*

土地を調べる2~土地の性質を知る~

先回に引き続き土地を調べる方法として別の観点からお話をしていきます。

先回は実際の調べ方などをご紹介しましたが、今回は、もっと一般的な話です。

つまらないかも知れませんし、知ってる方も多いかとは思いますが、一応、基本的知識としてお考えいただければと思います。今回のブログは短いです。

先日あったヒョウに関しても、地形による被害というのも少なからずあったとされていますし、例えば、豪雨の際、雨水処理が間に合わずに浸水する状況も、この地形の影響を受けるとされています。

つまり、予め事前情報として知っていれば、購入を見合わせるような判断となったのかもしれません。

そういった意味で、広くその土地の性質を知る事はとても重要です。

なので、先回の土地を調べる1も参考にして貰いつつ、今回も引き続き土地に関する一般的な話をして行こうかと思います。

土地の性質を調べる

台地・丘陵地・段丘

『住宅に適した土地=自然災害に強い土地』という解釈ができると思います。

その最も一般的な地形として、台地・丘陵地・段丘が上げられると思います。

これらの土地は、周辺の土地よりもやや高台になっており、水平の地層からなっている土地と言うのが条件になります。

逆にその高台周辺の土地や低地は水はけが悪く、軟弱地盤である事も多い為、少し注意が必要だと言われています。

例えば、過去に浸水した事のある地域は、低地となっていたり、周辺地盤よりも低い場合があります。

これらは、地図上の高低差を見る事でもわかりますし、過去の浸水履歴などをみても良いかもしれません。

地理院地図

周辺地域と比べてその土地は台地になっているかどうか?は地図を見る必要がありますよね。

と言う事で、

WEB上で標高がわかるサイトがありますので、リンクを載せておきます。

地図上で右クリックをするとポイント毎の標高が出てきます。*周辺データと合わせてみてみると面白いと思います。
お勧めリンク:地理院地図

因みに、このリンク先のページを使ってもらうと、1970年代中ごろ(今から約40年前)の航空写真を見る事が出来るので、そちらも併せてご参考いただけるサイトとなっています。

低地

一般的に低地と言われる場所に関しては洪水や地震に弱いと言われています。

特に三角州(デルタ地域)や昔の川があった場所、自然堤防に囲まれた後背低地は、洪水など水害に弱いと言われているので、併せて覚えておきましょう。

お勧めリンクとして載せたサイト(:地理院地図)で過去の航空写真などと見比べて判断していきましょう。

切土と盛土

住宅を建てる為、また道路など公共工事に伴い発展してきた地域に関しては、人口的に宅地が作られている場合が多くあります。

その際、自然の起伏を平坦にする為には、切土・盛土が必要ですよね。

その際、特に、谷部分に土を入れ、平坦にした盛土地域と言われる地域は、地震などには弱いとされており、軟弱地盤である場合が多いといわれています。

特に盛土の場合、土地が安定するまで何十年とかかるといわれており、『昔の事!』として片付けられない事も多く、是非検討する土地の関して調べてみるというのをして見ましょう。

因みに、不動産屋さんでも例えば、上記のような土地の調査をしてくれる会社さんは殆どありません。

過去の経験だけの話しかしてくれない場合も多い為、自分達でも調べるという意識を持っていただくと良いと思います。

土地に関するお問合わせ、周辺地域の不動産屋さんのご紹介なども可能ですので、名古屋・愛知周辺エリアの方はお気軽に下記お問合わせフォームよりお問合わせ下さい。

↓↓↓土地を調べる1~3↓↓↓

土地を調べる1:予備知識

土地を調べる2:土地の性質を知る

土地を調べる3:その土地の現況を調べる

↓↓↓家づくりの相談はこちら↓↓↓

家づくり相談

2014/06/30 | 土地

関連記事

重要事項説明、3つの心得

土地の重要事項説明を受ける時の3つの心得

今回は土地購入に伴う重要事項説明の話をしてみたいと思います。 私...

記事を読む

土地購入の流れ

土地購入の為の諸費用っていつ払う?いくら必要??

『土地を購入する時ってどんな流れになるの??』 『お金の...

記事を読む

土地探しの手順を知って、お客様が自分で土地を探せれば、色々とお得になるかも!?

今回は、土地探しに関しての記事です。 タイトルにも書きましたが、...

記事を読む

土地探しの基本

今こそ!読んでもらい記事005:土地探し

今回は、土地探しに関してのまとめ記事をご紹介していきたいと思い...

記事を読む

第一種低層住居専用地域での家づくりは、北側斜線制限を考える

先日、土地を探していて、ふと目に留まった情報がありました。 その...

記事を読む

新着記事

外観3つのこと。

家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

記事を読む

浸水、水災を火災保険で考える

浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

記事を読む

e戸建5回目コラム

e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

記事を読む

間取り相談を受けよう!

間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

記事を読む

動物占い×間取り②

動物占いをつかって、最適な間取りをつくろう!~②応用~

*個性心理學研究所認定講師・認定カウンセラー:安藤智子さん監修 今回...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

外観3つのこと。
家を古く見せないための最低限守りたい3つのこと

Aの家:『この家、、、築年数経ってる割に新しく見えるよね^^』...

浸水、水災を火災保険で考える
浸水被害をどうカバーする??

水害にあったときに 浸水被害からの生活再建の手引き 参照:震災がつな...

e戸建5回目コラム
e戸建5回目コラム掲載のお知らせ:建築会社を決める前にしておきたい2つのこと

暑い日が続きますね💦 ここから本格的に夏…くれぐ...

間取り相談を受けよう!
間取り相談【お客様の声】

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げると...

動物占い×間取り②
動物占いをつかって、最適な間取りをつくろう!~②応用~

*個性心理學研究所認定講師・認定カウンセラー:安藤智子さん監修 今回...

→もっと見る

PAGE TOP ↑