*

中古住宅を考えるべき3つの理由

中古住宅で築8年、輸入住宅系の家を買おうか迷っている方から相談を頂いた話です。

現地を見た訳でも、実際のその家の瑕疵(不具合など)を調べた訳でもありませんが、少し調べただけで、『その物件の立地でその価格なら確実にお値打ち!』だと感じました。

こんな物件あったの?とも感じたのですが、よくよく考えれば、私自身『中古住宅は初めから検討しない!』という感覚があったのかもしれないと思いましいた。

と言う事で、今回、何故そのようなお値打ちさを感じたのかを皆様と共有してみたいと思います。

築浅の中古住宅

築浅の中古住宅を考える3つのポイント

今回は中古住宅に関するお話です。

以前、中古住宅の売却の為の査定に関するお話をさせていただきましたが、今回は買う側の話を少しさせて頂こうかと思います。

因みに今回の中古住宅の話を何故するかと言うと、中古住宅なら築浅物件が最もお得な買い物が出来ると言われているからです。

少しここら辺の話を今回まとめて書いてみようと思います。

先ずはその土地の価値を路線価で見る

今回の輸入住宅の物件をどのように調べたかも併せて記載しておきます。

    • 前面道路の路線価
      *路線価に関してはこちらから
    • 周辺土地情報(不動産ポータルサイト)

の二つから土地の価値は簡単に判断出来ます。

今回のご相談頂いた土地の平均価格は、27~30万円/坪ぐらいでした。(角地などの考慮もして)

土地の大きさは90坪強なので単純に土地代金として計算したとして2500~2700万円ぐらいの土地代金と言う事がわかります。

路線価を調べる

中古住宅としての建物の価値を判断する

本来の中古住宅の価値に関しては、中古住宅の売却査定を読んで頂くと良いのですが、

今回は、写真から、施工している会社さんが判ったので、それを考えるまでもなく、大体の計画当初の予算感が判りました。

  • 床面積は70坪
  • 二階建
  • 構造は2×6工法(ツーバイシックス工法)
  • 外壁は全面石張りの白い家
  • お風呂は1.5坪(TV付き)
  • 5LDK
  • 吹抜け有り
  • 2階にシャワーブース
  • 暖炉付きのLDKは28帖
  • 外構も400~500万円ぐらいかかってそう。
  • ビルトインガレージが2台ついている物件

新築で建てようと思ったらいったいいくらかかるの?と思ってしまうような物件です。

もし、

その建築会社で新築を今建てるなら、おそらく7~8000万円ぐらいかかる事が簡単な計算でも判ります。

つまり、新築で建てるならトータル費用で1億超え??

そうなんです。

新築で今回の家を建てるならおそらく軽く一億超えてくるような話の物件だったんです。

それが築8年という事で、6000万円弱で売りに出されていました。

因みにこの価格は、当初の売り出し価格からは、少し価格を下げているようです。

…めちゃくちゃお値打ち!

と思いつつ、逆に

ここまで価格が下がってしまう事の恐ろしさも少し感じました。

今回の例で上げるなら、構造が2×4工法から2×6工法の為、今から2×4工法で新築をつくるよりも家の耐久年数や断熱性などの家の快適性は高いという事。

築年数もそこまで経っていない為、写真などを拝見する限りクリーニング系のリフォームのみで済みそうな事。

その他、写真から

  • オーダー系のキッチン(多分)
  • 無垢の大理石、内装のしつらえ
  • セントラルヒーティングで第一種換気システム(多分)

なども解りましたので、生活も快適だと思います。

敢て言うなら、

そこで生活をする勇気(素敵な家なので)があるのか?ww

と思うぐらいです。

中古住宅って意外とお宝情報が眠っている可能性があるな~と言う事です。

soldout

こんな方は中古住宅も検討してみると面白い

どんな方が中古住宅の市場も見てもらうと面白いかというと、

消去法から考えてみると、どういった市場なのかもご理解いただけると思いますので、ご参考下さい。

建売物件は規模が大体同じ。

まずは、建売物件を考えると、建売物件(新築)は、その地域の価格が大体決まっています。

例えば、愛知県周辺エリアなら建売住宅なら

  • 価格は2000~2500万(ローコスト系の分譲住宅で)
  • 建物は4LDKで100㎡前後(30坪前後)の大きさ
  • 木造2階建て
  • 土地は40坪前後ぐらい

というのがよくある相場です。

*それ以外にも勿論ありますが、母数で言えば圧倒的に上記の範囲が多く出ています。

土地から注文住宅でハウスメーカー

この土地を買ってハウスメーカーで注文住宅を建てるというのが、もっとも現在の王道な家づくりかもしれませんね。

とは言うものの、このような方法の場合、

例えば、

  • 40坪の土地を1500万円で買って、
  • 30坪強の注文住宅をハウスメーカーで建てると考える。

最低でも4000万円は必要になってきます。

下手をすれば、5000万円ぐらいする会社さんもありますよね。

中古住宅の狙い目はその中間地点

つまり、中古住宅はその中間地点なんです。

因みに、築年数があまりに増えていくと、そこの価値は土地としての価値しかなくなってしまいますので、中古住宅の築浅(築10年未満ぐらいまで)の物件を探してもらうのも一つだと思いました。

意外とお宝情報が眠っている可能性を感じていただければと思いました。

家づくりがぎゅ~と詰まった7日間のメルマガセミナーもご参考下さい。

メルマガ登録

2014/02/06 | 中古住宅

関連記事

中古住宅で掘り出し物件を見付ける!

中古住宅で掘出物件を見付ける!?

少し前に、中古マンションのリノベーションの極意というのを書かせて頂きま...

記事を読む

中古マンションのリノベーションの極意

今回は、先日、“中古マンションのリノベーション”が得意な、とある建築家...

記事を読む

様々な耐震補強

先回の記事の続きです。 色々な耐震補強がある事をここで先ずは知っ...

記事を読む

耐震補強

耐震補強

12月20に今後30年間での地震予測が発表されました。(参考HP) ...

記事を読む

新着記事

間取りワンポイントアドバイス

消費税10%に向けた準備と、ワンポイント間取りアドバイス

お正月も終わりですね^^ 私もお正月の3日間はしっかりお休みを頂...

記事を読む

2018HAPPY NEW YEAR

2018年、あけましておめでとうございます^^

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 2018年...

記事を読む

Rebroathomeアンケート

家を建てた後に書いて貰ったRebroathomeの利用アンケート

いよいよ、今年も終わりに近づいてきましたね。私もようやく年賀状を作成し...

記事を読む

家のデザインV.S性能

もう2017年も残りわずか、ですね、…早いもので、このブログも5回目の...

記事を読む

Livingの窓

リビングの窓を考える【イラスト付き】

今回は間取りのデザインの話で、 リビングの窓 をイラストを...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

間取りワンポイントアドバイス
消費税10%に向けた準備と、ワンポイント間取りアドバイス

お正月も終わりですね^^ 私もお正月の3日間はしっかりお休みを頂...

2018HAPPY NEW YEAR
2018年、あけましておめでとうございます^^

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 2018年...

Rebroathomeアンケート
家を建てた後に書いて貰ったRebroathomeの利用アンケート

いよいよ、今年も終わりに近づいてきましたね。私もようやく年賀状を作成し...

家のデザインV.S性能

もう2017年も残りわずか、ですね、…早いもので、このブログも5回目の...

Livingの窓
リビングの窓を考える【イラスト付き】

今回は間取りのデザインの話で、 リビングの窓 をイラストを...

→もっと見る

PAGE TOP ↑