*

パッシブハウス+風通しの家づくり

パッシブハウスとは

ドイツパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅である。建物の性能を上げる事により、高性能の熱交換器による空調設備だけで、アクティブな冷暖房器具が不要。|ウィキペディアから抜粋

パッシブハウス、数年前から色々な所でその名を聞くようになりました。

家づくりの考え方の一つで、“パッシブ”という言葉は、皆さまも一度は耳にした事があるものではないでしょうか。

そこで今回は、この“パッシブな家づくり”に対して、これからの家づくりとして知識を共有していきたいと思います。

パッシブハウスをものすごく簡単に言えば、

“エアコン一台でも家全体を快適にすごす事が出来る、高気密・高断熱・住み心地の良い家づくり”

の事と理解して頂ければと思います。

今回の記事では、

  • 先ずはパッシブハウスの考えを学ぶ。

その上で、パッシブハウスの中でも、色々な会社さんで、重点的に言われている

  • 高性能な窓
  • 熱交換型の換気システム

の3つの考えを皆さまと共有していきたいと思います。

また、最後にお伝えしますが、

  • 通風を良くする事の重要性

も高温多湿な日本の家づくり、パッシブハウスを満たす上で必要な要素と言われていますので、ご紹介していきたいと思います。*お勧めの書籍をご紹介すると共に、簡単な概要をお伝えしていきたいと思います。

PassiveHouse

パッシブハウスの考えを学ぶ

パッシブハウス、数年前ぐらいから、度々話題に上がっている家づくりで、上記でお伝えした通り、もともとは“ドイツでの家づくりをベース”とした考えとなっています。

そこで、先ずは、日本とドイツの気温を比べる所からスタートしてみたいと思います。

ドイツと日本の気温の差

  • ドイツの最高気温は、夏場で高い地域で25℃ぐらい、最低気温は-3℃ぐらい
  • 日本の最高気温は、東京都の夏場で32℃ぐらい、最低気温は2℃ぐらい

となります。

ですので、ドイツの方が寒冷地という事が言えます。

その為、パッシブハウス自体は、主に冬の寒さ対策がメインで考えれており、日本の気候で言うと、夏の対策は日本独自の対策となっています。

因みに、ヨーロッパ全体でも、寒さ対策がメインで、セントラルヒーティング(全館暖房)の考えが定着しています。

この事から、上記であげたパッシブハウス(→エアコン一台で)にする事で、

一次消費エネルギー(簡単に言えば光熱費^^;)を下げ、環境の負荷、光熱費への負荷を抑える事のメリットというのが高い家づくりをしよう!という考えになっているようです。

その上で、

ドイツの断熱基準は、北海道の現状のUA値(0.46)よりもやや小さいぐらいの基準値が求められている事も考慮しておく必要があります。(*北海道の基準よりもより高断熱住宅という話。)

*断熱性能、基準に関する表は先回のブログでお伝えしておりますので、そちらもご参考頂ければと思います。|2017年の家づくり!気密・断熱性能

ドイツの仕様をそのまま日本に??

という事で、公平な観点から見れば、そもそも日本とドイツでは気候条件が違うので、

  • そこまで!高断熱を考える必要はない!?
    とも言えます。
  • また、ZEHを見てわかる通り、さらなる高断熱化住宅を目指すよりも、太陽光などの創エネを考える方が費用対効果が高い。
    いう事も言えます。

つまり、

何が何でもドイツ基準の家にしないとダメ!

という話でもないと思います^^;

あくまで、

  • 理解を深めて頂く為に^^
  • 個人的には、ドイツの基準までいかなくても、断熱・気密性能は1.5(Q値として*UA値は0.5台)以下ぐらいまでは抑えたい

感覚の為に話をしていきたいと思います。

少し話を戻しますが、ドイツ基準での家づくりをしようと思うと、

日本の断熱基準で最も多い地域(Ⅳ地域)の基準が

  • UA値が0.87
  • ZEH基準のUA値が0.6

ですので、それらの基準をさらに高める(UA値で0.4ぐらいまで)必要が出てきます。

つまり、現状の一般的な日本の家づくりから、ドイツの基準にしようと思うと、かなりの断熱UPが必要となってきます。

その為、お願いする建築会社さんによっては、

  • そもそも対応できない
  • 費用UPが全体の2~3割UP

という会社さんも出てきます。

家づくりを考える方にとってみれば、

  • とても、そこまで(費用UP)は考えられない!
  • そこまでする必要ある!!?

となる方も多いと思いますので、

  • 『じゃあ、日本での家づくりでは??』
  • 『パッシブハウスの考えも家づくりに取り込むとしたら!』

も考えてみたいと思います。

パッシブハウス

パッシブハウスを考えるなら、先ずは窓!

上記のパッシブハウスの概要を理解して頂いた上で、少し現実的(価格UPも考慮した)な家づくりに落とし込んでみたいと思います。

パッシブハウスを考えるなら、先ずは、窓!

だと思います。

実は、日本での家づくりにおいて、最も言われているのが、窓の性能の悪さ!

です。

  • 限られた予算の中で、断熱性能を上げる為に

を考えると、先ずは、“窓を変える事”と言われているぐらい日本の窓は、北欧の市場と比べて、性能が低いとも言われています。

そもそもの話をすれば、生活していく上で、冬場の冷たさは、窓近くで感じる事が多いので、壁の中の断熱材を厚くするよりも、先ずは、窓の性能を上げてもらった方が、住みよい家になる事も簡単に想像できますね^^

例えば、今日本の家づくりで、一般的に多く使われている窓は、

  • LOW-Eのペアガラス(二重窓)
  • 窓枠部分がアルミ(外側)-樹脂(内側)

の窓です。

ですが、パッシブハウス→快適な家を考えると、

最低でも

  • LOW-Eのペアガラス(二重窓)
  • 窓枠部分を樹脂-樹脂(内側も外側も

に変える事。

現実的なコスパを考えた対策の一つになるかと思います。

窓に関しては、

  • つける量(家全体の窓面積)を少なくする事

で、断熱性能を飛躍的にあげる事も出来ますが、“必要な開口”というのも当然ありますし、“住みやすさ”もありますので、あくまで全体のバランスを考慮する必要があります。

  • “これからの家づくりを考えるなら”
  • “住み続ける事を考えるなら”
  • 家の気密・断熱性能をどこまで求めるか?

という観点から“窓”の検討もして頂くと良いかとも思います^^

適切な庇

パッシブハウスを考えるなら、適切な庇

庇に関しては、主に夏場対策としての話になりますので、こちらは日本独自(夏)の対策とも言えます。

パッシブハウス:エアコン一台

を日本での家づくりにおいて考えるのであれば、夏の暑さ対策(日射コントロール)は必須の項目になるのはご理解頂ける所かと思います。

このブログで、これまで庇に関しては何度かお伝えしておりますが、庇を考える時は、

  • 屋根の庇
  • 窓の庇

の二つがメインです。

庇がしっかりと掛かっている事は、日射コントロールは勿論、通風の観点からも、雨が降っている時に、換気として窓を開けられるようになります。

*因みに、メーカーから商品として出ている窓庇は、単価もそこまで高いものではありませんので、南側(太陽のあたる場所)での庇検討はして頂いても良いように思います。

*デザイン的な観点から見ると、庇をしっかりと掛ける事で、家を重厚に見せるなどのメリットもありますし、商品としての庇を単純につけるのではなく、色々な庇の作り方、表現のしかたがありますので、単純に製品として窓庇を付ければ良いという話でもありませんが…^^;

パッシブハウス云々というよりも、基本的な家づくりの夏場対策として、

  • 風通り(家の中で溜まった熱の排気)
  • 庇(日射のコントロール)

は、快適さが変わりますので、是非意識して頂ければと思います。

換気システムを考える

熱交換型の換気システム

3つ目が熱交換型の換気システム(第一種換気システム)です。

と言っても、

先ずは、

熱交換システム?

となるかと思いますので、少しイラストをつかって、先ずはそもそもの熱交換システムを簡単にご説明してみたいと思います。

例えば、冬の寒い時期で考えると、

熱交換換気の説明

このイラストのように、

給気(外気を家の中に取り込む)と排気(家の中の空気を外に出す)の際に、熱移動(熱交換)を行い、

  • 寒い空気(0℃の空気)をそのまま室内に入れず、暖かい空気に変えて(16℃ぐらいまで上げて)室内に入れる。

というものです。

熱交換自体は、そのユニットを設けるだけの事ですので、特に光熱費がかかるものでもなく、効率よく

  • 換気
  • 家の保温

が出来、結果として“光熱費を抑える事ができる”すぐれものです。

*換気システム(第一種、第二種、第三種換気の違い)の説明はこちらでもしておりますので、良ければご参考ください。高気密高断熱、10個の注意点

通常、

多くの家で採用されている第三種換気システムの場合:

  • 単純に冷たい空気(0℃)がそのまま(0℃のまま)室内へ入っていきます。

はい、

一次消費エネルギー(光熱費)を抑える事を考えれば、熱交換型の第一種換気は非常に有効な製品になる事がご理解頂けるかと思います。

因みに、3~5年前と比べれば、第一種換気システム自体の製品も色々と出てきており、どの会社さんでも取り付け出来る状況にあります。

また、

  • 熱交換を行う換気システム≒第一種換気

が言えますが、基本的な機能として、熱交換はついている事が多い事も知っておいて頂ければと思います。

その他にも、

第一種換気システムを採用する事で、気密性能はそれだけで大きく上がります。

そこら辺を考えて頂いても、コスパの良い製品になってきますね。

とりあえず、この段階で、パッシブハウスをまとめてみる!

とりあえず…、この段階でまとめてみたいと思います^^;

日本の断熱基準はどうなのか??

を考えた時に、

世界的にみれば、気候条件等を考えつつ、日本の断熱基準は高いものでもないという事を知っておいて頂く事。

また、現状の家づくりにおいて、ある程度、断熱性能を求める場合、予算UPが当然出てきますので、

  • 初期費用をどれぐらいかける?
  • 住んでからの費用:光熱費や住み心地をどう考える??

をベースとして、

  • 自分たちに必要な断熱性能は?
  • 夏場の対策は?

を考えて頂ければとも思います。

例えば、上記でお伝えした3つの項目で考えれば、

もしかすると、価格的な所とデザイン的な所を考えた優先順位が

  • 窓庇
  • 熱交換型の換気システム

  • 断熱材の拡大

という順番になるかもしれませんし、別の順番も考えられますね。

住み心地に関しては、先回の記事でもお伝えしましたが、フローリングをムク材に変える(ムク材の種類による違いもあります)など、色々な方法がありますので、違う観点も必要だと思います。

今回の話としては、あくまで現実的な落としどころを考えて頂けるような話と認識頂ければ幸いです。

また、

総じて、家づくりアドバイスとするのであれば、

ハード面(性能など)の判断を家づくりの初期段階で出来れば

後は、

楽しい間取やデザインで家を選ぶ事が出来るようになるという事ですね。

  • 性能は良いけど…かっこよくはない!

では、少し寂しいのが今の家づくりですし^^

風通りを考える!

通風の概念を覚えよう!

少し最後に、コラム的な感覚で、通風の話をさせて頂ければと思いますが、

  • 夏涼しく過ごす事
  • 夏の冷暖房費を抑える為

を考えると、家で溜まった熱の排気は非常に重要な要素です。

溜まった熱の排気に関しては、

熱交換の換気システムを入れて頂く事も一つの対策になりますし、熱交換換気の商品の中には、除湿(ユニット)も併せてできるものがあったりしますので、そういった“夏を快適にする為の設備”を考えてもらう事も一つです。

その上で、話を“風通しの良い”に戻しますが、

窓を開けた時に、

  • 心地よい風を感じる事が出来るか?

によって、

  • 体感温度を下げる事も出来ますし、
  • 家全体の淀みを無くす事も出来ます。

少し参考にして頂ければと思い、本のご紹介です。

参考図書:通風トレーニング [ 南雄三 ]

を読んで頂くと良いと思います。

夏を快適に過ごすための概要として、

  • どう窓配置すれば、換気が最大限に出来るのか?
  • 夏は湿度の話
  • 窓の種類による通風計算の違い
  • 南側(風上)に窓がつけられない場合の対処

などが具体的に数値として科学されています。

途中、難しい計算式が出てきたりしますが、そちらを読み飛ばして頂いても、全然内容は解ります。
サクッと2~3時間で読めますので、参考にして頂ければと思います。

風通りの違いイラスト001

イラストのように、どのように窓を設けると、換気が出来易いのか?が書いてあり、参考にして頂ければとも思います。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

先々回の記事:2017年は価格の2極化、性能での差別化ができない!がより進む?

先回の記事:気密・断熱性で“先ず!”知っておくべき3つの事

参考記事1:快適な家を“もう一度”考えてみる

参考記事2:高気密・高断熱の10個の注意点

↓↓↓家づくりの無料相談はこちらから↓↓↓

関連記事

500万円下げる!

家の見積りが500万円高い!!…あなたならどうする??

家づくり、注文住宅の打合せは、 1.初回面談 :先...

記事を読む

小さな家の例

小さな家を建てるなら、2階リビングも考えてみよう!!

本家さんに並んでいる家づくりの本を見ていると、“小さな家”というキーワ...

記事を読む

家のデザイン、コーナー開口

家のデザインを考える:価格UPの応用編

先回、先々回の続きでもあります。 先回の記事:注文住宅、会社によ...

記事を読む

注文住宅、会社による価格の違いを理解する!

今回の記事は、 注文住宅、会社による価格の違いを理解する! ...

記事を読む

7日間限定の無料メルマガ

“家づくりメルマガ”のリニューアル!!

… なかなかブログが更新できずに申し訳ありません><...

記事を読む

新着記事

500万円下げる!

家の見積りが500万円高い!!…あなたならどうする??

家づくり、注文住宅の打合せは、 1.初回面談 :先...

記事を読む

小さな家の例

小さな家を建てるなら、2階リビングも考えてみよう!!

本家さんに並んでいる家づくりの本を見ていると、“小さな家”というキーワ...

記事を読む

子供部屋のレイアウト

子供部屋のレイアウトを考えてみる!!

【家づくり教室からお知らせ】―――――― ママの楽家事術!第二回...

記事を読む

土地購入の流れ

土地購入の為の諸費用っていつ払う?いくら必要??

『土地を購入する時ってどんな流れになるの??』 『お金の...

記事を読む

家のデザイン、コーナー開口

家のデザインを考える:価格UPの応用編

先回、先々回の続きでもあります。 先回の記事:注文住宅、会社によ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

500万円下げる!
家の見積りが500万円高い!!…あなたならどうする??

家づくり、注文住宅の打合せは、 1.初回面談 :先...

小さな家の例
小さな家を建てるなら、2階リビングも考えてみよう!!

本家さんに並んでいる家づくりの本を見ていると、“小さな家”というキーワ...

子供部屋のレイアウト
子供部屋のレイアウトを考えてみる!!

【家づくり教室からお知らせ】―――――― ママの楽家事術!第二回...

土地購入の流れ
土地購入の為の諸費用っていつ払う?いくら必要??

『土地を購入する時ってどんな流れになるの??』 『お金の...

家のデザイン、コーナー開口
家のデザインを考える:価格UPの応用編

先回、先々回の続きでもあります。 先回の記事:注文住宅、会社によ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑