;
  • 構造的に対応できないかもしれない
  • 後々、費用がいくらUPするか解らない
  • そもそもこういった変更に対応してくれる会社なのか??

という色々な不安要素もあった為、先ずは間取り(中身)のアドバイスとしていました。

ですが、この建築会社さんは、

  • パソコンをつかって、色々とその場で変更をしてもらえる会社さん。
  • 現場対応力もかなり高い会社さん。
  • 費用UPも殆ど気にしなくていい会社さん。

という事が解り、最終的には、今回のような打ち合わせができ、『なんか、良い感じ』になって終える事が出来ました。

今回は、たまたまそういった会社さんだったから良かったものの、

もし、

担当者さん:『う~ん、このようなバルコニーにしたら』

  • 『50万円ぐらいUPですかね!』
  • 『そもそも、これは出来ません!』

という会社さんだったら、今回の話はありえません。

家の外観、いつ考える??

という事で、家の外観も出来れば契約前に色々と検討してもらえると良いかと思います。

上記でお伝えしましたが、【理想的な家の間取り(中身)が出来てから、外観は整える】という建築会社さん、担当者さんも多く、ほっとくと、そのまま家が建ってしまいます。

それでも、この記事を読んで頂いて、今現在、

  • 『…何となく納得いかない家の外観だな~』と感じている方
  • 『…自分たちも外観が気になっていた!』となった方

は、是非、今からでも軌道修正をしていただければと思います。

この記事が、『自分たちが理想的な外観ってどうだろう??』を契約前に考えるきっかけとなれば幸いです。

大切なのでもう一度お伝えしますが、建築会社さんの家の提案の考え方として、

【理想的な家の間取り(中身)が出来てから、外観は整える】

という会社さんが多い、ということ。

家が建ってしまった後で、もっとも変えづらくなってしまう外観ですので、出来るだけ早いタイミングから検討するようにしましょう。

  • 契約前の会社選び
  • 自分たちにあった家の外観づくり

なども考えてみて下さい^^。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

関連記事01:その間取り、トキメク間取りになってます?

関連記事02:木造ラーメン構法(工法)徹底比較

関連記事03:家のデザインを考える!価格UPの応用編

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-Rebroathome, これからの家づくり, ハウスデザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今の家づくり、耐震性能、構造の考え方はこう変わった!

とあるお客様の相談: 『牧原さん、構造って、、、』 『鉄骨が良いの?木造が良いの??』 『…あと、この立地状況だと、外からの振動や騒音(線路が近くて)がとっても気になってて…鉄骨メーカーさんは、耐震性 …

ホームシアター

家づくり、新築時だからこそ、ホームシアターのセットも考えてみるのもあり!??

自宅でホームシアター 『よーし、今日は、家で映画でもみようか!』 リビングのソファーに座りながら、家族や友人とそんな話に。 『ちょっとまってね!』 と、ご主人様がおもむろにボタンを押すと 自動でカーテ …

注文住宅を建てるなら!?

注文住宅を建てるなら!

はい、今回は2つの話題から『注文住宅を建てるなら!』という話をしていきたいと思います。 一つ目は、 住宅金融支援機構さんから出てる2017年の家づくりの統計データ の話です。 こういったデータを年ごと …

ハウスメーカーさんで家を建てる方の為の8日間のメルマガセミナー開催!!!

『あ、○○メーカーさんの家だ!あそこは高かったね~』 『私たちは○○の○○さんで建てた。色々な家づくりがあるね~』 『なんでこんなデザインにしたんだろう?なんかもう少し拘れたんじゃないか?って少し思っ …

価格、面積、考え方、家づくりの統計データ

今回は、価格、面積、考え方、家づくりの統計データをご紹介していきたいと思います。 住宅金融支援機構さんの統計データで、直近の3年間のデータを元にデータの推移などを見ていきたいと思います。 元データの情 …