不動産を買う 今こそ!シリーズ 土地

今こそ!読んでもらい記事005:土地探し

投稿日:2016/04/03 更新日:

土地を探すなら

今回は、土地探しに関してのまとめ記事をご紹介していきたいと思います。

土地は、探し初めてから2週間ぐらいでパッと決まる方もいますし、見つかるまでに2年ぐらいかかってしまう方もいます。

特に、

人気エリアと言われる所での土地探しとなると、

  • “市場に出る前になくなる”
  • “市場に出ても一日で無くなる!”

など、土地情報として、殆ど目に留まる事もなく無くなる事も多くあります。

多くの方が、この土地探しに苦労されているように思います。

このブログでも、

  • 土地の探し方!
  • 仲介手数料に関して!
  • 建築条件付きの土地を買う場合!

などの土地に関する情報発信をしておりますので、少しおさらいも含めてご紹介していきたいと思います。

因みに、

総務省統計局のHPで、空き家率などのデータを見て*参照:総務省統計局のHPデータ

また、最近の気になる不動産・建築関係のニュースを見ていて思う事ですが、土地購入、不動産の売買に関しては、将来の活用方法もある程度は考えていくべき話かとも思いますので、そちらも少しご紹介していければと思っております。

Rebroathome

土地探しの基本

『そもそも、土地の探し方って、どうすれば良いの??』

という所から悩まれる方も多いと思いますが、こちらはそもそも、

  • 土地の探し方を知る事。
  • 土地を調べる方法を知る事。

の二つが最も基本となる話かと思いますので、先ずはそちらのリンクをご紹介していきたいと思います。

探し方を知る!

土地の探し方、方法を知る

先ずは土地を探す方法に関してですが、

基本的な土地購入までの流れを知り、

その上で、どのように探して行けばいいのか??

が重要かと思いますので、

参考記事1

知っておきたい土地の探し方10

参考記事2

土地購入の流れと注意点

の二つを読んで頂ければと思います。

勿論、その他にも当然派生して知っておいて頂きたい知識もありますので、もし時間があれば、ご紹介した記事毎の関連リンク記事を読んで頂ければと思っております。

調べる方法を知る!

土地を調べる方法を知る

次に土地を調べる方法ですが、“何となく良いな~”と思ったタイミングで、

  • “この立地ってどうなんだろう??”
  • “この土地条件ってどうなんだろう??”

という2つを判断していく必要があるかと思います。

土地観がある程度ある方であれば、一つ目の立地条件に関しては問題ないかと思いますが、今回は、あくまで、外部的な要因というか、データ化できる要因というのをご紹介してみたいと思います。

因みに、以前ご紹介したブログで、“周辺環境スカウター”というリンクをご紹介しておりますが、ここら辺も、生活の便利さ!を測る上で、

“今住んでいる場所とご検討されている場所”での数値の違いなどを見て頂くと面白いかと思います。

*数値は、それぞれの公共施設までの距離や生活施設までの距離などを数値化して、スカウターのポイントとして調べる事が出来るもので、楽しみながら活用して頂けるのではないでしょうか。

土地を調べる方法1

土地購入判断はどうしてる??自分たちで出来る土地チェック…

土地を調べる方法2

土地価格ってどうやって決まる??

知っておくべき知識は?

土地を買う時に知っておきたい基礎知識

最後に、最低限知っておきたい土地購入の為の基礎知識をご紹介していきたいと思います。

土地購入の為の基礎知識1

不動産仲介手数料は上限が決まっているだけ!

土地購入の為の基礎知識2

建築条件付きの土地を買う前に確認すべき3つの内容

土地購入の為の基礎知識3

土地にお金をかける?家にお金をかける?

土地探しは、

条件が合うかどうか??

という非常にシンプルな取引と考えられがちですが、価格が大きい事と、ずっと残るもの!ですので、調べられる所はなるべく自分たちでも調べるような努力が必要かと思います。

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-不動産を買う, 今こそ!シリーズ, 土地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

路線価を使えば価格交渉も可能

路線価から検討土地の価格を調べる??

先回の土地を購入するなら第一種低層住居専用地域に関する話の続きです。 すみません、どうしても伝えきれない部分があった為、続きを書きます。 土地の路線価に関する話です。 土地価格の公平な判断を如何にする …

土地探し

土地購入者必見!!?土地探しに本当に困ったら地上げも考えるべき??

今回は、土地購入の話です。 先回、消費税10%の増税の話をしましたが、土地購入に関しては、消費税はかかりません。 が、建築スケジュールなどを考えると、なるべく早くに土地の購入~引渡しを済ませておきたい …

不動産屋さんの3つの選び方

土地購入の為に、ここだけは知っておきたい不動産屋さんの選び方

今回は、不動産屋さんの選び方に関する話をしてみます。 因みに、 『なぜ今この話をするのか?』 ですが、不動産業界の流れが変わりつつあるのを肌で感じている為です。 という事で、まずは現状の不動産屋さん事 …

第一種低層住居専用地域での家づくりは、北側斜線制限を考える

先日、土地を探していて、ふと目に留まった情報がありました。 その土地情報をざっくりとまとめると、 第一種低層住居専用地域 建ぺい率40% 容積率100% 壁面後退1m 土地面積33坪 といった内容です …

土地のチェック

土地購入の事前チェックマニュアル

2014年1月15日からYahoo!不動産が独自で土地情報を載せる事になりました。 これまでは、at homeさんの検索エンジンを借りていた形態だったのを切り替えて本格的に切り替わったようです。 … …