これからの家づくり ハウスデザイン

家の外壁、外観の出来れば避けたい3つのデザイン

投稿日:2016/11/24 更新日:

家の外壁、デザイン

今回は、家の外壁、デザインの話です。

当然ですが、家は一度建ててしまうと、その先、何十年とそこに在るものとして存在していきます。

家づくりを検討している方としては、当然、“どんな家の外観にしようかな~??”は気になる所ですよね。

  • 外観を考える時のポイントの一つに“外壁を選ぶ!”

があるかと思います。

その際、建てた家が20年後、30年後

  • 古くてもビンテージ感が出てる
    →『なんとなく、良い感じ♪』な外観
  • 昔の家だな~と思えてしまう
    →『これは嫌だな~><』という外観

の二つの違いが出てくるかと思いますが、古くてもビンテージ感の出る、“何となく良い感じ♪”となるような外観づくりを考えていきたい所ですよね。

因みに、外壁素材は、流行り廃りがどうしてもあり、その流行りは、少しづつ変化していきますので、そもそもの時代感を感じさせない外壁選び、デザインというのは、意外と難しい所もあるかとも思います。

家の外壁、デザインを考える

そこで、今回の話ですが、家の外観を決める為に、外壁やデザインを考える際に、抑えておきたい基本的な知識として、3つの豆知識をご紹介してみたいと思います。

今回の3つの豆知識を知っていると、

例えば、住宅雑誌を何冊か手に取って、“何となく綺麗な家だな~”、と思う家に共通している項目だったりしますので、是非覚えて頂ければと思います。

3つのポイントは

  • 同一平面での単純な外壁の張り分けをやめる!
  • 同じ外壁素材での張り分けはやめる!
  • 3種類の素材の張り分けは、かなりセンスが問われる!

の3つ。

はい、今回の話は、基本的に外壁の張り分けに関する話です。

それぞれ解説していきたいと思います。

また、外観(外壁)をみすぼらしくさせる要因の一番でもある、“雨だれによる汚れ”は、ここではお伝えしませんが、庇をしっかりとかけてあげる事は意識していきましょう。

01:同一平面での単純な外壁の張り分けはやめる!

先ずはイラストを見て頂き、

外壁の張り分けの悪い例と良い例

の違いを見て頂ければと思います。

外壁の張り分けイラスト

イメージとしては、外壁を張り分ける時は、

  • 少しでも凹凸を出し事
  • 窓を集める事

がポイントになるかと思います。

左側のイラストを見て頂くと解りますが、張り別けを考えるのであれば、

  • 同一平面上での張り別けはNG
  • 窓はなるべく集める

が基本です。

“凹凸の出し方”に関しては、

  • 間取りでそもそもの凹凸を出す
  • 外壁の二重張り
  • 壁を一つだけ引っ張る

などをする事で、上手く外観を表現する事が出来ます。

また、

  • 窓を出来るだけ集める事
  • 窓のラインを意識する

事で、家がまとめる感覚に出来ますので、覚えておきましょう。

因みに、

凹凸が出せない場合は、“素材を変える”事で、少しだけ凹凸を出す事も検討して頂くと良いかもしれませんし、間取りで、窓がどうしても集約できない!という事もあるかと思いますが、ここら辺は設計者さんのセンスによる所も大きいので、そこら辺は担当者さん選びが重要になってくる場合も出てきます。

外壁デザイン例01
*外観の違い。

02:同じ外壁素材での張り分けはしない!

また、外壁の張り分けは、

素材が異なるような張り分けを考える事

も出来れば抑えておきたいポイントと言われています。

例えば、サイディング同士の張り別けというのもありますが、あまりお勧めされておりません。

勿論、サイディング同士でも、ガラの強弱や濃淡は意識しつつ、凹凸を利用して、カッコいい張り別けも出来るとは思いますが…。

外壁デザインの張り分け例02

写真のように、同じサイディングでも凹凸を出しつつ、センス良く張り分ける事は、実際に家づくりをして頂くと、意外と難しさを感じる所かと思います。

03:3種類の素材の張り分けは、かなりセンスが問われる

上記2つの事を意識して外観づくり(外壁デザイン)を考えて頂くだけでもかなり外観としては違う見え方になるかと思いますが、もう一つだけ!^^;

それが、3種類の素材の張り別け方です。

こちらも基本的な話として(デザインセンスがものすごくある建築会社さんの担当者さんは除いて)張り分けは2種類で留めておいた方が無難と言われています。

  • ワンポイントでアイアンを使う
  • ワンポイントでウッドを使う

などであれば、問題ありませんし、

家の大きさ(外からの見え方)によっては、3種類の張り別けをした方が良い事もあります。

因みに、ワンポイントというのは、

  • 玄関だけ、
  • 窓枠だけ、
  • アイアンデザインを照明と併せて

などの事です。

家の外壁デザイン実例03
*写真のようなワンポイントで使うのをイメージして頂くと解り易いかもしれません。

気を付けたポイントとしては、3種類を普通の家で組み合わせる事は、ゴチャゴチャ感が出やすいです事です。

まとめ:最終的には提案者さんの力量?

はい、上記の3つは、是非意識して頂ければと思いますし、外観づくりの本などにも、同じような話は言われていますので、覚えておいて頂ければと思います。

また、今回の話、実は結論的な話をしてしまうと、外観づくりは、最終的に、間取り提案に寄ってくる所も大きく、最終的には提案者さんの力量が、かなり重要になってきます。

  • 外観は外観、間取りは間取りで別けて考えるのではなく、
  • 間取りを考える時に、しっかりと外観も考えてもらう!

という話ですね。

担当者さんの中には、

先ず、間取りを詰めてから、外観は後から!

といった感覚の方もいますので、お客様から、担当者さんに、要望として出して頂いても良いかとも思う所です^^;

↓↓↓このブログでご紹介したリンク記事↓↓↓

先回の記事1:工務店・建築家で家を建てるなら、知っておきたい3つの知識

参考記事1:ハウスメーカーさんでやると高い間取って知ってる??

参考記事2:ハウスメーカーと工務店の違い:窓

参考記事3:近代建築の五原則

↓↓↓家づくりの無料メール相談↓↓↓

メール相談

↓↓↓【愛知エリア】家づくりの無料相談↓↓↓

家づくりの無料相談

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, ハウスデザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

火災保険

家の火災保険を考えるなら今!

家づくりにおいて、火災保険というのを考える必要が出てきましたね。 気になる火災保険の記事の内容はこちら 火災保険、10年超引き受け停止へ 損保大手来秋にも 自然災害増加で収支悪化  損害保険大手が、1 …

2016年あけましておめでとうございます。

2016年、皆さま、あけましておめでとうございます。 2016年がいよいよ始まりましたね。 本年もよろしくお願い致します。 この家づくり教室のブログも4年目になりますが、今年も家づくりの話、特に注文住 …

住む人が健康になる…

住む人が健康になる「本物の家」の建て方【おススメの本のご紹介】

住む人が健康になる「本物の家」の建て方(小学館101新書)【電子書籍】[ 嘉村正彦 ] はい、最近ご好評頂いている本の紹介ですが、それに伴い、私自身も最近、再度、家づくりの情報発信を見直そうと本を読ん …

2階リビングの生活

2階リビングのメリットデメリット

今回は、 2階リビングにしてみたらどうだろう? という話をしてみたいと思います。 通常、2階建ての家づくりなら、1階部分にLDKを設ける事が殆どだと思います。 *統計がある訳でもないのですが、2階建て …

no image

究極の施主支給の家づくり、DIY、ネットで家を買う!!?

インターネットで家を買う! 家をインターネットで買う時代はいつくる? 実は、こういった話は、かなり昔からあります。 それこそ20年ぐらい前のウィンドウズ95ぐらいの時代から話はありました。 で、これま …