これからの家づくり ハウスメーカー

新築の工期を考えてみよう!!

投稿日:2016/03/11 更新日:

先日、少し気になる記事を見つけました。

堀江貴文のQ&Avol.616~職人の技はなくならない!?~

という話で、3分ぐらいの動画なので、気軽に見て頂ければと思っておりますが、人がつくる部分がどんどん技術によって代用されていく事。また、その一方で、改めて、今!職人さんは不足している事に関して話をしています。

といのを見て、その上で、

改めて感じている、新築における工期の話をしてみたいと思います。

3月は、良くも悪くも家づくりが動くタイミングです。

  • この月を目標に引っ越ししたいという方、
  • 契約時に値引き条件を受けて、家の完成を目指している方
  • 3月は年度末の決算時期!

という事から、

今まさに!契約を迫られている方

もいると思いますので、

その条件として出てくる

注文住宅の建築工期に関して、改めてお話しをしてみたいと思います。

工期が短いのはメリットになる??

工期が短い事はお客様にとってメリットとなるか??

実は、一年半ぐらい前に、この新築の工期が短くなる事のメリット・デメリットの話を書いてます。

詳しい話は、そちらを中心として読んで頂ければと思っております。

↓↓↓新築の工期が短い事でのメリット・デメリット↓↓↓

ハウスメーカーさんの工期が気になる件*一番下にもリンクはあります。

ここ最近の傾向で言うと、

特に住宅メーカーさんの建築工期は、どんどん短くなっています。

実際に堀江さんの話の内容で、

  • 工場生産化率の向上や
  • 工事の簡略化

が進んでいるのか…、

昔は、…4~5年前までは、

ハウスメーカーさんの中でも、

ユニット工法:工場生産化率80%強の工法

と言われる工法を採用している住宅メーカーさんだけが、

  • 基礎工事:3~4週間
  • 建物工事(完成まで):1.5ヶ月~2か月

で、

その他の住宅メーカーさんは、

  • 基礎工事:3~4週間
  • 建物工事(完成まで)にかかる工期:2.5~3カ月

ぐらいでした。

ですが、

以前のブログでもお伝えしたように、

最近では、どの住宅メーカーさんでも同じぐらいの工期、

全体で2.5~3カ月ぐらい

で出来るようになってきました。

何故?短工期が可能になったの??

そこで今回の話ですが、

そもそも、何故??工期が短く出来て行ったのでしょうか??

これは、

職人さん→機械化が進んだ事!

では無いように思いますので、混同しない為に、しっかりと見極める為の話として、知って頂ければと思います。

色々な方の話を聞いてまとめてみると、

工期が短くできるようになった3つの理由

というのが見えてきましたので、ご紹介させて頂きますね。

施工が簡単になってきた

こちらは、機械化が進んでいる!

という話で、

施工の簡単さで言えば、

例えば、

昔は、床の下地は(構造用合板など)、現地で貼っていて、それは、今でも変わっていないのですが、その一枚一枚が大きくなって来たり、

例えは、

外壁パネルを見れば、昔は、910㎜ピッチの幅で取り付けていた所が、大きな面で2~3枚と言った感じになったり、+して外壁材に断熱材も工場で貼ってきたりして、現地での作業の簡略化が図られていたりします。

住宅メーカーさんのような家づくりの場合、

この現地工事の簡略化がし易い家づくりとなっている為、かなり短工期が可能になってきているという話ですね。

代替商品が増えてきた

代替商品に関して言えば、

例えば、

  • 塗り壁をつかいたい!
  • 現地で石(タイルやエコカラット)を使いたい!

となっても、

費用や工期を考えて

それに代わるクロスなどにする!

  • 抗アレルギークロス
  • 空気の清浄作用のあるクロス
  • 既に、塗り壁の塗布されているクロス

など

様々な商品が代替商品として出てきていますし、この話は、家づくり全体において言える話です。

建築条件付きが増えてきた!

次に、一見関係ないようにも思うかもしれませんが、

現在、大手住宅メーカーさんで成功(?…調子が良い)している所の多くは、

自社で土地を買って

そこに建築条件を付けて売る

という会社さんだったりします。

最近では、

多くの住宅メーカーさんが

“こぞって”土地を買うような動きを見せています。

これが、メーカーさんが生き残る道と一般的に言われているのですが、

こちらは、

土地に対しての工事のしやすさが確保できる事

*工事車両の問題や近隣環境などを考えられるという話

そのメーカーさんでしか建てられない強みと

土地と建物となる為、家づくりにかけるお金の分配が少なくなりがち

こういった売り方が増える事で、下請け業者さんに交渉出来る事

*結果として家づくりに必要な期間の簡略化が出来ます。その割合が増える事で、下請け業者さんも全体として大工さんの割り振りを考える事が出来るようになるという事ですね。

まとめ

上記の3つから

何故、工期が短く出来るのか??

を少しだけ理解して頂き、

それによるデメリットは何か??

を把握していきたい話ですね。

このデメリットに関しては、以前の記事でしっかり話しをしていますので、そちらを読んで頂ければと思っております。

この時期だからこそ、

契約条件の提示の判断材料にして頂ければと思っております。

↓↓↓工期が短い事って??↓↓↓

工期が短い事でのメリット・デメリットハウスメーカーさんの工期が気になる件 

↓↓↓参考記事はこちらから↓↓↓

参考記事1:建築条件付きの土地を買う前に確認すべき3つの話

参考記事2:ハウスメーカーさんと工務店さんの違い【価格】

↓↓↓家づくりの無料相談はこちらから↓↓↓

Rebroathome

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり, ハウスメーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

紹介オンリー

紹介だけで経営している会社

最近、今まで知らなかった工務店さん・建築家さんに取材に行く事が多くあります。 今まで知らなかった会社さんとは インターネットで検索して出てこない。 本屋さんで雑誌などで探しても出てこない。 そんな会社 …

現場チェック

消費税増税前の駆け込み需要は施工が荒れる!?

消費税UPの駆け込み需要で施工が荒れる?? 今回は、この話をしてみたいと思います。 私自身このブログやHPでも言い続けていますが、消費税増税前の駆け込み需要で、最も恐れている事がこの現場でのトラブルで …

コミュニケーション

子供とのコミュニケーションを考える時の家づくり、3つのアイデア

8月もいよいよ最終日ですが、8月は夏休み期間という事もあり、私もそうですが、子どもと過ごす日々も多くなった方も多かったのではないでしょうか。 今回は、“子供と暮らす家づくり”をテーマに書いてみたいと思 …

太陽光発電って??

今!太陽光発電はつけるべき??

家づくりを考える際、太陽光発電システムを自宅に導入するかしないか?? は、皆さまが家づくりで悩むポイントの一つだと思います。 これまで、太陽光発電システムを付ける事で得られていた高い売電価格のメリット …

データで家をみる2

住宅の統計データをまとめてトレンドをチェック!【part2】

先回に引き続き統計データから住宅のトレンドをチェックしていきましょう。 先回:住宅の統計データからトレンドをチェックも参考にして下さい。 今回も二つのデータを見ていきたいと思います。 住宅ローンは相変 …