これからの家づくり

“空き家の6割が破損”の記事からみる、今後の家づくりと土地活用!

投稿日:2015/12/21 更新日:

先日、新聞を読んでいて、気になる記事…空き家の問題について書いてあるものがあったのでご紹介をしたいと思います。

空き家の6割が…

元の記事は、こちらをご参照ください。

URL:全国の空き家、6割が破損

で、この話を元に、今日は、これからの建築業界というタイトルで少し答えの出ない話をしていければと思っております^^;

因みに、

5年ごとに発表される空き家率の統計データで、2015年の国交省のデータを見ると、空き家率は、今では10%をゆうに超えて13.5%となっています。

今住んでいる周りを見て頂いても、空き家を探せば意外とすぐに見つかるような状況かと思います。

総務省の統計データ:総住宅数と空き家率

総務省のデータを見て頂くとわかりますが、空き家率の改善がされている県も僅かにはありますが、ほとんどの地域で、この空き家の問題は、今後、深刻な問題になってきそうですね。

で、この空き家の問題を考えると、建築業界にも当然に影響が出てきそうな感じがあります。

  • リフォーム関係
  • 解体関係
  • 不動産関係

に関しては、逆に色々な流通が生まれ、業界的には+要因となりそうな感覚もあります。

こういった事を考えると、時期やタイミングによっては、それぞれの価格観も当然に変化が出てきそうですね。

  • リフォームや解体業界は、単価は上がる??
    *外国人労働者の採用など、その他にも。
  • 不動産に関しては、多くの物件が市場に出てくる事も予測されますので、土地の希少性という観点から考えると、地域によっては、価格は下がる??

もちろん、単純な話ではないとも思いますが

これからの建築業界を予測すると

ではでは、今後、広く建築業界はどのような流れになっていくのでしょうか。

少し前から話題になっているのは、

  • 業者が空き家を買い取って、リノベーションをして、転売する
  • 持ち主が空き家をリノベーションして、賃貸に出す
  • 地域によっては、中小規模の区画整理事業などもこれから出てくるかもしれませんね。
    *といっても、この区画整理の話は、地域性やタイミングはもちろん、全体を見れば、かなり先の話かもしれませんが…

で、

こういった状況を考慮してるのかどうかは解りませんが、

国の政策方針としては、

  • 空き家を相続してから3年以内に
  • 取り壊しや耐震リフォームをし
  • 建物や土地を売却した場合
  • 譲渡所得から3000万円を特別控除する税制

としたい方針だそうです。

以前の記事で、相続税対策がより必要になってきた話を取り上げましたが、

記事リンク:相続税対策を真剣に考える必要が出てきた?

この空き家を利用は、土地活用や相続対策の一つとして今後の政策を気にしていきたい話かもしれませんね。

そんな空き家…もってないよ!

と思われる方も多いかもしれませんが、

家づくり関係で考えるなら、不動産市場がより活性化していく事は、買う側にとってみれば、プラスの要因ですよね。

今までなかなかでなかった土地がポンっと出やすい状況になってくるかもしれませんね。

逆に、不動産(土地や建売、マンション)を買う時に、資産価値を考えれば、より色々な観点から考える必要性があるかもしれませんね。

不動産の売却をしたい方

不動産を将来に渡って売る事を考えている方は、タイミングが重要かもしれません。

オリンピックの影響もあり、現在は、一部の不動産に関しては、価格上昇局面にあるように思いますが、この空き家率を考えると、既に、もしかすると不動産バブルのような状況になっている可能性もあるので、いつ売るのか?

を、今後はよりしっかりと計算してタイミング良く売却して頂く計算などが必要になってくるのではないでしょうか。

マンション、土地、中古戸建と同じような話が出来るように思います。

活用しようと思ったら

逆に活用しようとおもったら、

  • 耐震リフォームをして売却や賃貸
  • 家を購入して耐震リフォームして住む

という選択肢も出てくるかとは思いますが、特に長期間の活用を考える場合、ポイントは、“耐震リフォーム”ですよね。

この話は、非常に難しい問題…というか、構造的にどのような耐震リフォームをすればいいのか?

に関しては、

その業者さんの経験値や取り扱える工法が非常に重要になってきますので、ここら辺を考えている方がいれば、色々な専門機関に相談して頂くと良いように思っております。

名古屋エリアで解体

ここで少し宣伝を^^;

名古屋・愛知周辺エリアで大小を問わず解体を考えている方がいれば、一度ご相談下さいね。

恐らく…というか、結構高い確率で、最安値の解体業者さんをご紹介(交渉するんですけど…)出来るかな~と思っております。

価格的なメリットを出せるように思いますので、もし良ければお問合せ下さいね。

参考記事1:相続税対策を真剣に考える必要が出てきた?

参考記事2:土地購入の為に、ここだけは知っておきたい不動産屋さんの選び方

【絶対!素敵な“家”にする!vol2】-間取り-

Rebroathomebook2

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

Rebroathomebook

↓↓↓【理想がみつかる!】家づくり無料相談はこちらから↓↓↓

家づくりサイト

*気軽にお問合わせください^^

アドセンス広告(記事下)




アドセンス広告(記事下)




-これからの家づくり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

理系男子

家づくり、理系男子(夫)の底力!

愛知県内を行ったり来たり、一日で平均100Kmは車の運転をしている牧原です^^; 今日は、 書籍で最も反響の多かった、理系男子(夫)ついて、擁護する記事^^ をお話ししていきたいと思います。 … 目次 …

家の外観デザインを決める上で、意外と重要な軒裏の表現方法!!

先回、先々回の建築家さんとの家づくりの記事に引き続き、少し家づくりにおけるデザインの話をさせて頂ければと思っております。 因みに 公平中立な立場での家づくり相談として、私がデザインの話をしても良いのか …

建築家さん3つの注意点

建築家さんとの家づくり!の3つの注意点

先回の建築家さんとの家づくりの記事の続きです。 今回は、 建築家さんに、家づくりを依頼する時の注意点 をまとめてみたいと思います。 先回の記事で、 建築家さんと家づくりの打合せをして頂くだけでも、 提 …

2017年は価格の2極化、性能での差別化ができない!がより進む?

2017年は年初からトランプさんの発言に右往左往な感じですね^^; 家づくりは内需産業なので、そこまで影響もないのかと思いつつ…気になる所としては、長期金利の影響ですね。 と言っても、こちらは色々な意 …

電子書籍のご報告

絶対!素敵な家にする!の発売後のご報告

おかげさまで、電子書籍を発売して、多くの方から『読んだよ~』とメールを頂けました。 ドキドキしながら電子書籍を出版しましたが、快く(?)ご購入いただいた方へ、この場を借りて御礼申し上げます。本当にあり …