*

3社ともに30坪で3000万円越え…しかも無し無し??

今回の記事は、とあるハウスメーカーさん3社さんの家づくり実例をご紹介していきたいと思います。

前提条件の話をすると、

無料相談カウンターに相談にこられたお客様は、

  • 既にハウスメーカーさんで3社見積もりを取っている状況
  • 元々の家を半分壊して、新築を建てる
  • 残りの半分を一部分増築する

といったご要望でした。

お客様の予算は全部で3500万円

という事で、リフォーム費用(増築費用)を抑えられないか?

といったご相談でした。

因みに、30坪の総二階の家でしたが、

各社さん共に新築部分(新築部分の諸費用は込)だけで、

3000万円強になっており、

500万円で解体工事(既存の家を半分にする工事)と増築部分の工事をしたいとの事でした。

つらつらと前提条件を書いていきましたが、

今回、記事として伝えたい内容は二つです!

先ずは、ハウスメーカーさんの見積もりチェック!

次に、増築を伴うリフォームの依頼先は??

に関してお話しをしてみたいと思います。

ハウスメーカーさんの見積もりチェック

ハウスメーカーさんの見積もりチェック!!

先ずは、ハウスメーカーさんの見積もりチェックですが

3社さんの見積もりは

  • A社さん(ハイグレードランク)で3200万円
  • B社さん(一般グレードランク)で3000万円
  • C社さん(一般グレードランク)で3100万円

でした。

ランクに関しては、そもそも各ハウスメーカーさんが持っている商品ランクの事。

そこの中に付いてくる設備関係(例えばキッチン等の水回り設備やフローリングや壁紙などなど)のランクとは関係ありませんので、ご理解頂ければと思っております。

お客様の希望予算を考えると、

解体費用を150万円程度で設定*切り離し工事を含め

リフォーム費用を300万円ぐらい

でおさめないといけない計算に

当初の予算としての価格が合わない状況になっているのですが、

今回は、その話ではなくて、3社さんの提案の話^^;

3社の間取り提案(資金計画も含めて)をざっくりと見てみると

A社さんとB社さんは、

図面的に入っていない項目が多く

C社さんは、

設備(ランク的には一般的なものでしたが)は、しっかりと入っている

状況でした。

また、

ハウスメーカーさんの場合は、

“契約前のお値引き”

も含めて検討していく必要がある為、それぞれの会社さんの特徴などをお伝えしつつ、

例えば、

A社さんは、

  • 通常の値引き率の話
  • 入っていない設備の話*契約前に確認しておきたい設備内容の話
  • 提案間取りをもっと良くしてもらう為の第三者側からみたアドバイス

B社さんは、

  • 現状のグレードの話
  • 値引きの引き出し方の話
  • 入っていない設備の話*契約前に確認しておきたい設備内容の話

C社さんは、

  • 現状のグレードの話
  • C社さんの特有な値引きの話。*無料でグレードUPしてくれる等
  • 設備自体のランクUPの話

といった話をさせて頂きました。

結論、

値引きはもらうけど、UPする項目も結構ある

といった感覚にご相談者さんからは感想を頂きました。

因みに、

今回のこのブログでお伝えしたい内容は、

とにかくA社さんとB社さんの間取り提案の無し無し具合に驚いたという話で、

そもそもの提案が、

予算を削る為に

例えば、

  • 窓が少ない。
  • 窓のサイズが小さい。
  • キッチンなどの水回りランクが低い
  • 収納が少ない

などが見受けられ、そういった状況をなるべく契約前に無くして頂きたい!!

という話です。

因みに項目としては、まだまだありますが、とにかくこの状態で、生活出来るの??

といった間取り提案(初回)を出してくる会社さんもある…

もう少し説明すると、

契約する前に

提案が一回で済む会社さんもあれば、4回ぐらい話をしないといけない会社さんもある!

という話で、

この事を意識して頂ければと思います。

因みに、C社さんに関しては、上記のような設備関係はしっかり入っていましたので、そこは安心して頂けたかもしれません^^

と言っても、

契約後の費用UPを考えると

C社さんでも、契約後に、

  • 造作の棚を作りたい!
  • LDKのドアのランクを上げたい!
  • デザイン的にLDKをこだわりたい!

など、

費用が上がる要素は当然(どの会社さんでも)出てきますので、油断は禁物かもしれません…

とにかく、お客様の希望予算に合わせる提案というのが見て取れるような話となる事もあるかな??

と思ったりしました。

増築を伴うリフォームは工務店さん!?

増築を伴うリフォームは??

因みに、結論からお伝えしてしまうと、

増築を伴うリフォームであれば、

経験の豊富な工務店さん(大工さん)にお願いするのが良いと思います。

理由は、増築を伴うリフォームの場合

先ず、

設計段階(計画段階)での構造上の計算

をして、

その後、

現場で動くときの大工さんの経験による補強

をしていく。

必要が出てくる為、

設計と現場での二つの安心をとれるかどうか??

というのがかなり重要なポイントになってきます。

もう少し詳しく話すと、

増築を伴うリフォームの場合、

外壁を剥がしたり、構造を触ったりするリフォームになってきます。

その為、

先ずは、

既存の家の構造計算

というのが必須の項目となってきます。

その家の図面などがまだあれば、その図面を元に、

どのように補強を入れて、どのように増築していく事が出来るか??

という話で、これは、机上で出来ます。

その後、

実際にリフォーム中に、

 

現地で壁を剥がした後に、

  • 柱の傷み具合
  • 金物のさび具合
  • 基礎の入り具合
  • 図面との一致具合

などを見て、微調整をしていく必要があると言われているのが、この構造を触るリフォーム(増築を伴うリフォーム)です。

因みに、

価格に関しても、増築を含める場合、そういった経験の豊富な工務店さんにお願いするのが一番お値打ちになると思います。

例えば、

今回のご相談の場合、

A社さんは、

最初自社のリフォーム部門でやります!

という話があった後、

予算が出てくる前後で、

やっぱり、そもそも増築はしない方が良い!

という話になっていったそうです。

B社さんは、

自社のリフォーム部門は高いので、知り合いの工務店さんをご紹介しますとの事。

C社さんは、

自社のリフォーム部門はこれまた高いので、ご自身で探してくださいと言われたとの事でした。

といった感じです。

はい、大きな会社さんに関しては、

増築…意外と高いので、そこら辺はご理解頂くと良いかと思います。
*色々な要素が絡み合って高くなっていきますので、これはしょうがない話です。

で、少し話が脱線しますが、

増築が無い場合は、街のリフォーム屋さん等でも価格的にはお値打ちになる気もします。
イメージ的には、増築や構造を触る工事を伴わないリフォーム工事であれば、街のリフォーム屋さんの方が工務店さんよりもやや安いようにも思います。

今回の記事は、少し特徴的な話だった為、一気に二つの項目に関する話をしてみました。

また、近いご状況の方はご参考頂ければと思っております。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

参考記事1:ハウスメーカー1:工務店2:建築家1のバランスが良いと思う!

参考時期2:ハウスメーカーさんで契約しても施主手配、3つの注意点

参考記事3:ハウスメーカーで建てたいけど…人が羨む家づくり

↓↓↓メルマガはこちら↓↓↓

ハウスメーカーさんのメルマガセミナーリンク

↓↓↓無料の家づくり相談はこちら↓↓↓

Rebroathome

関連記事

e戸建3回目:値引き

e戸建3回目のコラム【ズバリ値引き】を掲載^^

e戸建さんの3回目のコラムを掲載いたしました。 https://...

記事を読む

建築会社の上場って?

建築会社の上場って??

今日は少し変わった話をしてみたいと思います^^; それが、 ...

記事を読む

手付金も全て返すし、何時でも断れます!の仮契約って??

今回は、最近また相談にこられる方が出てきたようにも思う、 “家づ...

記事を読む

ハウスメーカー

今こそ!読んでもらいたい記事008:ハウスメーカー

今こそ読んでもらいたいシリーズの第8弾は “ハウスメーカー” ...

記事を読む

新築の工期について考えてみる!

新築の工期を考えてみよう!!

先日、少し気になる記事を見つけました。 堀江貴文のQ&Avol....

記事を読む

新着記事

外観3つのこと。

家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

記事を読む

浸水、水災を火災保険で考える

浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

記事を読む

e戸建5回目コラム

e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

記事を読む

間取り相談を受けよう!

間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

記事を読む

動物占い×間取り②

動物占いをつかって、最適な間取りをつくろう!~②応用~

*個性心理學研究所認定講師・認定カウンセラー:安藤智子さん監修 今回...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

外観3つのこと。
家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

浸水、水災を火災保険で考える
浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

e戸建5回目コラム
e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

間取り相談を受けよう!
間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

動物占い×間取り②
動物占いをつかって、最適な間取りをつくろう!~②応用~

*個性心理學研究所認定講師・認定カウンセラー:安藤智子さん監修 今回...

→もっと見る

PAGE TOP ↑