*

家を買う時、必ずすべきお金の相談

家づくりにおいて、

“お金、いくらまで借りても良いの?”

というのは、皆さまが悩むポイントだと思います。

35年の住宅ローンを組む方も多いですし、

例えば、その間、

  • 必要な生活費用はいくらぐらい?
  • お子様の教育費用は?
  • 老後の蓄えは出来るの?

など、

様々な“悩み”というのも一緒に出てくると思います。

*35年ローンといっても、繰上げ返済など様々な返し方を想定し、なるべく長く組むという考えの方も多いようですし…。

で、今回は、そういった家づくりにおけるお金に対する話、

『いくらまでなら借りても良いの?』

をしていきたいと思います。

どのように解決していけば良いのか?

を、掘り下げて話をしていきたいと思います。

いくらまでなら借りても良いの??

家を買う為のお金を決める。

この家を買う為の“お金”、皆さまどのようにお考えでしょうか。

  • 現在の家賃と同額のローンなら払っていける
  • 月10万円ぐらいな大丈夫かな?

など、意外とざっくりとした支払い計画だったりする事も多いのではないでしょうか…

実際に、建築会社さんから見積もりが出てきて、その価格が、当初のお考えよりも下回るようなご状況であれば、問題ないかもしれません。

しかし、

例えば、実際に出てきた見積もり金額が

月8万円(家賃と同額)出来ればボーナス返済は無し

から、

月8万円、ボーナス返済20万円

の計画となったら、判断が少し難しくなってきますよね。

  • この返済金額を自分達だけで決めてしまっても良いのか。
  • できれば、第三者の客観的な意見も聞いてみたいし、相談してみたい。

などの疑問が、

こういった状況だからこそ出てくるかもしれませんね。

出来るだけ家づくりの最初の段階でFP相談に行こう!

因みに、そもそもの話ですが、

お客様の中で、家を買う為のお金の返済額を、

“私たちが家づくりにかける事が出来る上限価格は○○○○万円まで!”

と、最初からずばり言える方は少ないです。

このFP相談をして頂く事で、こういった話が、最初のタイミングで出来るようになるという事ですね。

FP相談…???

となるかと思いますが、ファイナンシャルプランナーによる相談、ライフプランを立てる。

など色々な呼び方があり、それらをまとめてFP相談と言ったりします。

『お金の相談を専門家に相談する』

家のお金の話というよりも、人生設計とお金を考える!

という話です。

安心して家を買う為にも今回の話は是非参考にして頂ければと思っております。

この

“家を買う最初のタイミングだからこそ”

お金の相談

をしてもらいたいので、先ずは、何故?をお伝えしてきますね。

家を買う時こそお金の相談をすべき

一般的な話からすれば、家は、建てた後からお金の支払いが始まります。

ローンを払いながら、生活、

  • お子様の進学
  • 車の購入
  • 相続
  • 退職
  • 冠婚葬祭

など、急に大きなお金が必要になる事も出てきます。

その時に、

  • 手元にお金がない!
  • ローンの返済が厳しい!

となるのは、避けたい所です。

今では、10件に1件以上で、支払いが出来なくなり、購入した家を手放す方がいると言われている状況。

そこで、FP相談なんですね。

FP相談は、上記のような、結婚~老後まで、それぞれの方のライフスタイルに合わせたお金の相談を専門家がしてくれるんです。

因みに、最近では、このお金に関する相談(=ライフプラン)は、色々な所でやってますので、意外と?気軽にできるようになってます。

少し話が飛びますが、

ハウスメーカーさんでは、契約前のお客様に、家を買う時のお金のセミナーを行ってくれたり、個別の状況にあわせた、お金の相談も無料で行ってくれたりしています。

lifeplan

以下は、私自身がFPの先生と対談した際、その先生の言葉の内容の抜粋です。(参考URL:http://rebroathome.com/uservoice/interview1.html

小宇佐:

住宅を購入される方でFP相談にこられる場合、「私たちは、いくらの住宅なら、買ってもいいの?」という相談が多い。この相談を、ちょっと深く考えてみていただきたいんですね。この相談の裏には、「人生で住宅購入の他に、やりたいこともある。将来必要になる子どもの教育費や、老後の生活費も確保したい。私たちは、いくらの住宅なら、買ってもだいじょうぶなの?」といった背景が隠されています。

小宇佐:

解決するためには、「住宅購入の他に、やりたいこと」や、「成長して欲しいお子さんの姿」、「理想の老後の生活」など、人生の目標や夢をはっきりさせる必要があります。そういった夢や、やりたいことの為にも、お金と向き合う事は大切です。でも、日常生活をする上では、何となくやり過ごしていたり、ご夫婦間で、真剣に話し合う機会も少ない。望む人生を送るためには、お金と上手に付き合うことが大切です。

—–ここまで抜粋——

因みに、こういった相談が最近増えているのは、保険の営業マンさんが、そういった相談をしてくれるようになった為です。

*保険屋さんは、FPプランナーといってお金の相談が出来る資格を持っている事が多い為です。

保険も毎月の積立や、学資などをしている事も多いと思いますし、生命保険などは、多かれ少なかれ入っていると思います。

住宅ローンで毎月支払う保険金額を下げる事も出来る

何故?保険屋さんが、こういったFP相談をしてくれるのか?

と言うと、

住宅ローンを借りる場合、

併せて団体信用生命保険というものに自動的に加入する事になります。

*一部、団信への加入が義務化されていない住宅ローン商品もあります。

因みに、団体信用生命保険とは、住宅ローンの支払い期間に、買主様に何かあった際に、残りの住宅ローンを無しにする保険です。

言い換えれば、そのローン金額分の生命保険に追加で加入する事と同じような状態になる特殊なローンです。

その為、

家を買う時こそ、

今までかけていた生命保険などを見直しする事が出来る。

こういった事から、保険屋さんとしても、FP相談をした上で、

  • 家計の無駄をチェック
  • 減らせる保険のアドバイス

等をするようにしているんです。

お金の支払いが下がる…その分で

  • 生活を楽にする事が出来る。
  • 貯蓄に回す。
  • かなえたい夢の為の投資をする。
  • 家づくりで本当は実現したかった内容をかなえる事だって出来る。

と色々な可能性が見えてくる場合も多いという話は勿論、

人生を机上で一度生きてみる事で、

  • 本当に必要なお金がいくらなのか?
  • 自分たちが望む生活をする為にはいくら必要なのか??

等、家づくり以外にも見えてくるものが多くあります。

家づくりは生活づくりですので、そういった全体が見えてこそ、“いくらまでなら借りても良いの??”が見えてくるという話ですね。

まとめ

家を買う時にお金の相談は、ハウスメーカー、工務店、建築家、ローコストメーカーの何処で建てても、是非やって頂きたい内容です。

ハウスメーカーさんと家づくりを考えたら、このお金の相談に関しては、気の利く営業マンさんなら普通、薦めてくれます。

工務店、建築家、ローコストメーカーさんの場合、薦めてくれる会社さんも実は少ない為、自分達で探す必要があります。

注意点としては、

家の価格が平均して高い、ハウスメーカーさんは、どうしてもお金の計算がシビアになりがちで、FP相談をしてくれる方も、お得意先(ハウスメーカーさんとの今後の取引もある為)としてある程度、そこら辺を考慮、意識して話をする場合も出てきます。

また、FP相談をしてくれる方による説明の違いや、営業の違いなども当然ある為、

出来れば質の高い相談者を選んで頂ければとも思っています。

因みに、工務店さん・建築家さんで、そういったFP関連の人がいない場合は、

☆★話題の【無料】保険相談で家計の節約をしよう☆★
などのサイトをご利用頂くと良いかと思います。
東海エリアの方であれば、Rebroathome、家づくり教室から、直接ご紹介もできるので、また、ご相談下さい。

家を買うお金は、その人によって、状況が全く違います。

私としては、家をつくる前にある程度このライフプラン(FP相談)に関しての知識をつけていただき、いざ家づくりとなったら先ずは、このお金の相談を個別で受けて頂ければと思います。

一番最初にお金の相談をする

お金の相談は、家づくりが始まったら直ぐに受ける方が良い。

長くなってしまいますが、最後に注意点を一つ。

お金の相談は、家づくりが始まったら、なるべく早い段階で受けて欲しい。

という話です。

逆に、契約直前になればなるほど、少し観点が変わってしまうからです。

例えば、

建築会社さんも殆ど決まっている状態だと、

『この家を買う為に、あといくら家計を削減しないといけない。』

という考えになってしまいがちだからです。

『人生に一度の買い物だから、どんな事をしてもこの家を建てたい!』

と言うのが本来の目的であれば、もちろん良いのですが、

最初は、

『良い家を、支払も無理なく、お値打ちに建てられたらな~』

と思っていたのであれば、これでは目的が違いますよね。

という事で、出来れば、

家づくりの最初の段階でお金の相談をし、(自分たちで見つけて)

その上で、

建築会社、予め予算を伝えた方が良い

といわれていますし、私もそう思います。

安心して家づくりを楽しむために、まず押さえる所は押さえておきましょう。

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓

関連記事1:お金の不安を解消しよう!みんな家にどれぐらいの費用をかけたの??

関連記事2:家づくりの最初の段階で必ずみんながするカタログ資料請求を面白くする方法

↓↓↓お金の相談を受けたい方はこちら↓↓↓

東海三県の方であれば、お問合せいただければお金の専門家をご紹介する事も可能ですので、下の問合せボタンからお問合せ下さい。

Rebroathome

2013/11/19 | 家のお金

関連記事

500万円下げる!

家の見積りが500万円高い!!…あなたならどうする??

家づくり、注文住宅の打合せは、 1.初回面談 :先...

記事を読む

家のデザイン、コーナー開口

家のデザインを考える:価格UPの応用編

先回、先々回の続きでもあります。 先回の記事:注文住宅、会社によ...

記事を読む

一番割安な家

基礎知識だけど、超重要!家づくりでお金の基本を理解する

久しぶりに家づくりの基本的な記事を書いてみたいと思います^^ 因...

記事を読む

住宅ローン、いくらまで大丈夫??

住宅ローンはいくらまで??相談する専門家も選ぶべき!?

今回は、“住宅ローン、自分たちはいくらまでなら大丈夫?”の話です。 ...

記事を読む

お金の不安を解消しよう!

今こそ!読んでもらい記事002:家のお金の事

先日、ふと読んでいた雑誌に“教育費用”に関する話が書いてありました。 ...

記事を読む

新着記事

間取りワンポイントアドバイス

消費税10%に向けた準備と、ワンポイント間取りアドバイス

お正月も終わりですね^^ 私もお正月の3日間はしっかりお休みを頂...

記事を読む

2018HAPPY NEW YEAR

2018年、あけましておめでとうございます^^

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 2018年...

記事を読む

Rebroathomeアンケート

家を建てた後に書いて貰ったRebroathomeの利用アンケート

いよいよ、今年も終わりに近づいてきましたね。私もようやく年賀状を作成し...

記事を読む

家のデザインV.S性能

もう2017年も残りわずか、ですね、…早いもので、このブログも5回目の...

記事を読む

Livingの窓

リビングの窓を考える【イラスト付き】

今回は間取りのデザインの話で、 リビングの窓 をイラストを...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

  1. […] また、このライフサイクルコストと併せてライフシミュレーション:生涯を通してのお金の流れに関しても、併せて検討していくことをお勧めします。 […]




管理人にのみ公開されます

間取りワンポイントアドバイス
消費税10%に向けた準備と、ワンポイント間取りアドバイス

お正月も終わりですね^^ 私もお正月の3日間はしっかりお休みを頂...

2018HAPPY NEW YEAR
2018年、あけましておめでとうございます^^

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 2018年...

Rebroathomeアンケート
家を建てた後に書いて貰ったRebroathomeの利用アンケート

いよいよ、今年も終わりに近づいてきましたね。私もようやく年賀状を作成し...

家のデザインV.S性能

もう2017年も残りわずか、ですね、…早いもので、このブログも5回目の...

Livingの窓
リビングの窓を考える【イラスト付き】

今回は間取りのデザインの話で、 リビングの窓 をイラストを...

→もっと見る

PAGE TOP ↑