*

土地を買うなら北側接道??

 

今回と次回で、土地の探し方、オススメの土地は?

という話を書いていきたいと思います。

今回は、ずばり北側接道の土地、に関して話をしていきたいと思います。

皆さまが土地探しをされる際、先ずどんなご要望を考えるでしょうか。

  • 『そうだな~、土地は、間口が広くて、南側接道で、日当りが良い土地が良いな~』

という土地条件で考えている方も多いのではないでしょうか。

このご要望は、私がハウスメーカーで営業をしていた時から、家づくり相談をしている今でも良く聞く話ですが、いざ土地探しを始めると、上記のような条件の土地はなかなか出てこないのが一般的だったりします。

また、もし出てきたとしても、『条件は完璧だけど…価格が高くて予算に合わない!』という事もよくよく有る話ですね。

そこで、北側接道の土地なんです^^;

今回と次回で、立地は良いけど、この土地(の形状)ってどうなの?という話をしていきたいと思います。

北側接道の土地3つのメリット

北側接道は条件があえば最高の土地?

北側接道の土地は、その活用方法次第では、良い土地として化ける可能性が多くあります。

もしかすると、

  • 『もう、不動産屋さん、建築会社さんから聞いたよ!』

と言う方も多いかもしれませんね。

家づくりの専門家は、北側接道の良さを理解していたりしていて、『自宅は北側接道で探す』という方も多いです^^

はい、ということで、

北側接道の土地のメリットを3つ

お伝えしていきます。

北側接道の土地のメリット①:価格がお値打ち

はい、先ずは価格です。

北側接道の土地は、南側の接道土地と比べて一般的には価格がお値打ち

になる事が多いです。

参考になる資料をとして、不動産の売却の際の査定マニュアルがあります。

*売却する際のマニュアルですが、土地を購入する時に、こういった査定書の内容を知っておくだけでも判断が変わることもあるのではないかと思い、ご紹介です。

【↓↓↓売却時の土地の査定マニュアル↓↓↓】

北側接道は価格が安い

各ブロック事の%を見て頂くと解りますが、

  • 南側の土地(±0と表記されている土地)と比べて、
    北側接道の土地は、5~10%安くなる

ということが解りますね。

例えば、土地購入時に、この評価を知っていれば、価格交渉の材料にも出来るかもしれません。

*5~10%というと、2000万円の土地だったら、100~200万円ほど価格交渉が出来るかもしれません。

北側接道の土地のメリット②:外観がつくりやすい

次にこの話です。

住宅関係の人が北側接道の土地を好むのはむしろこちらの方が大きいかもしれませんが、

北側接道の土地というのは、家の外観がとてもつくりやすい。

なのです。

接道側が北面という事で、

  • 道路側に向けて、大きな窓を設ける必要が無い。
  • 窓の取り付け位置や大きさも比較的に自由に取れる。

ということから、南側接道の土地で家をつくる時に、大きな窓をつける時に考えないといけない、

  • 外からの目線
  • 見え方

が解消されやすいのです。…外観をつくるにあたって規制が少ないという事が言えます。

北側外観

北側接道の土地のメリット③:南側を有効につかえる

また、北側接道の土地は、玄関が必然的に北側に来る為、

南側を広々と居住スペース(LDKなどを広々と)にする事が可能

です。

同じ間口の土地でも

  • 南側道路の土地:玄関スペースが南側に来るため、1.8~2.7mは玄関で幅が必要
  • 北側道路の土地間口いっぱいに居室(例えばLDK)を設けることができる

となります。

敷地の奥行きや土地の形状によっては、その間口一杯に南側の庭を取る事も可能ですし、その場合、

  • 外からの人目を気にしなくても良い、プライベートなお庭

として活用する事が出来ます。

南側の内観

これらの3つのメリットがある為、北側接道は意外と注目すべき土地といえると思います。

北側接道の土地を検討する時のポイント

次に、

実際に北側接道の土地で家を考える際、上記のメリットを最大限に活かす為には、どのようなポイントを押さえておけば良いかを見ていきましょう。

最低限チェックしたい話としてお伝えしていきたいと思います。

日当りと目の前の建物

北側接道の土地では、購入判断がつかないもっとも多い原因の一つとして日当りがあげられます。

この日当りは、間取りで意外と何とかなったりする事も多いのは、以前のブログで書いてますので参考にして見て下さいね。参考記事:窓の違い

今回のポイントは、

  • 目の前の土地に将来に渡りどういったものが建つのかの可能性を考える事
  • 南側の窓から見えるもの

の2つをポイントとしてあげてみたいと思います。

少し詳しく書いていきますね。

都市計画の用途地域を確認する。

リンク:用途地域に建てられる建築物一覧

先ずは住環境として、

  • その周辺にどのような建物が建つ可能性があるのか?

はチェックしておきましょう。

良いと思っていたら、南側に三階建て(高い建物)が建って、一気に日当りが悪くなった!なんてことも出てくる話で、こちらは上記の用途地域を見て頂く必要があります。

*第一種低層住宅などであれば、北側に高い建物が建ちませんので、将来に渡っても安心して頂けるかもしれませんね^^

敷地内から見た時の南の建物をチェック

北側接道の場合、人目を気にする必要がなく、窓などが比較的大きく取れる事が多いのですが、気を付けておきたい所もあります。

それが、南側の建物のチェックです。

LDKから何が見える??

 

  • 南側の建物の窓配置
  • 勝手口の有無
  • 建物の壁の綺麗さ

を気にしてみておきましょう。

  • 南側の家から見られる可能性を考えれば、南側の窓の位置や勝手口の位置を確認する必要があります
  • 南側の外壁の汚れが気になって、折角のLDKが微妙に…

と、なることも出てきます。

こちらをチェックしつつ、例えば、外構で上手く隠せる塀やフェンスをつくり必要な目隠しもチェックしておきましょう。

お願いする建築会社さんの選定などでも変わってきますが、上記を考えて頂き、北側接道の道路を検討してみるのも一つではないでしょうか。

因みに、以前、第一種低層住宅に関する話をしましたが、そちらと併用して考える事ができると、良い住宅環境として考える事が出来る可能性が出てきますね。

土地と家

家づくり、特に土地から考える場合、総額はかなり高くなってきます。

その際、

土地選びと建物の検討を同時にしていく事は、

  • 土地探し
  • 建築会社さん探し

と調べないといけない事も沢山あります。

そんな時に、上記のような話を事前に知っておいてもらい、少しでも皆さまの家づくりが、楽に?他の思考に行きやすくなればと思い、今回の記事を書いてみました。

↓↓↓参考記事はこちら↓↓↓

次の記事:土地を買うなら延長敷地??

関連記事01:その間取り、トキメク間取りになってます?

関連記事02:家のデザインを考える!価格UPの応用編

【絶対!素敵な家にする!vol.2】

本当に、その間取りで契約しても良いの??
~トキメク!うっとり!ビフォーアフター!10個の間取り実践講座~

↓↓↓【電子書籍vol.01】も好評発売中^^↓↓↓

電子書籍、好評発売中!

↓↓↓家づくり、土地探しの無料相談をしてみよう!^^↓↓↓

Rebroathome

2014/08/25 | 土地

関連記事

重要事項説明、3つの心得

土地の重要事項説明を受ける時の3つの心得

今回は土地購入に伴う重要事項説明の話をしてみたいと思います。 私...

記事を読む

土地購入の流れ

土地購入の為の諸費用っていつ払う?いくら必要??

『土地を購入する時ってどんな流れになるの??』 『お金の...

記事を読む

土地探しの手順を知って、お客様が自分で土地を探せれば、色々とお得になるかも!?

今回は、土地探しに関しての記事です。 タイトルにも書きましたが、...

記事を読む

土地探しの基本

今こそ!読んでもらい記事005:土地探し

今回は、土地探しに関してのまとめ記事をご紹介していきたいと思い...

記事を読む

第一種低層住居専用地域での家づくりは、北側斜線制限を考える

先日、土地を探していて、ふと目に留まった情報がありました。 その...

記事を読む

新着記事

e戸建06

e戸建6回目のコラム掲載しました!

ようやく少しすごし易い気温になってきましたね^^ さてさて、毎月...

記事を読む

外観3つのこと。

家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

記事を読む

浸水、水災を火災保険で考える

浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

記事を読む

e戸建5回目コラム

e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

記事を読む

間取り相談を受けよう!

間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

e戸建06
e戸建6回目のコラム掲載しました!

ようやく少しすごし易い気温になってきましたね^^ さてさて、毎月...

外観3つのこと。
家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

浸水、水災を火災保険で考える
浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

e戸建5回目コラム
e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

間取り相談を受けよう!
間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

→もっと見る

PAGE TOP ↑